HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 22 徳城寺


 「越中一国観音霊場」紀行文 徳城寺、「越中一国観音霊場」紀行文  遍照の響き
                越中一国観音霊場 地図
         巡礼日 2013.8.25   掲載日 2014.3.30


「錦の御旗」と南極観測

道の駅「滑川」

野宿地のジサマ達

 道の駅「滑川」は屋根付きの場所が少なく、周囲を一回りして野宿場所を探すと、屋根の有る自販機の場所には自転車旅行のアンチャンが居ます。道の駅「滑川」、「越中一国観音霊場」紀行文

 挨拶して、仲間に入れてもらっても良かったのですが、付近には地元のオヤジが2・3人ベンチに座って話しており、その付近を歩くとジロジロ見ます。

 あんまり人目に付きたく無いので、反対側の人目の無い陰の所で野宿しました。

 アンチャンは、たぶん疲れて早く寝たかったのでしょうが、地元のオヤジ達のヒマつぶしの話し相手をさせられ、夜遅くまで何か話しをしてました。道の駅「滑川」・野宿、「越中一国観音霊場」紀行文

 海に近く浜風が吹くためか夏なのに肌寒く、この時に初めて持ってきたツェルトを体に巻いて寝た。

 雨が降らないだろおと思ってましたが、0時頃に雨がパラついたので、第二候補地の屋根の有る場所へ野宿場所を移動、先程の地元オヤジ達は家に帰ったらしく静かです。

 もおすっかり野宿生活には慣れちゃて、その後はぐっすり眠れました。

翌朝

 しかし朝5時頃、地元オヤジの「アンチャン、起きろよ」と自転車旅行のアンチャンを起こす大声で目を覚まさせさられた。

 うるせぇなぁ・・朝早くから・・人の迷惑も考えずにぃ・・・▼▼メ。

 アンチャンは、夜遅くまで話し相手をさせられるわ、朝早くから大声で叩き起こされるわ・・ゆっくり眠るヒマも無く災難ですなぁ。

 良かったなぁ・・一緒に野宿しなくて・・・道の駅「滑川」・チョイノリ、「越中一国観音霊場」紀行文

 ボソボソと話すのならば良いが、オヤジの大声だけが、飛び抜けてうるさかったので、こりゃもうアカンと思い、σ(*_*)も起きて野宿道具を片付けました。

 歯を磨いてると、アンチャンは早々に出発しちゃいました。

 そりゃぁ・・そうだろなあ・・

 相手の事も考えずに一方的に大声で話されたら、σ(*_*)でもサッサッと顔も洗わずに逃げちゃうでぇ。

30番「徳城寺」

良寛

 滑川市内の墓の有る付近が札所「徳城寺」だと思い、およその見当を付けて寺の屋根を探して行ったら有りました。
 徳城寺入口、「越中一国観音霊場」紀行文  徳城寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文  徳城寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文
 「徳城寺」本堂の戸が閉まっており、朝早いので開かないだろおと思ったが、手で開けるとスルスルと軽い感じで開きます。

 中に入り賽銭箱の前で参拝し、また戸を閉めて階段の所で納札を書いてると、住職が戸を開け始め、σ(*_*)が居たもんだからビックリしたと言います。徳城寺本堂、「越中一国観音霊場」紀行文

 
「どこから来た」「新潟」という話しから、「ここは松尾芭蕉が泊まった寺だが、良寛さんも泊まったと思うんだけどなぁ」という話しになりました。

 良寛さんの出身地と同県だったためか、もお一度本堂へ入れと強く勧めます。

 住職が言うには
「良寛さんは岡山への修行に行き帰りの時、魚津〜富山間の街道筋では、禅宗の寺はここだけなので、ここしか泊まる処が無いはずなのだが、泊まったという文献が無い」と、もんのすごく残念がってます。

 旅の時に他宗の寺しかない場合はその限りではないが、近くに禅宗の寺が有れば、同じ禅宗の寺に泊まるのが当時の習わしだったらしい。徳城寺・旅僧の宿泊場所、「越中一国観音霊場」紀行文

 その当時、本堂脇の天井付近の壁は、今は壁で塞がっているが、雲水達が来た時に泊まる部屋が有り梯子で上り下りしたそうな。

 へえぇぇ・・そんな宿泊専用の部屋が有るとは知らず、本堂が広いので、そこでゴロ寝するのかと思ってた。

曼荼羅

 本堂に曼陀羅が飾ってあり、
 「禅宗にしては珍しいでんなぁ。
 こおいうのは真言宗あたりだけかと思ってました。」

 
「本来は中心がお釈迦さんだから飾っても良いんじゃ。
 もっとも上の方からは、反逆者と言われとるが・・」
と笑っており、曼陀羅の解釈をしてもらったが、よぉ〜わからん。

 そんなこんなで話しがはずんでいると、庫裡の方から奥さんが呼ぶ声がするので
「御用が有り、忙しいようなので・・」と礼を言って帰ろうとすると「いや、ええんじゃ・・朝飯の用意が出来たと言ってるだけだから。」と、なおも引き留めます。

