HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 9 富 山


  「越中一国観音霊場」紀行文   富山・顕正院案内板、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
               越中一国観音霊場 地図
      巡礼日 2013.8.18   掲載日 2014.3.3


富山弁による札所紹介

25番「顕正院」

札所探し

 「越中一国観音霊場」の計画段階から、25番「顕正院」の観音さんが置いてあるという「黒田」氏の家が、どの付近に在るのか、さっぱりわからん。

 わかっているのは
 1 富山市愛宕町内に在る。
 2 家の外に説明看板(一番上の写真)が有る。

という2つの事だけを頼りに、愛宕町一帯の詳細地図を用意して「チョイノリ」で、説明看板がないかとウロチョロ探し廻りました。

 個人宅なので詳しい住所を書けないのは、わかります。

 大通りに面した富山駅付近で、「地蔵さん祭」の縁台でヒマそうにしているトッツアンが居たので聞いてみました。

 
「この付近で黒崎さんという家で、観音さんを奉ってある家を知りませんか?」
 
「さあ〜・・わからんなぁ。」

 ううむうぅぅ・・あぁたぁの家の付近に有るはずなんだが・・・

方言

 それからも探し廻り、先程のトッツアンの前を2度通ったが、「あのダラは、さっきから何を走り回っとるんじゃ」という顔して見ていました。

 あっ・・ちなみに「ダラ」と言うのは富山・石川県の方言で「バカ・アホ」という意味で、それほどキツイ言い方のバカにした言い方ではなく、軽く日常的によぉ〜使ってます。(^O^)

 「あのダラ、何しとるんじゃ?」
 「ええいいっっ・・ダラブツめ!!」
 「そんな、ダラな事すんな。」 などなど・・・

 ついでに方言としては、別名「ちゃっ・ちゃっ弁」というのが有り、最後に「・・〜ちゃあぁ」とか「・・〜けぇ」を付けると標準語では「・・・〜です。」という意味合いになります。

 「そんながやちゃあぁ〜(そおなのです)」
 「何するがいけぇ・・ダラ(何するんですか・・バカ)」

 まいどはや、おおきにぃ・・(「こんにちわ」という意味あいの挨拶言葉、)

 この札所だけ越中弁で書いてみるけど、わかるかねぇ。
 まぁ・・どっちか言うと、あんまりキレイな方言ではないちゃ。

 探し回ったがやけど、わからんかったがやで、腹ごしらえに富山駅で食事したがやちゃ。富山・顕正院、「越中一国観音霊場」紀行文

 富山駅も昔と違って近代的になったがやねぇ〜。

 それでも再び探し始めたら、何かを配達しているオババがおったがで聞いてみると、一発でわかったがやちゃぁ。

 
「あぁ・・それなら、向こうの大通りを越えて左の小さい道を行ったら在るわぁ。
 観音さんを奉ってあるウチやろ。?」


 あらあぁぁ・・そおやったがけぇ・・そりゃあぁ〜、わからんわ。富山・顕正院、「越中一国観音霊場」紀行文
 愛宕町地区ゆうても広いさかいに、その付近は、まだ探しとらん所やったがやちゃぁ。

 行ってみたらホンマに民家で、通りに面した所に説明看板(一番上の写真)があったわぁ。

 個人宅ながやで、わざわざ案内を乞うのも気の毒ながでぇ、参拝せんと写真だけ撮っといたがやちゃ。

 そんでも「越中一国観音霊場」を巡る人がおるかもしれんがやで、地図だけは、なるべく正確な位置に印を付けといたんで参考にしてか。

27番「来迎寺」

 富山市内に在る札所寺の場所は、わかりにくいので計画時から詳細地図を始めから作ってました。富山・来迎寺、「越中一国観音霊場」紀行文

 地図の読解力が良かったせいか、道を少し間違えただけで、それほど迷わずに「来迎寺」へ来れました。

 それでも「来迎寺」は、見た感じが新興宗教団体のようなコンクリ造の施設で、ホンマにここか?と思った。

 道端の大きな木の所に説明看板が有ったので読んで見ると、やっぱりここで、この看板が無かったら、まさか・・と思って他のとこ探すとこでした。富山・来迎寺、「越中一国観音霊場」紀行文

 施設の入口へ行きましたが当然閉まっており、付近を見るとキレイにしてなく、どうも廃寺風になってる感じです。

 普通なら、それでも扉の前で尺八吹いて参拝するのですが、どうにも気分が乗らんので参拝しませんでした。

26番「新興寺」

 この26番札所「新興寺」も、それほど迷わずに行けました。富山・真興寺、「越中一国観音霊場」紀行文

 境内に入ってみると玄関のとこに「寺子屋カフェ わたらい」「大正琴カフェ」の看板が置いてあります。

 家の中からカーチャン達の話声が聞こえたがで、たぶん大正琴のカーチャン達でしょうなぁ。

 「どなたでも おいで下さい」と書いてあったが、カーチャン達が談笑している所へ小汚いジジイが入って行くと「あんた、何しに来たがいけぇ・・ダラ・・」という顔されると思ったので入りませんでした。富山・真興寺、「越中一国観音霊場」紀行文

 実はσ(*_*)、ほんとはシャイ(恥ずかしがり屋)なのです。

 観音堂は、階段を上がったコンクリ施設で、カーチャン達に気付かれんように小さい音で参拝しました・・なんせ、シャイなので・・・

 当然、観音堂の戸は開かなかったので、戸の桟に納札と五円玉を置いときました。

 今日はここまでにして、市内の健康ランドに泊まりました。
 富山・真興寺、「越中一国観音霊場」紀行文     富山・真興寺「わたらい」、「越中一国観音霊場」紀行文    富山・真興寺観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ 「越中一国観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
   「越中一国観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無