HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 20 日石寺


 「越中一国観音霊場」紀行文    日石寺・六本滝、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
                  越中一国観音霊場 地図
     巡礼日 2013.8.24   掲載日 2014.3.23


日石寺の摩崖仏と秘仏

29番「安楽寺」

 安楽寺は「白岩」集落内に在る寺だと思って、寺への坂道を駆け上がって境内に入ると、寺の名前が違う・・・あららら・・!?

 ちょうどこの寺の女住職さん?が来たので聞いてみると、もっと向こうの村外れの寺だと教えてくれました。

 寺が違うから素っ気なくされるかと思ったが、さすが仏門の人は、寺が違っていても親切に教えてくれますねぇ・・・ナモナモナモ・・・。

 も一度、地図を確認すると集落外れにも寺が有り、「越中一国観音霊場」札所の寺だから集落内の方だろおという先入観が有ったのです。
      安楽寺・入口、「越中一国観音霊場」紀行文         安楽寺、「越中一国観音霊場」紀行文
 「安楽寺」は無人らしく、本堂の戸は開きませんでした。安楽寺よりの眺め、「越中一国観音霊場」紀行文

 参拝を終えて、山門下の土蔵のような小屋に何が入ってるのだろおと見に行きました。

 σ(*_*)のように、ヤジウマ根性を持って無いマトモな普通の人ならば、道筋から離れている小屋なんて行かないだろなぁ。安楽寺・石仏小屋、「越中一国観音霊場」紀行文

 小屋の中を見ると石仏があり、たぶん33観音だと思う。

 戸を閉めて帰ろうとしたら、今度は戸が閉まらず・・・あららっ・・戸を壊しちまったか・・と慌てたが、それでも何とか閉まりました。安楽寺・石仏、「越中一国観音霊場」紀行文

 ふと・・山門を見ると、オバハンとオババが、こっちを見てたので会釈しました。

 どおやら無人ではなく庫裡に人が居たようで、尺八の音が聞こえたので、何かアヤシイモンが来たのかと見に出て来たのかな?

 しかも石仏の入ってる小屋の戸を、こじ開けたりしてたもんだから・・・何しとるんじゃと思って・・

28番「日石寺」

境内

 日石寺の下の所でバイクを置こうと思えば置けたのですが、かなり階段を上がらなければアカンようなので、上の駐車場まで行きました。
 日石寺・階段、「越中一国観音霊場」紀行文    日石寺・参道、「越中一国観音霊場」紀行文    日石寺・駐車場脇の本堂、「越中一国観音霊場」紀行文
 それでも、せっかくなので下から上れば良かったかなぁ・・と思いながら行くと、駐車場は「日石寺」本堂の側にありました。

 まずはグルッと境内を散策
      日石寺・阿覚窟、「越中一国観音霊場」紀行文          日石寺・阿覚窟内の石仏、「越中一国観音霊場」紀行文
 池に赤い橋が掛かっており、「阿覚窟」という崖に有る穴まで行けましたが石仏が奉ってあるだけです。日石寺・観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文

 近くの最近出来たらしい中空に立っている建物が観音堂で、本堂と違ってあんまり人が来なく、中に入って参拝。

霊水「藤水」

 本堂脇に「藤水 霊水」の看板があり、水が出てます。

 説明看板によると
「元禄15年 越後ねち谷の盲目の百姓が、この藤の根より霊水が出てると夢のお告げが有り、参拝したら目が見えるようになった」と書いてあります。日石寺・霊水「藤水」、「越中一国観音霊場」紀行文

 ふうむうぅぅ・・・ここで「越後ねち谷」の地名を見るとは思わなかった。

 「ねち谷」は糸魚川市根知の姫川沿いにあり、「塩の道」の通り道にある集落です。

 越中人には、あんまり知る事もないと思われる遠く離れた「根知」の地名まで記してあるというのは、これに類する何かが有って伝説となったのかもしれまへん。

「夫婦岩」と「三重塔」

 境内をさらに散策すると、佐渡金山「道遊の割戸」をチッコクしたような裂けた岩が有り「夫婦岩」となっています。
 日石寺・夫婦岩、「越中一国観音霊場」紀行文    日石寺・三重塔、「越中一国観音霊場」紀行文    日石寺・三重塔詳細、「越中一国観音霊場」紀行文
 道を進むと「三重の塔」があり、説明看板によるとまだ未完成らしく、1階部分が建物構造がわかる貴重品だそうな。

本堂の摩崖仏

 本堂へ入ると内部は暗く、正面に大きな不動明王の摩崖仏がロウソクに照らされており、室内に電気を点けてないのも雰囲気的に良い。日石寺・本堂、「越中一国観音霊場」紀行文
 この摩崖仏は「日石寺」のポスターに良く出ています。

 「阿字観」を吹き広い堂内は響きが良かったが、風が通らないので蒸し暑かった。

 尺八を吹いてるとジサマとアンチャンの二人が少し聞いており、終わった後でアンチャンが話かけてきました。
         日石寺・摩崖仏、「越中一国観音霊場」紀行文
 連れのジサマは摩崖仏の前で、何かを「カン・カン・・」と叩いており、何か?と思って後で見に行くと木を叩いてたようです。日石寺・木魚、「越中一国観音霊場」紀行文

 ほほおぉぉ・・ここは、木魚とかじゃなくて、木の根のようなのを木槌で叩くのが流儀らしい。

 堂内に撮影禁止の紙が貼って無く、ヒョットしたら・・と思い、外で掃き掃除しているオバハンに摩崖仏を撮影しても良いかと聞くと、あっさりOKでした。

撮影禁止と秘仏

 普通こおいう所の多くは、減るもんじゃあるまいし、権威付けするために出し惜しみしちゃって、撮影禁止にするのですが太っ腹ですねぇ。!(^^)!

 σ(*_*)は寺の「秘仏」と云われるモンに対しては、別に無理して見たいとは思わないが、いつもニガニガしく思ってます。

 「秘仏」を作った作者は人目に触れないように・・との願いを込めて、一生懸命に「秘仏」を作ったのじゃろうか?

 秘密にして隠しておきたいほどのモンを作りたいならば、最初から、そんなモンを世に出すな・・と言いたい。
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ 「越中一国観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
   「越中一国観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無