 「600年前の寺宝を見るか?」

 本堂に置いてあったパンフレットには、そのような事が書いてあったので、喜んで見せてもらいましたが、まさか住職から誘ってくれるとは思わなかった。

 たいていの場合こおいうモンは、こちらからお願いして、おもむろに見せてくれるモンだが・・

 それにしても奥さんが用意した朝食も食べずに、σ(*_*)の何が気に入って、ここまで何度も引き留めてくれるんじゃろう。

 たぶん、σ(*_*)がある程度の仏教知識を持ってたので、話やすかったのかもしれない。

掛け軸

 奥の部屋に案内され、ガラス張りの中に掛け軸が飾ってあります。

 
「正面の軸が何とか時代で、横のが何とか時代の物だ。徳城寺・寺宝室、「越中一国観音霊場」紀行文

 どおしてそれ(年代)がわかるかと言うと、古い時代は白色が無かったので代わりに金で描いてある。
  時代が下がって白が使われるようになった。」


 はりゃあぁ・・そおなのか、どちらも煤けてる軸なので同じ時代かと思ったが、なるほど白色ねぇ・・・

秀吉の「錦の御旗」

 大きい布が飾ってある前で
 
「左に布が有るが、これが錦の旗だよ。」徳城寺・秀吉「錦の御旗」、「越中一国観音霊場」紀行文

 
「菊の紋章じゃないですねぇ」
 
「本来は、日と月が印であり、裏側に月がある」

 布の説明書きに
「豊太閤 北陸路通過ノ際 持参ノ幟旗ニシテ 日月ヲ肩ニ使用袈裟ナリ」と書いてありました。

 秀吉が越中を攻めたのは知ってたが、「錦の御旗」まで持って来たとは思わなかった。

偈箱

 立派な御旗の横に、それとは対照的な薄汚れた笠と偈箱が置いてあります。徳城寺・げ箱、「越中一国観音霊場」紀行文

 
「偈箱は米を入れる物で、お金は別の所に入れてもらう。

 米とゴミを選別するフルイも有ったが、どっかへ行っちまった。(^O^)ハハハ・・・」

南極観測の献立

 話している時にσ(*_*)の前職の話題になり「昔、1年半ほど船に乗っていた」と言うと「これ見てみぃ」と、今度はガラスケース前の黒表紙の綴物を示します。徳城寺・南極観測献立表、「越中一国観音霊場」紀行文

 
「南極観測へ行った時の毎日の献立が書いてあるんだよ。
 知り合いの人からコピーして貰ったんだ。」


 中を見ると、キレイな字で毎日の献立の作り方などが書いてあります。
     (写真は一部拡大しましたが、手振れしたのでボケてます)
          徳城寺・南極観測献立表・拡大、「越中一国観音霊場」紀行文
 ☆昼 残りご飯と里いも等おかずの残りでおじや

 ☆まつたけご飯
   <材料>・・・・・
   <作り方>・・・・・・


 
「私も大型船に臨時乗船して、遠洋航海を2ケ月ばかり経験しました。

 朝は和食、昼は肉料理、夜は魚料理と決まっており、毎日違うメニューが出て、絶対に同じ献立が出た事が無い。

 その献立を考える主計の人は、タイヘンだったと思う」
と言うと、住職は大いに気を良くしてくれます。

 南極観測船「宗谷」かと思ったら「しらせ」の方で、良く見ると観測船の献立ではなく、南極観測基地での献立でした。

 へえぇぇ・・こりゃあぁ〜・・船よりも厳しい条件で献立を作るんだから、もっとタイヘンだったろおなぁ。

 そお言えば船に乗っていた当時の主計上司が「宗谷」に乗って南極まで行った事があり、写真を見せてもらう機会が有りました。

 雪原で「宗谷」を背景にペンギンと仲良く写っており、またダンボール箱を逆さまにしてタバコを並べ「タバコ、無料」と書いた紙看板の写真もありました。

 「宗谷」で南極へ行った主計の人が作る漬物は辛いので、すぐにわかると聞いた事もあります。

 こおいう南極等への遠洋航海は、本人がいくら希望してもなかなか行けず、組織からの推薦や本人の実力等、多くの条件がそろっていないと選ばれるのは難しく、主計上司は優秀な人だったのでしょう。

 住職さんに写真を撮ったのを、HPで公開しても良いか?と聞くと、あっさり了解してくれました。

 これを書いてる時に、徳城寺の宝物等を紹介したHP・ブログ等が有るかと思って探しましたが見つからず、σ(*_*)が一番最初かな?

 奥さんの用意した朝飯も冷めてしまい、後で住職さんが叱られちゃって、大ゲンカしなければ良いんじゃが・・・と気になり始め、お礼を言い
「次の魚津の札所「実相院」の場所を知ってるか」と聞くと、知っており教えてもらいました。

 σ(*_*)が暇乞いをしなかったら、たぶんそのまま、まだ見てない寺宝の屏風等も説明してくれていたと思う。

31番「実相院」

 計画段階の時から、この札所「実相院」の場所が全くわかりませんでした。

 実相院、「越中一国観音霊場」紀行文  実相院・目印の看板、「越中一国観音霊場」紀行文

 しかし「徳城寺」住職さんから
「川を越えた所のガード下に、建設会社の看板が有り、その隣」と教えてくれたので、それを頼りに行ってみると一発で場所がわかりました。

 ホンマに墓場になっており、寺跡らしい物が何も無い。

  実相院跡、「越中一国観音霊場」紀行文  実相院跡、「越中一国観音霊場」紀行文 実相院跡、「越中一国観音霊場」紀行文    
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ  「越中一国観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無