HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 3 遍照寺


 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    遍照寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   遍照の響き
                遠江三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2014.5.19    掲載日  2015.1.3


遠州「森の石松」の笑顔遠江一宮駅、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

森の石松

 遠江一宮駅前を過ぎた付近の民家に陶器が飾ってあります。

 最初は趣味の人が飾ってるのかと思いましたが、どおやら窯元のよおです。「森の石松」の陶器、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 陶器作品を遠くから見た時は、わからなかったのですが、近づくと「森の石松」が
「よぉっ・・たっしゃかい!!」という感じで三度笠を上げてる陶器が目に入り、その表情に思わず笑った。

 そお言えば、ここは遠州「森の石松」で有名な所だった。

 「森の石松」ツァンは、なかなか親しみの持てる笑顔をしており、ええなあぁ・・・こおいうのを家の前に飾っておきたいなぁ。(^O^)

11番「遍照寺」

表参道袋井市、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 「市場」集落沿いの道を行きながら、「遍照寺」へ行く山の尾根道があるはずだが・・・と探しながら行きましたが、わからん・・・。

 歩道柵の所に「大仏の寺」の看板が立っており、えっ?・・こんな所に大仏さんが有るの?知らんかったでぇ。遍照寺へ、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 札所と大仏さんとは関係無いから、いいや・・と思ったのですが、看板を読んでみると、それが探している札所「遍照寺」だとわかりました。

 で・・看板に矢印が書いてあるが、矢印方向には道が無く、少し離れた所に人家に挟まれた細い道が山へ向かっています。遍照寺参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 たぶん、その道だろおと思い、札所は山の上にあるので自転車をその付近に置いて歩いて行くと、民家外れの付近に「表参道」の石門が立ってました。

 良かったなぁ・・「大仏の寺」の看板が無かったら、この参道はわからんかったろおなぁ。

 木々が茂って暗い(写真では明るいけれど)細い道で、予想はしていたが、キツイ坂道でした。
 遍照寺参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  遍照寺参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  遍照寺参道よりの展望、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

遍照寺

遍照寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  遍照寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  遍照寺・庫裡、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 頂上付近に広々とした草原の中に「遍照寺」の堂が建ってます。

 こんな感じの寺は、雰囲気的に無人だと思ってましたが、賽銭入れたり参拝準備をしていると庫裡から人が出て車に乗って行ったので、人が住んでるようで洗濯物もありました。

 しかし歩いて上がって来た坂道は、車でもキツイ坂道でっしゃろなぁ。

大仏

 で・・問題の大仏さんですが説明板が有り、今から300年ほど前の江戸時代に、この「遍照寺」住職が托鉢したお金で鋳造したそうな。遍照寺・大仏、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 まさかと思うけれど、その托鉢方法とは、今時の仏教会のように、予め「500円以上入れろ」という封筒を各家庭に配り、後で回収しに来るという托鉢方法でないじゃろなぁ。

 どうも今の仏教会のやってる「托鉢」と言う「キレイゴト」には、不信感が山盛りになっており、こぼれ落ちるほど一杯なもんでして・・ついつい・・・

8番「観正寺」

 袋井市街地から「下山梨」の旧道に入り、この付近だろおなあ・・と探しながら行きました。

 ちょうど孫連れのジサマが細い道から出て来たので聞いてみると、そしたらジサマの出て来た道を少し行った所に有る公民館の横が「観正寺」だと教えてくれました。
 袋井市・観正寺の道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  袋井市・観正寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  観正寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 見に入るとすぐに「下山梨公民館」が有り、人家の入口のような所に札所「観正寺」の石門が立っており、この札所も人に聞かないと、わからんじゃろなぁ。観正寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 あっ・・写真の一部には「観
寺」と書いてしまいましたが、正しくは「観寺」です。

 訂正するのもメンドウなので・・すんまへん。
 関係者各位(居るかな?)には、多大な迷惑と誤解を招かせました。観正寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 石門の細い道を入り・・あっ、間違って隣の大きい家へ行ったらアカンでっせぇ。

 札所の堂も、場所柄に応じてチッコイ堂でしたが、手入れが行き届いてました。
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無