HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 16 千光寺


  「越中一国観音霊場」紀行文   南砺市・千光寺・回廊、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
                 越中一国観音霊場 地図
      巡礼日 2013.8.21    掲載日 2014.3.15


南砺市「千光寺」と八尾

千光寺

参道

 南砺市・千光寺入口、「越中一国観音霊場」紀行文  南砺市・千光寺参道、「越中一国観音霊場」紀行文  南砺市・千光寺参道、「越中一国観音霊場」紀行文
 庄川を越えて、富山方面へ行く途中に千光寺が有ります。南砺市・千光寺参道、「越中一国観音霊場」紀行文

 今まで福光から富山方面へ行く時は、この道を何回も通ってるので千光寺の存在は知ってましたが、寄った事が無い不信心モンです。

 まぁ・・こおいう霊場巡りでもしないと、なかなか寄りまへんわなぁ。南砺市・千光寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文

 外から見ても鬱蒼とした木々に囲まれた古刹の雰囲気を持っており、広い駐車場も有ります。

 この千光寺は入口の参道が二つ有り、わざわざ「参拝路」の看板が立ってるので、その方向へ行くと「山門」があり、手前の参道は「御幸門」と言って出口用らしい。

 思った以上に参道が長く、山門も立派、境内も広かった。

観音堂

     南砺市・千光寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文           南砺市・千光寺観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文
         南砺市・千光寺彫刻、「越中一国観音霊場」紀行文
         南砺市・千光寺彫刻、「越中一国観音霊場」紀行文
 山門を潜った正面の高台に観音堂があり、入口の彫り物は手前より龍と虎が彫ってあり、なかなかのモンだと思う。南砺市・千光寺回廊外側、「越中一国観音霊場」紀行文

 参拝後、観音堂の横から白壁内部にある暗い廊下(一番上の写真)を行ってみると、閻魔堂が途中にありました。

 σ(*_*)の大好きな着物を剥ぎ取るオババも座ってますが、あんまり回廊へは人が来ないよおですねぇ。

 南砺市・千光寺回廊、「越中一国観音霊場」紀行文    南砺市・千光寺回廊・閻魔堂、「越中一国観音霊場」紀行文    南砺市・千光寺・本堂より観音堂を見る、「越中一国観音霊場」紀行文

本堂

 そのまま廊下を行くと本堂へ行き、そこの廊下天井には籠が架けてあり、本堂内には天井絵も描いてあります。南砺市・千光寺本堂廊下、「越中一国観音霊場」紀行文

 せっかくなので、本堂で「阿字観」を吹きました。

 うむうぅぅ・・大きい寺でしたが、あんまり印象に残るような出来事は無かったなぁ。

 ただ暑かったので、水をガブのみした事だけかなぁ・・

     南砺市・千光寺・籠、「越中一国観音霊場」紀行文          南砺市・千光寺・天井絵、「越中一国観音霊場」紀行文

八尾

 千光寺を出て「八尾」へ廃校を撮りに行きましたが、八尾町内では食堂が見当たらない所だと聞いてましたが、その通りでホンマに見当たらない。

 普通ならば駅前付近にでも有るのだが・・・

 ガソリンを入れたついでに聞いて、やっと見つけました。

 この日は「八尾おわら風の盆」の前夜祭が有るので、それを見るために河原付近にでも野宿しようか・・とも思いましたが、時間が余り過ぎるのでヤンピして、立山麓の「トンガリ山」へ行きました。

 しかし、これがヤンピして大正解 !!。

 その日の夜から2日間、富山市内は大雨のため水浸しとなり、外へ出る事が出来ず2日間連続して「健康ランド」に籠もってました。

 あのまま八尾で野宿していたら、大泣きしてただろおなぁ。

 これも観音さんの御加護かも・・・・ナモナモナモ・・・
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ  「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ  「越中一国観音霊場」紀行文、次へ     遍照の響きホームヘ
   「越中一国観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無