HOMEへ > 「遠江三十三観音霊場」目次 > 25 参 道


 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    岩井寺・境内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文   遍照の響き
                    遠江三十三観音霊場 地図 
        巡礼日  2014.5.25     掲載日  2015.2.8


岩井寺の旧参道

車道

 岩井寺への標識、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    岩井寺への標識、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文    岩井寺・車道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 そろそろ札所「岩井寺」へ行く細い道が有るはずだが・・と思って自転車を漕いでました。

 そこへ回覧版を持ったオババが歩いてたので聞いてみると、すぐそこの道で看板が有りました。岩井寺車道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 山麓を周り、車1台が通れるほどの道を行くと、かなり急坂で、ゲッ!!・・・・

 自転車を下りて少し押し歩きましたが先が長いと思い、途中の墓が有る所で自転車を置き、歩いて上がりました。

 歩いてる途中で、これは寺へ行く参道では?・・と思う細い山道が有りましたが、通れるかわからないので、そのまま車道を歩いて行くと赤い山門が見え「岩井寺」に到着。
 岩井寺入口、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  岩井寺山門、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  岩井寺本堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

33番「岩井寺」観音堂

 「岩井寺」山門の前で「草刈りが、どうの・・・」と話してる住職らしい人に挨拶をして、山門横の高台に有る堂の事を聞いてみると、そこが観音堂でした。
 岩井寺観音堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文 岩井寺・鐘楼、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文 岩井寺山門。観音堂より、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 観音堂は、なかなか古風な感じで最後の結願寺にふさわしい。岩井寺観音堂、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 境内へ上がってみると鐘楼と思われる所に鐘は無く、代わりに地蔵さん一つポツンとサミシそうに居て、その前に塩袋が置いてあります。

 観音堂の前にも「食塩」と書いてある封が切ってない袋が置いて有ったので、ここは真言宗系統かな?。岩井寺・観音堂内、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 境内からは赤い山門が、木立の中で映えて見えます。

 観音堂内に入ると、正面の格子に「今滝寺」と同じような布切れが付いてます。

 安産祈願の場だしぃ・・遠江33観音霊場の最後の札所だしぃ・・と思い、無事結願の感謝の意も込めて、いつも尺八参拝している「手向」の他に「産安」も吹きました。

旧参道

 岩井寺・旧参道入口、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  岩井寺・旧参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文  岩井寺・旧参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
 観音堂へ上がる階段付近が、上がって来る時に見た「参道」のように思えたので行ってみました。岩井寺・旧参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 入口付近は草が茂ってますが歩けない事は無く、すぐに車道が下に見えます。

 けっこう枯れ草が溜まり、草も生えてますが道筋はわかり、あっさりと車道へ出ました。岩井寺・旧参道、自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 距離的にも車道を歩くよりも短いのですが、今の車時代では歩いて上がって来る人は少ないじゃろなぁ・・いや、ほとんど居ないかもしれない。自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文

 しかし、せっかくだから看板くらいは設置して、軽く落ち葉を掃除しておけば、σ(*_*)のような物好きが居て歩く人がいると思うのだが・・。

 以上で自転車で巡った「遠江33観音霊場」は全て終わり、菊川市へ向かって帰りました。

  自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文、目次へ    
           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「遠江33観音霊場」紀行文
         引き続き他霊場の紀行文等を御笑読ください。

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無