HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 13 蜘蛛の巣


 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    天養院と尺八、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   遍照の響き
              遠江三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2014.5.23  掲載日  2015.1.21


札所境内のコンクリ化

16番「真昌寺」・象の置物

 真昌寺入口、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  真昌寺本堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  真昌寺観音堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 「真昌寺」観音堂の入口横に、なぜか象の置物が置いてあります。

 わざわざ置物として買って来たのか・・・・
 はたまた、この寺には象に関する何かカワイソーな伝説でも有るのか・・・・

 それとも、だれかに貰った土産物だが、家の中に置くと大きすぎるので、ここに置いといたのか・・・何となく、これが当たってるような気がするが・・
 真昌寺・象の置物、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  真昌寺と尺八、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  真昌寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

17番「天養院」

 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    天養院、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    天養院・階段、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 「掛川バイパス」の高架橋下を潜ると、高台に札所「天養院」の堂が見え、道端の階段を上がると境内に出ましたが、正式の入口は別の所に有るようです。天養院、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 地元の人が掃除しているのか、境内はキレイにしてあります。

 ただ・・惜しむらくは賽銭箱に蜘蛛の巣が張っており、長年だれも気付かないのだろうか・・と思いながら木枝で取り除いておきました。(一番上の写真)天養院・鬼瓦、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 境内はコンクリで固められていますが、それでも雰囲気的に落ち着く感じがするので、縁側に座って30分ほど休憩をしました。

 この「遠江33観音霊場」巡礼で越後屋と切実に話する内容は、これからの老後人生をどうするか?や・・観音さんへの信心に関する事等では無く、「今日はウンコ出たか?」の便秘の話です。天養院境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 どうも旅行すると二人とも便秘気味になっちゃい、σ(*_*)は最近よおやく直ってきました。

 す・・すんまへん・・・くだんねぇ事に、お目を汚しちまって・・・

18番「新福寺」

      「池下」付近、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文         茶畑と新福寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 札所「新福寺」は茶畑の中に有る小さい堂で、ここも地元の人たちがキレイにしているようです。新福寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 境内敷地はコンクリ化されており、まぁ・・しょうがありまへんわなぁ・・・そおしないと境内に草が生えて、ドエレエ目に遭いますからなぁ。

 ただ夏の暑い時には、コンクリの照り返しがきつい。

 堂の戸はしっかり閉まっており、開きまへんでした。
     新福寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文          新福寺と尺八、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無