HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 21 牧之原


 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   牧之原台地・茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               遠江三十三観音霊場 地図
         巡礼日  2014.5.25    掲載日  2015.2.2


金谷より牧之原台地を自転車で行く

「金谷」より

 金谷より牧之原台地への坂道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  金谷より牧之原台地へ、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  金谷より牧之原台地へ、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 翌朝、金谷駅裏の駐輪場から国道473号線へ出れるかなぁ・・と思いながら行ってみるとOKで、わざわざ駅前まで出て遠回りしなくて良く、セーフ・・・。!(^^)!昨日通った坂道・牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 「金谷」から「牧之原台地」へ上がる坂道は、等高線が混んでるので、自転車の押し歩きでキツイだろおと予想していましたが、予想外にそおでもなく、たまに1速で走れました。

 振り返ると「金谷」の街並みが見え、昨日、自転車のブレーキをかけながら下りた坂道も見えます。

牧之原公園と大井川

 牧之原公園入口、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    牧之原公園・石畳、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    牧之原台地へ、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 途中に「牧之原公園」入口と「石畳」の標識が有り、昨日のジジババ達は、ここから上がって行ったのかもしれない。
       牧之原台地より金谷を望む、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文        牧之原台地より大井川を望む、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 かなり高台まで上がると、遠くに大井川が霞んで見え、関係ないけれど小学校の運動会で「大井川の蓮台渡し」という競技が有ったのを想い出した。牧之原台地・「切山」付近、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

牧之原台地

 坂を上りきった所にある「牧之原台地」の高台からは、地図を見ると緩やかな傾斜で山方向へ上がって行く・・と思ってましたが、予想以上に平坦で自転車の押し歩き箇所は有りませんでした。牧之原台地・茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 地図では広々とした茶畑ばかりで、あんまり人の気配が無い所だろおと思ってましたが、けっこう道沿いに人家や町が有ります。

 ちなみにこの「牧之原台地」は、「日本一の茶どころ」だそうです。牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 最初に有ったコンビニで冷凍してある茶を買い、ついでに昼食用の食糧も調達したかったが、まだ入荷してなかった・・もう9時半頃なのになぁ・・。

 予想以上に自転車の押し歩きが少なかったので早く進み、次のコンビニで昼食を買い、牧之原IC付近に着きました。
 牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 ここから国道と別れて県道242号線に入り、そのまま次の札所「正林寺」まで間違わずに行けました。

 今回は分かれ道の箇所に、予め丸印を付けておいてのが、かなり効果が有り、今までは、そのような印をつけてなかったので、かなり失敗したもんなぁ。

 トシ取ってボケ始めた頭でも、ちっとは学習効果が出てきてカシコクなったように思う。(^O^)
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無