HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 1 チョイノリ


 「御蔵入33観音霊場」紀行文とチョイノリ     チョイノリ・野宿、「御蔵入33観音霊場」紀行文      遍照の響き
               「御蔵入三十三観音霊場」 地図
        巡礼日  2014.9.12     掲載日  2015.2.9


「チョイノリ」で田子倉湖へ

御蔵入33観音霊場へ出発

 家のカカアに、頼むから一人で「御蔵入33観音霊場」巡らせてくれと、必死に手を合わせて、ウソ泣きしながらお願いして、やっとお許しが出ました。チョイノリ・野宿、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 しかし・・なんで気を使いながらσ(*_*)がこんな事を、お願いしなきゃアカンのじゃろう。
 もっと自由に、どこへでも行けたら良いのになぁ。

 そんなこんなで朝8時半頃、ミニバイク「チョイノリ」に乗って家を出発。柿ノ木スノーシェード、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 走ってみると秋風が冷たく当たり、家でノホホンと過ごしている時と違って体感温度がだいぶ違う。

 あちゃあぁ〜・・やっぱり防寒衣のような物を持ってこれば良かったと思い、道の駅「越後川口」で一休みして服を着込みました。

 ここへ来るまで2つの峠越えをしましたが、なんとかトロトロ・・・と20kほどで越せました。大白川駅、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 入広瀬から「六十里越トンネル」までの峠越えは、「チョイノリ」を下りて引っ張って押し上げる事も・・と覚悟してましたが、やっぱり20kほどの速度でトロトロ・・と越せました。

 坂道で
「ええいぃぃ・・このコンジョナシが・・」と無理矢理アクセルをふかすと、ガブッてしまい、かえって速度が落ちるようです。「御蔵入33観音霊場」紀行文

 「越中一国観音霊場」巡りの際に「親不知」を通った時に、それで泣きました。

 坂道で速度が落ちて来たら、優しく
「いいんだよ無理しなくても・・」という風に、アクセルを下げると、「チョイノリ」も、その恩に応えようと反省・努力して必死に速度を維持しながら上がってくれるようです。
 末沢発電所付近、「御蔵入33観音霊場」紀行文  只見線、「御蔵入33観音霊場」紀行文  六十里越トンネル、「御蔵入33観音霊場」紀行文

田子倉湖と駅

 田子倉湖、「御蔵入33観音霊場」紀行文  田子倉湖・スノーシェード、「御蔵入33観音霊場」紀行文  田子倉湖、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 「六十里越トンネル」を出ると、すぐ眼下に「田子倉湖」が見え・・おぉぉぉ!!

 下り坂の途中に小汚い小屋のようなのが有り、それが「田子倉駅」で廃駅になってるらしい。

 この田子倉駅は、木造校舎をセッセッと撮ってるσ(*_*)と同じように、駅を趣味としているそのスジの人達にとっては憧れの駅らしいですなぁ。

 うん・・その気持ちは何となくわかる。
     田子倉湖駅、「御蔵入33観音霊場」紀行文     田子倉湖駅、「御蔵入33観音霊場」紀行文

田子倉ダム

 青空が出てますが天気予報では時々雨となっており、田子倉ダムの駐車場で一休みした時に山を見ると雨で煙っており、そのうちにザアッ〜・・と大降りの雨。
      田子倉ダム駐車場、「御蔵入33観音霊場」紀行文          田子倉ダム、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 ほとんど観光客が居ないので、身障者用トイレにバイクを入れて雨宿りし、ついでにオニギリを食べて昼飯にしました。

只見展示館

 田子倉ダムを出発したが、やっぱりまだ少し雨が残っており、振り返ると山の所に黒い雨雲がかかってます。

 「田子倉ダム」麓に有る「只見展示館」近くの売店へ逃げこむと、バイクが2台停まっていたので先客に挨拶をして少し話しました。只見展示館の売店と「チョイノリ」、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 
アンチャン「千葉から柏崎へ行く」
 
σ(*_*) 「柏崎なんて、何も無い所(観光的に)でっせぇ。」
 
     「そこしか宿が取れなかった」

 キセルを取り出してモクを吸うと、盛んに珍しがってくれます。

 さすがバイクに乗ってる人だけあって「チョイノリ」の事も知っており、峠越えでは馬力が無い事等の性能を言うと、これまた盛んに感心してくれました。

 ブログを持ってる・・と聞いてたので、これを書いてる時に一生懸命に探すと「赤い人のブログ」に、この時の事が掲載されており、盛んに「シブイ」を連発してくれてます。(^O^)
  「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ  「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
 会津   御蔵入(福島)   飛騨   越中   越後    信濃   遠江
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無