HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 18 茶の山


自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   観泉寺と栗ケ岳、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   遍照の響き
                遠江三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2014.5.24   掲載日  2015.1.30


栗ケ岳「茶の字」の遠望

22番「長福寺」観泉寺内

 観泉寺・駐車場より、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  観泉寺・庭、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  観泉寺・庭、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 札所「長福寺」がある「観泉寺」山門の戸は閉まっており、横の方から境内に入ると庭石を組んで、普通の砂利が敷いてあります。

 惜しいなぁ・・せっかく石を組んだのならば、白砂か白石を敷けば良いのにぃ・・金が足りんかったのかな?
      観泉寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文          観泉寺、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 庭に普通の砂利石を敷くと、どうしても安っぽく見えるので、予算が足りないのならば、その箇所付近だけを縮小してでも白石を敷く方が良いと思う。

 堂は新しく作り直したようで、戸は開きませんでした。

駐車場で昼食

     観泉寺・駐車場、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文        観泉寺駐車場より栗ケ岳、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 参拝後、正午前でしたが入口駐車場に戻り、木陰に座って栗ケ岳「茶」の字を見ながら昼食にしました。観泉寺・昼食、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 写真は昼食の内容で、今回は道の駅「掛川」で餅とか「おはぎ」を買い加えましたが、遍路・巡礼をしていて、途中に店が無かった場合は「おでん」だけの時もあります。

 スーパーの袋に、塩または「漬物の素」を入れ、キュウリをポキンと二つ折りにしてその中へ入れて持ってくると、だいたい昼頃には、ちょうど良い漬け具合になり、暑い時には必需品でっせぇ。!(^^)!観泉寺駐車場より、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 食事しながら山を眺めると、「茶」と植えてある「栗ケ岳」が、よぉ〜見えますなぁ。

 最初は「茶」にちなんで、茶の木を植えて文字を作ったのかと思ったが、どうも杉のような気がする。

 駐車場から、次ぎに進む方向を見ると、けっこうな坂道だと予想してたが、やっぱりそうだった。
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  栗ケ岳を望む、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 出発して茶畑が広がる坂道を、自転車を「ヒーコラ」言いながら押して歩き、振り返りると栗ケ岳の「茶」の字が良く見え、ずいぶん高台に上がった。
茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文 栗ケ岳の「茶」の字植林自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無