HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 14 猫


自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    観音寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文     遍照の響き
                遠江三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2014.5.23    掲載日  2015.1.23


掛川市歌と親子猫

19番「慈明寺」

 写真を撮りながらユックリ自転車を漕いでるので、いつも越後屋を先に行かせてます。掛川「小原子」付近、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 「小原子」集落に入ると、越後屋が人家の前で止まり自転車を降りました。

 何で人の家の前で止まるのか?・・と思ったら、そこが札所「慈明寺」でした。掛川「慈明寺」入口、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 
「札所の看板が無かったら、普通の民家だと思って行き過ぎるところだった。」と言うが、ホンマにそのとおりで、見た目にもあんまり寺らしくない。

 境内に大きい石が置いてあり、注連縄?というか・・縄が張ってあるというのか・・置いてあります。掛川「慈明寺」境内の石、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 何かカワイソーな云われでも有るのかと思うが、説明看板が有りませんので、だれか知ってたら教えてね。

 雨が降ってきそうな雲行きになり、なんとか道の駅「掛川」へ行くまで持って欲しい。
 掛川「慈明寺」、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    掛川「慈明寺」、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    掛川「慈明寺」と尺八、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

20番「観音寺」

親子猫

 たまにポツン・・と雨が当たりますが、そのまま次の札所「観音寺」へ行くと、境内でジサマと越後屋が話しており、付近には猫が居てジサマの飼い猫らしい。掛川「観音寺」、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 親猫が太ってたので
「腹に子供が居るのか?」と聞くと「単なるメタボで太ってるだけだ。」と言います。

 茶色の猫は、その色の通り「ちゃ」と呼ばれて子猫らしく、そおすると親猫は「みけ」かな?

 ジサマが家に帰るので猫を呼びますが、猫はσ(*_*)らを警戒してなかなか垣根から出て来ません。
      掛川「観音寺」入口、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文      掛川「観音寺」親子猫、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 そのうち親猫が飛び出してジサマの後を追い、しばらくして「ちゃ」も飛び出して行きました。

 ずいぶん人見知りのする猫達だ、今まで見知らぬ人にイジメられた経験が有るのかな?掛川「観音寺」、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 扉前で尺八吹いて参拝している時に、突然大降りの雨になりました。掛川「観音寺」尺八、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 途中で曲を止めるワケにもいかんので、そのまま参拝しましたが、越後屋が一生懸命に自転車を建物の庇に入れてました。

 幸い参拝してた場所は、屋根が有ったので雨が当たらず、曲が終わる頃には小止みになり、空も明るくなって来たので一服しろという意味だと思い、縁側に腰掛けてモク吸って休みました。

掛川の市歌

 12時になり、スピーカから歌が大音量で流れ始めました。掛川「観音寺」納札、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 何かよぉ〜わからんが、「掛川がどうの・・」と唄っているので掛川市で作った歌なのでしょうか。

 そおいえば、昨日の山寺でも、このような歌が流れていたなぁ。

白黒の猫

 休んでると堂の裏から白黒の猫が忍び足で来て、「浄水」の水を飲み始め、先程の猫のオトッツアンで名前は「しろくろ」なのだろうか?掛川「観音寺」猫、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 やっぱりこの猫も、こちらが動くと、サササッ・サッ・・・と逃げました。

 カワイソーに、ここら付近の猫はよっぽど人間に対して不信感を持っており、捕まると三味線屋に売り飛ばされると思ってるのだろなぁ。

 雨が止んだので道の駅「掛川」へ行き、昼食にしました。
    道の駅「掛川」、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文            道の駅「掛川」、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無