HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 10 大尾山


 「遠江33観音霊場」紀行文 大尾山、「遠江33観音霊場」紀行文  遍照の響き
         遠江三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2014.5.22     掲載日  2015.1.17


大尾山マップと「ならここの里」

計画

 「遠江33観音霊場」13番札所「顕光院」は、遠く離れた大尾山の山上にあるので、計画段階から、ここへはどのように行けばよいのか・・と迷いました。

 自転車で麓まで行き、山からは森町方向へ行くようにするとか・・

 ネットで調べると最近ハイキング用の「大尾山マップ」が出来たらしく、麓まで車で行き大尾山を一周する計画にしました。

ならここの里

 「ならここの湯」で「大尾山マップ」を買いましたが、10時から入湯なのに、時間前から10人くらい開店を待っており人気がある湯なのでしょう。「ならここの里」駐車場、「遠江33観音霊場」紀行文

 「居尻バス停」近くに「ならここの里」駐車場があり、「ご自由に駐車してください」と書いてあります。

 そおだわなあ・・せっかく観光に来ても駐車場探しをしたり、料金を取られたりしたら気分が半滅しちまうもんなぁ・・ありがたいこってす。大尾山へ、「遠江33観音霊場」紀行文

 ちなみにこの付近に「ならここの里」とか「ならここの湯」がありますが、「ならここ」とはどおいう意味か、よぉ〜わからん。

 購入した「大尾山マップ」を見ると、登山口までのS字カーブ車道に、ショートカット出来る道が記載されてますが、わからんかった。大尾山へ、「遠江33観音霊場」紀行文

 通ってる時に、ここがショートカットの出口では・・と思う所があり、帰りに通って確かめてみると、やっぱりそこがショートカットの道でした。

 入口の表示看板が無いので、初めての人はわからんじゃろなぁ。

登り口

 大尾山・登山口、「遠江33観音霊場」紀行文    大尾山・登山口、「遠江33観音霊場」紀行文    大尾山・山道、「遠江33観音霊場」紀行文
 コンクリ道を歩いて行くと「大尾山登り口」が有り、これは分かり易い。
 大尾山・山道、「遠江33観音霊場」紀行文    大尾山・八丁、「遠江33観音霊場」紀行文    大尾山・八丁、「遠江33観音霊場」紀行文
 山道は杉林の中を歩く感じで、それほどキツイ山道ではありません。

 途中で杉木を倒したベンチが有り「ここは八丁」と書いてある所で一休み。

 大尾山は杉林の中を歩くだけなので、ほとんど下界を見渡すという場所はなかった。
 大尾山・山道、「遠江33観音霊場」紀行文  大尾山・頂上へ1.4km、「遠江33観音霊場」紀行文  大尾山・山道、「遠江33観音霊場」紀行文
       大尾山・頂上へ1km、「遠江33観音霊場」紀行文     大尾山・山道、「遠江33観音霊場」紀行文
 「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 「遠江33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
  「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無