HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 2 打ち始め


 「御蔵入33観音霊場」紀行文     黒谷観音堂と尺八、「御蔵入33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             「御蔵入三十三観音霊場」 地図
      巡礼日  2014.9.12     掲載日  2015.2.10


打ち始めの観音堂楢戸観音堂・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

5番「楢戸観音堂」

 「楢戸」集落へ入り、どの辺かなぁ・・と、ゆっくり走りながら探して行くと道端に堂が有り、ちゃんと白杭の札所標識も立ってます。

 白杭が無かったら、見過ごしたかもしれんほど、周囲の民家に溶け込んでいました。
 「楢戸」集落、「御蔵入33観音霊場」紀行文  楢戸観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  楢戸観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 境内?には、良く似た堂がもう一つ有り、どっちが観音堂かな?

 アマノジャクなので、たぶん違ってるだろなぁ・・と思う、奥に有る堂へ、わざわざ先に行き、戸を開けてみるとスンナリ開きます。楢戸薬師堂?、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 正面の壇には、幕というのか・・風呂敷と言って良いのか・・で内部を隠してます。

 そおいう事をされると、ますます内部を拝見したくなるのが人情です。楢戸薬師堂?内部、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 
「すんまへん、ちょっと拝見させてもらいます。いえ・・写真は掲載しませんので・・」とブツブツ独りで言い訳しながら幕をまくると、いかにも古そうな小さい木造の仏さんが二体ありました。

 素朴な彫りで、何故かどちらも手の部分が破損しており、また寸法の取り方を間違ったのか、ずいぶん大きな頭巾を被せられてます。

 たぶん薬師如来では?・・と思うが、だれか知ってたら教えてね。
      楢戸観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文         楢戸観音堂・内部、「御蔵入33観音霊場」紀行文 
 観音堂の方へ行き、こちらの戸もすんなり開き、スリッパも用意してあります。

 ここはちゃんと何が奉ってあるのか幕がまくってあり、赤い布にも「観音・・」と書いてあります。楢戸観音堂・納札、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 壁には連名の納札が貼ってあり、ここの霊場は、こおいう風にするのが流儀なのだろか?。

 あっ・・はい・・σ(*_*)の持ってきた納札も、画鋲を借りて一緒に貼っておきました。

4番「黒谷観音堂」瀧泉寺黒谷観音堂・瀧泉寺・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 札所巡りの時は、地図に通る道筋を赤線で記してます。

 黒谷観音堂へ行く時、旧道へ入るのをウッカリ忘れちまい、そのまま国道を走って郵便局と派出所を見て、初めて国道を走ってるのに気づきました。

 郵便局前の細い道を行くと、すぐに札所が有りましたが、鐘楼が無かったら民家と間違う造りです。
      「御蔵入33観音霊場」紀行文         黒谷観音堂・瀧泉寺、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 無人の寺のようで、戸は開きませんでした。

 ちなみに、掲載している地図では「泉寺」となってますが「泉寺」が正しく、「黒観音堂」も「黒観音堂」が正しいよおです。

 えらい、すんまへん・・なんせもうトシなもんでして、いろいろと間違いもあろう事かと・・・・・しのごの・・。
 黒谷観音堂・瀧泉寺、「御蔵入33観音霊場」紀行文  黒谷観音堂・瀧泉寺・鐘楼、「御蔵入33観音霊場」紀行文  黒谷観音堂・瀧泉寺・境内、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ  「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
 会津   御蔵入(福島)  飛騨  越中   越後    信濃  
  遠江  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無