HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 10 園 児


「越中一国観音霊場」紀行文 園児の地獄絵、「越中一国観音霊場」紀行文遍照の響き  
            越中一国観音霊場 地図
      巡礼日 2013.8.19   掲載日 2014.3.5


自転車旅行と園児の地獄絵

21番「福王寺」

 さすがに健康ランドは仮眠室も有り、ゆっくりと眠れた。福王寺全景、「越中一国観音霊場」紀行文

 21番札所「福王寺」へ行く途中、場合によっては野宿候補地に・・と考えていた「下村水郷の里」公園をチラッと寄ってみました。

 その付近に加茂神社が有り、ズラッ〜と並んだ石仏の寺が札所「福王寺」でした。

 空は晴天・・今日も暑そう。
 福王寺石仏、「越中一国観音霊場」紀行文  福王寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文  福王寺観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文

22番「高徳寺」高徳寺入口、「越中一国観音霊場」紀行文

 札所「高徳寺」は旧道に面しており、参道の横は保育所か何か有ったような広い敷地跡です。

 観音堂の戸は開かなかった・・やっぱしなぁ。

 高徳寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文    高徳寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文    高徳寺観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文

自転車旅行

 次ぎの19番札所「自運寺」へ行く途中、一休みするため道の駅「カモンパーク新湊」へ寄ると、荷物を山積みしてる自転車の側で日焼けしたジサマが休んでます。

 話をすると、石川県から出発して今日で3日目、これから新潟方面へ行くと言います。道の駅「カモンパーク新湊」自転車旅行、「越中一国観音霊場」紀行文

 荷物を見ると放浪しているホームレスのジサマかとも思ったが、自転車は錆もなく整備されており、ホームレスと旅行者とは、姿・形はよぉ〜似てるからなぁ。

 その違いと言うか、見分け方を言うならば、どことなく持ち物や服装をキレイにしており、一番よぉ〜くわかるのが、話しかけると相手とキチンと話しをするのが旅行者です。

 ジサマはσ(*_*)よりも老けており、出身は青森・六ヶ所村付近で地方公務員をやってたが、辞めた後は、けっこうアチコチを放浪の旅をしてたとの事・・。

 そうだわなあ・・荷物の積み込み方・持ち物を見れば慣れてる人か、どうかがわかる。

 70才位と思うが、トシをとっても、なお放浪の旅をする、その気力は大したもんだと思うと共に、一人で自由気ままに時間に制約無く、好きなだけ放浪の旅が出来て、もんのすごく羨ましい。

 σ(*_*)も足腰がたってる元気なうちに、せめて1年間だけでも、そおいう旅をしたい。

 ジサマは暑いので今日はこのまま、ここに泊まると言ったので、σ(*_*)が野宿した場所を教えました。

19番「自運寺」

 道端に寺があり、たぶこれが「自運寺」だろお・・・と思うが境内に入っても看板が出ていない。自運寺入口、「越中一国観音霊場」紀行文

 普通は、たいてい本堂あたりに寺名を書いた看板をぶら下げるもんだが・・・。

 ホンマにここが「自運寺」か?と思い、わざわざ入口の石門まで戻って確かめたが、これまた、わかりにくい字で何が書いてあるのか、よぉ〜読めん。自運寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文

 地図を見て、「ここだ・・」と無理矢理に思う事にして、参拝しましたが堂の戸も閉まってました。

 違ってたら、だれか教えてね。

18番「永久寺」

 「永久寺」門の所に小屋柵が有り、中に錆びた鏡のような物が入っており、さぞかし云われの有る物なのでしょう。
 永久寺入口、「越中一国観音霊場」紀行文   永久寺・鏡、「越中一国観音霊場」紀行文   永久寺本堂、「越中一国観音霊場」紀行文

 境内に入ると、ジサマが庭に水やりをしており、観音堂が閉まっていたので、その前で参拝しようかなぁ・・と思ってると
「本堂から上がってくれ」と言われた。

 しかし本堂も、これまた閉まっていたので観音堂へ戻ると、ジサマが来て本堂を開けてくれました。永久寺観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文

 すんまへんねぇ・・・信心の足りん者が参拝するのだから、無理して開けなくても良かったのにぃ。

 観音堂内は、締め切ってたので蒸し暑かった。

地獄模型と園児の絵

 参拝が終わって、廊下に飾ってある地獄の模型を拝見すると、σ(*_*)の大好きな着物を剥ぎ取るバサマも座ってます。
 永久寺・地獄模型、「越中一国観音霊場」紀行文       永久寺・地獄模型、「越中一国観音霊場」紀行文        永久寺・地獄模型、「越中一国観音霊場」紀行文
 どっちかと言うと、閻魔さんや鬼達よりも、バサマの方がリアル感が有り、オトロシイように思える。永久寺・園児の地獄絵、「越中一国観音霊場」紀行文

 側には近所の園児達が描いたらしい地獄の絵が飾ってあり、先生に連れられて見に来たのでしょう。

 お礼の地獄絵らしく「じごくにいかないように、おりこうにします」と書いてあり、先入観の無い見たままの印象を描いてる絵なので、見ていても微笑ましい。

 それを写真に撮ってるとジサマが来て
「何かの取材か?個人か?」永久寺・園児の地獄絵、「越中一国観音霊場」紀行文
 
「個人です」

 住職かと思ったら檀家総代らしい。

 親切に寺の説明をしてくれ、本堂の屋根に有る「火の見櫓」のような建物を聞くと、
「昔は鐘突き堂だったが、戦時中に供出して、今は何も無い。」

 
「本堂の屋根は昔は石が置いてあったが・・どっかに写真が無かったかなぁ」

 パンフレットを見ると今のような瓦ではなく、ホンマに石が置いてありました。
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ 「越中一国観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
   「越中一国観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無