HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 22 正林寺


 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   正林寺と尺八、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    遍照の響き
                遠江三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2014.5.25      掲載日  2015.2.4


正林寺と「塩の道」

今川義忠公の墓

 下調べの時に札所「正林寺」の位置は墓が見えた所・・と目星を付けておいたので、看板が有る墓が見えたので見に行ったら「今川義忠公の墓」だった。正林寺・今川義忠公の墓、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 あんまり、この人の事はよお〜知らなかったが、これを書いてる時に調べてみると「桶狭間の奇襲」で織田信長に討たれた今川義元さんの祖父に当たる人らしく、この人も奇襲の時に討たれたよおですなぁ。

 ネットに書いてありましたが、今川家は代々名前に「範」の字を使用したらしいのですが、「義」を使ったこの二人は、何でか知らんが偶然にも討たれてるようです・・・ナモナモ・・・。

29番「正林寺」

 札所「正林寺」へは、寺の駐車場へ入って行けば良かったのですが、来た時は寺の姿が見えず墓地しか見えません。正林寺・駐車場へ、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 たぶん墓地専用の駐車場で寺の入口は別に有るだろおと思い、行き過ぎて少し先でこの辺だろお・・と細い道に入ったら完全に間違ってた。

 泣きながらもう一度坂道を押し歩き、先程の駐車場まで戻って寺の境内に入りましたが、正門は別に有るようです。正林寺・観音堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 できれば案内看板を設置してあったら、ありがたかったなぁ。

          
 正林寺は大きい寺で、本堂とは別に観音堂が有り、参拝した後、何の祟りか、どうにも目がカユイ。

 思い当たるのは、ナイロン袋に入れて作ってたキュウリの漬け物です。正林寺・渡り廊下、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 途中のコンビニで荷物整理した時に、手に漬け物の汁が付き、それで目をこすったからのようで、トイレの水で顔を洗ったら少しは良くなった。

 本堂が開いてたので拝見すると、蓮の実に色を付けて飾ってあります。
 正林寺本堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文      正林寺・本堂飾り、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文     正林寺・本堂飾り、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

塩の道正林寺・境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 せっかくなので正門の方へ行ってみると、「塩の道」石標識が設置されており、へええぇぇ・・ここは「塩の道」の通り道だったのだ。正林寺境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 σ(*_*)も日本海側の糸魚川から信濃木崎駅まで「塩の道」を歩きました。

 太平洋側の「御前崎」付近から松本まで「塩の道」が有るのを知っており、そのコース途中で一部分だけ車でのやりとりが出来ない箇所が有ります。正林寺・塩の道標識、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 そこがネックになっているので、未だ太平洋側の「塩の道」は歩いてませんが、まぁ・・そのうちに、何とかならんか・・と考えてみよう。

舟久保古墳

 牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  牧之原台地・茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  牧之原台地、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 札所「正林寺」を出て再び尾根道に戻り、自転車を漕いでると「舟久保古墳」の看板があります。

 付近の茶畑の中に、少しコンモリとしているだけで、看板が無かったらわからんじゃろなぁ。

 「前方後円墳」ですが前方部は失われてるらしい。
    牧之原台地・舟久保古墳、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文          牧之原台地・茶畑、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無