HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 23 満 願


 「越中一国観音霊場」紀行文  千光寺・山門、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
            越中一国観音霊場 地図
     巡礼日 2013.8.25   掲載日 2014.4.2


募金活動のいやらしさ

32番「千光寺」

     千光寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文        千光寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文
          千光寺・彫刻、「越中一国観音霊場」紀行文
 小さな集落の四つ角に札所「千光寺」が有り、山門も備えて中には仁王さんも居ました。

 階段を上がると無人のようですが、境内はキレイで落ち着いた雰囲気があり、戸が開いて中で参拝が出来ました。
 千光寺、「越中一国観音霊場」紀行文  千光寺、「越中一国観音霊場」紀行文 千光寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文 
  千光寺彫刻、「越中一国観音霊場」紀行文      千光寺、「越中一国観音霊場」紀行文

33番「法福寺」

 札所「法福寺」へ行く途中の道に山門が有り、車はその横を通って上がれるようになっています。
 法福寺、「越中一国観音霊場」紀行文    法福寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文    法福寺・山門仁王、「越中一国観音霊場」紀行文
 法福寺参道、「越中一国観音霊場」紀行文  法福寺・明日の大桜、「越中一国観音霊場」紀行文  法福寺・明日の大桜、「越中一国観音霊場」紀行文
 境内には「明日の大桜」が有り、鐘楼の四面に精巧な彫刻がしてあり、こおいう所にまで彫刻がして有るというのは珍しい。 

 普通は、単なる柱だけで済ませてしまうのだが・・・
             法福寺・鐘楼の彫刻、「越中一国観音霊場」紀行文
 本堂の龍の彫刻も、なかなかのもので、山門とか彫刻を見ると昔は古刹だったのだと思われる。
 法福寺、「越中一国観音霊場」紀行文    法福寺、「越中一国観音霊場」紀行文    法福寺・庫裡、「越中一国観音霊場」紀行文
          法福寺・彫刻、「越中一国観音霊場」紀行文

愛は地球を救うのか?

道の駅「能生」

 「越中一国観音霊場」巡りも終わったので、新潟方面に向かって帰りました。

 「親不知」の難所も、馬力の無い「チョイノリ」でトロトロと何とか無事に越えられ、道の駅「能生」でホッと一休み。愛は地球を救う、「越中一国観音霊場」紀行文

 建物入口付近でネーチャン達が募金活動を行っており、何だろ?と思って見たら「愛は(出演者はギャラを貰けれど)地球を救う」のチャリティ募金だった。

 おぉぉ・・・そお言えば、今日がその日だったのか。
 テレビとは無縁の生活を送っていたもんだから、わからんかった。

 ベンチに座って備え付けの新聞を読みながら、入って来る人をチラチラ見てると無視して入る人が大部分ですねぇ。

 たまにダマされて、募金する人も居るが・・・・

募金活動

 σ(*_*)は、どおもスーバーとか、こおいう所の入口で募金活動をするのは好きでない。

 特に「赤い羽根」の時、子供達がスーパー入口前で固まって「募金、お願いしまあぁ〜すぅ。」と声を揃えて言ってる所へは絶対に行かず、他の人達も、そこの入口を避けて遠回りして入ってます。

 そおいうのを見ると、なんか・・募金しないと中へ入れないような雰囲気で、募金は免罪符か?と思ってしまう。

 ある時、皆が避けている入口より、何を恥じる事があるんじゃ・・と堂々と入ろうとしたら、子供達を監督している?トッアンが、すかさず近寄ってきて募金箱を差し出しながら
「募金、お願いします。」と強い調子で言ってきやがった。

 さも募金をするのが当然だ・・というような目つきをして言うので、思わず
「これは強制か?」と大きく一言強く言って、無視して中に入りました。チョイノリ、「越中一国観音霊場」紀行文

 はい、σ(*_*)は愛なんかコレッポッチも無く、血も涙も無いケチンボなガンコジジイです(キッパリ)。

 このような子供を使う募金方法や入口でやるのは改めて欲しいが・・・たぶん止めないじゃろなぁ。
 なんせ目標額を決めてる募金なんじゃから。

 募金は目標額を決めたりするもんなの?
 はたまた、前年との募金額を比較するものなの?

 同じ募金でも、σ(*_*)は北朝鮮に拉致された被害者支援の募金ならば喜んでする。

 募金・寄付・托鉢・賽銭・喜捨・・・名称は違えれども、どのような気持ちで、お金を入れるかが大切で、少なくとも他人の目を気にしながら募金するような雰囲気は、絶対に避けるべきと思う。

 しかしぃ・・いつまでたっても地球は、救われとらんなぁ。
  「越中一国観音霊場」紀行文、前へ  「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ  
          遍照の響きホームヘ
   「越中一国観音霊場」紀行文

 これにて「越中一国観音霊場」紀行文は完了しました。
 引き続き下記霊場巡り等を御笑読ください。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無