HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 8 はったさん


「遠江33観音霊場」紀行文     尊永寺、「遠江33観音霊場」紀行文    遍照の響き
                遠江三十三観音霊場 地図
          巡礼日  2014.5.20   掲載日  2015.1.13


「はったさん」と尊永寺の名物

尊永寺駐車場茶畑、「遠江33観音霊場」紀行文

 県道をテクテク・・と歩き、昼飯時なので「尊永寺」駐車場に着いて食堂がないかとウロウロ探していると、初めて来たイナカモンのジジ・ババと思われたのか、駐車係のオッチャンが参道へ行く道を教えてくれました。

 食堂の有る所を聞くと、
「やってるかなぁ・・一件位はやってるかもしれんが・・・本堂の所には団子屋しかない。」

 教えられた道を行き、赤い橋を渡り・・、よっぽど持ってきたオデンと団子を食べようか・・と思ったが、本堂の場所は遠そうに思え、山門の所へ行き食堂を探しました。

門前商店街尊永寺・門前商店街、「遠江33観音霊場」紀行文

たまごふわふわ

 「尊永寺」門前商店街は、だいぶシャッターが閉まっており、やっと開いてる店を一件見つけて入りました。

 カツ丼を注文したが、机にグルメ本が置いてあったのでパラパラと見ると、この店で「たまごふわふわ」というのが名物らしい。尊永寺・たまごふわふわ、「遠江33観音霊場」紀行文

 どんな物なのかと、注文取りしているグルメ本に出ていたオバチャンに聞いてみると、
「「ふわふわ」した卵の下がスープのような物だ」と言うので、冥土の土産に追加注文しました。

 運ばれて来た物を見ると、確かに見た目はグルメ本と同じ感じ・・当たり前かもしれんが・・尊永寺・たまごふわふわ、「遠江33観音霊場」紀行文

 卵が泡だっているようで、泡自体は卵の味でしたが、泡をどかした下のスープは「三つ葉」が入っていて、それが和風の味を引き立てており上品な味でした。

 まぁ・・確かに、こおいうのは他では見られない珍しい名物だと思う。

はっかさん

 店で勘定を払う時に、オバチャンから「歩いて来たのか?」と聞かれ、「ハッカサンの道が・・どうの・・・」と説明されたが、他国モンのσ(*_*)には、そもそも「ハッカサン」が何なのか、この時点ではよお〜わからんかった。尊永寺・山門、「遠江33観音霊場」紀行文

 それでも「エコパ」と言うのが、「静岡スタジアム」の名前だと言うのが、やっとわかった。

 σ(*_*)には、どおしても「はっ
さん」が「はっさん」に聞こえたなぁ。

5番「北谷寺」

      尊永寺・参道、「遠江33観音霊場」紀行文          尊永寺・参道階段、「遠江33観音霊場」紀行文
 「尊永寺」境内は広く、階段も長かった。

 本堂が有る広い境内の右端に、札所「北谷寺」観音堂が有り古風な感じがします。
 尊永寺・北谷寺、「遠江33観音霊場」紀行文  尊永寺・北谷寺堂内、「遠江33観音霊場」紀行文  尊永寺・北谷寺天井、「遠江33観音霊場」紀行文
        尊永寺・北谷寺奉納額、「遠江33観音霊場」紀行文        尊永寺・北谷寺大黒、「遠江33観音霊場」紀行文 
 「尊永寺」本堂でも参拝しようかな・・と思ったが、建物が新しいような感じがするのでヤンピした。尊永寺、「遠江33観音霊場」紀行文

厄除け団子

 帰り道で、名物の厄除け団子を食べ、一皿200円というのは、良心的な値段だと思う。

 他の観光地だったら、たぶん4〜500円は、ふんだくるじゃろなぁ。尊永寺・厄除け団子、「遠江33観音霊場」紀行文

 ここの「厄除け団子」は外の券売機で券を買って、店に持って行くシステムのよおで、箱詰め用の券も有りました。

 そお言えば帰る人の多くは、手にこの団子の箱を持っており、下調べの時も、この「厄除け団子」は尊永寺名物と出てました。
     尊永寺境内、「遠江33観音霊場」紀行文          尊永寺・氷室神社、「遠江33観音霊場」紀行文
 「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ  「遠江33観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
   「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無