HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 17 常現寺


 「遠江33観音霊場」紀行文   常現寺・堂内、「遠江33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               遠江三十三観音霊場 地図
       巡礼日  2014.5.24     掲載日  2015.1.29


栗ケ岳と「遠州」「遠江」の霊場

23番「観音寺」常現寺内

     日坂宿・本陣跡、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文       常現寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 日坂宿の途中に「本陣跡」が有り、広場ではジサマ・バサマが楽しそうにゲートボールをやってます。

 旧道から県道415号線に出ると、すぐに大きな杉が見えたので札所「常現寺」だとわかります。

 思ったよりも大きい寺で、法事があるらしく喪服を着てる人が居ました。
  常現寺・山門、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    常現寺・境内の花、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    常現寺・花、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 先日「正法寺」で見た木に寄生?しているような白い花が、ここの木にも咲いており、ここら付近では、こおいうのが流行っているのでしょうか?。

 これはこれでキレイな花だと思うが、何という花じゃろ?、だれか知っていたら教えてね。常現寺・石仏、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 観音堂横に置いてある石仏は三面の顔があったが、何が気にいらんのか、どれも怒ってるような顔だ。

 もおチット愛想良く、笑顔のも有れば良いのにぃ。

遠州と遠江の霊場

 堂内に入ると「遠33観音札所」の観音を描いた絵が額に入ってます。

 ちなみに、この地方には「遠
」と「遠」の2箇所の霊場が有るらしく、この「遠江33観音霊場」巡りを計画した時には、どちらの霊場を巡ろうかと迷いました。

 調べてみると「遠
33観音」の方が歴史が古そうなので、こちらの方を巡る事にしたのです。
      常現寺・本堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文           常現寺・観音堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

自転車旅行

 参拝が終わって日坂宿場街へ戻る時、県道415号線を自転車旅行している人と出会ったので手を振ると、笑顔で返してくれました。

 よく見ると二人乗り用自転車で、後ろには金髪女性が乗って漕いでおり、日本人かと思ったら外人旅行者でした。自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 「日坂」より次の札所「観泉寺」へは山方向なので、ほとんど自転車の押し歩きを覚悟していましたが、それほどでもなかった。

 むしろ「東山」から札所「観泉寺」へ通じる坂道の方がキツく「ヒーコラ」言いながら上りました。
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  「東山」集落、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

栗ケ岳

 札所へ行く坂道からは、山の頂上付近に「茶」の字に木が植えてあるのが見え「栗ケ岳」と言うらしい。

 おぉぉぉ!!・・やるじゃん!!・・こおいうのは、なかなか思い付きまへんでぇ。栗ケ岳、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 ちなみに「遠江33観音」のシンボルマーク(一番上の青色の絵)は、栗ケ岳を見た風景を模してます。

 これを書いてる時に調べたのですが、「常現寺」に置いてあった観音さんは、元は「茶」の字が書いてある栗ケ岳山頂に堂が有ったらしく、それを移したらしい。

 それを知っていたら、栗ケ岳にも登るのを計画したのになぁ。
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無