HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 2 茶 畑

 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文     遍照の響き
              遠江三十三観音霊場 地図
       巡礼日  2014.5.19    掲載日  2015.1.2

見渡す限りの茶畑と「獅子ケ鼻公園」

初めて見た茶畑

 「南戸綿」付近、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  「谷崎」付近、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 再び高速道路沿いの道を行き、太田川近くの大きなスーパで一休み。

 「谷崎」付近の高速道路脚下を越えた所から、地図を見て覚悟していた上がりの坂道。広々とした茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 やっぱり「ヒーコラ・・」言いながら、自転車を押し歩きましたがキツカった。

 ゴルフ場を越えて、頂上付近に近づくと今まで木々に覆われていた道から、一面にパアッ〜と広がる茶畑。

 おぉぉ!!・・写真や何かで見た事は有るが、茶畑風景の現物を見るのは初めてですがなぁ。茶畑と木、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 静岡の人は珍しくもないと思うが、雪国に育ったσ(*_*)としては、今まで広々としたものと言えばタンボしか見た事が無く、こおいう茶畑の風景は静岡に来たなぁ・・と、つくづく感激する。

 茶が植えてある畝は、刈り取り周期が違うためか縞模様になっており、こおいうのは知らんかった。

 茶畑付近の道も、それなりの緩やかな坂道で、道がT字路になった所で一休み。

獅子ケ鼻公園

 休んだ付近は「獅ケ鼻公園」となってるらしく、予定ではこの公園も見所が有るようなので散策するつもりでしたが、疲れてたのでヤンピ。

 遠くにオバハン二人が、「獅子ケ鼻公園」を歩いて行くのが見えました。

神道修正派大元祠神道修正派大元祠、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 出発すると大きな鳥居が有り、「神道修正派大元祠」となってます。

 「何とか派」となってるから新興宗教かな?と思い立ち寄らず、これを書いてる時に調べてみると「大元祠」というのは、教団本部という意味らしい。獅子ケ鼻公園・熊野神社、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 少し行くと「岩室廃寺遺跡 金堂跡」と朱色の杭が有ったが、付近は杉林で、あんまり遺跡らしくない。

 近くの熊野神社の方が木で出来た鳥居なので、いかにも云われの有りそうな古風な感じがした。

9番「清滝寺」

 少し行くと木々の間から古風な堂が見え、入口看板には「岩室堂跡」と書いてあります。清滝寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 札所の「清滝寺」と寺名が違っており、まぁ・・HPの題材になるかもしれんと思い、写真を撮るために寄ってみると、しっかり古びた看板に札所名「清滝寺」が書いてあり「馬頭観音堂」とも言われるらしい。

 危なかったなぁ・・無視して通り過ぎちゃってたら、鼻水垂らして泣く所だったでぇ。獅子ケ鼻公園・トイレ、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 小さい駐車場に獅子がニランでいる「トイレ」が有ります。

 これはネットで見て知ってたが、なかなか絵に特徴の有るデザインのトイレで「獅子ケ鼻公園」の名前からなのでしょう。

 ちなみに越後屋は「獅子ケ鼻公園」というのを知らなかったので、何故このデザインなのかわかりませんでした。

 公園だから、もおチット可愛らしい獅子の絵にすれば良かったのにぃ。(^O^)
 清滝寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  清滝寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  清滝寺・石仏、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 「清滝寺」堂内の賽銭箱の横に石仏が数体並んでおり、こんな風に堂内に石仏を奉ってあるのは初めて見た。清滝寺・堂内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 普通ならば「千年、日本を恨む」と言ってる、うっとおしい隣国のブツゾードロボーから盗まれんように、堂内のしかるべき場所に安置するとか、境内の隅っこに奉るとかするのだけれど・・。自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 参拝後、堂内に有るベンチに座り、昼飯用に持って来たオデンを食べました。

 札所「清滝寺」から麓まで、自転車だ巡ったで下りた時は、その早いこと・・5分位で麓に着いちゃった。
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無