HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 8 りんご


 「御蔵入33観音霊場」紀行文     小野観音堂と尺八、「御蔵入33観音霊場」紀行文     遍照の響き
               「御蔵入三十三観音霊場」 地図
       巡礼日  2014.9.13       掲載日  2015.2.17


大内宿と湯野上温泉駅

大内宿

 市野峠から大内ダムまでの道は急坂で、ネットて見た自転車の人は、この坂道を上がるのはキツかったと思う。
大内ダム、「御蔵入33観音霊場」紀行文 大内ダム畔、「御蔵入33観音霊場」紀行文 大内ダムより「大内宿」を望む、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 大内ダムからは、遠くに「大内宿」が見えます。

 「大内宿」へ行く途中の坂道カーブには、「渋滞時には、どうのこうの・・」の注意看板が有り、観光時期になると「大内宿」の駐車場が満車になってこの坂道まで渋滞するのかもしれまへん。大内宿・薬水、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 途中に「薬水」の看板が有り、清水がチョロチョロ流れており、説明看板によると、桜木姫と言うネーチャンが、この水を飲んで元気になったらしい。

 「大内宿」は観光化されてるようなので、ホンマは通り過ぎようかと思ってましたが、道端に路上駐車している車の所から大内宿へ行けるようなので、せっかくなので寄ってみました。大内宿、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 いかにも人気の観光地らしく「大内宿」道路には観光客が一杯歩いてます。

 「大内宿」は、集落の全建物を茅葺き屋根にして、なるべく昔の面影を残すようにしたそうで、それはそれで観光地化に大成功したと思う。大内宿、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 でも・・悪い表現をすれば、ほとんどの家が土産屋・食堂になっており、失礼ながら「茅葺き造りの土産屋通り」・・という感じがして、あんまり情緒を感じない・・すんまへん。

 まぁ・・土産・食堂で生活しなければアカンので、仕方がないかもしれんが、ビンボー人のσ(*_*)には、一杯1000円のネギ蕎麦を食べる気はしない。

 たぶん昔の大内宿は、先程通った「市野宿」のように狭い道幅で静かだったと思う。
 大内宿、「御蔵入33観音霊場」紀行文  大内宿・観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  大内宿・街並み、「御蔵入33観音霊場」紀行文

10番「小野観音堂」

 小野観音・入口の坂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  小野観音付近よりの展望、「御蔵入33観音霊場」紀行文  小野観音付近の坂道、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 地図を見ると「小野観音堂」は山腹に有り、道は急坂だろなぁ・・と思っていましたが、想像以上の傾斜があります。小野観音・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 「チョイノリ」をダマシながら坂道を上がり続け、なんとか15kほどでトロトロ走り上がれました。

 10番札所「小野観音堂」は、なかなか古風な感じがします。

 山門には参拝ノートが置いてあり、今日は群馬から二人の女性が来たらしく「山のパワーをもらった」と書いてありました。
 小野観音・入口、「御蔵入33観音霊場」紀行文  小野観音・山門、「御蔵入33観音霊場」紀行文  小野観音・境内、「御蔵入33観音霊場」紀行文
小野観音・石仏、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 観音堂への階段上がり口に、三途の川で着物を剥ぎ取るオババの石像が有ります。

 顔のシワとか歯が欠けてる所まで、よぉ〜彫ってありますなぁ・・特に前歯が1本しかない所なんぞは、作者の優れた表現力だと思う。

  小野観音、「御蔵入33観音霊場」紀行文    小野観音・階段、「御蔵入33観音霊場」紀行文      小野観音・奉納額、「御蔵入33観音霊場」紀行文

湯野上温泉駅

 湯野上温泉駅の屋根は茅葺きになっており、駅マニアの人達には人気の駅らしい。湯野上温泉駅、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 待合室には囲炉裏が有って蓋がしてありましたが、ヒマつぶし用のマンガの本もドッサリと置いてあります。

 湯野上温泉駅の案内所で、付近に「日帰り湯」がないか尋ねると、地図をくれてすぐ近くのホテルにも有りました。湯野上温泉駅、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 教えられたホテルへ行き、入浴した後に旅の記憶を忘れないうちにポメラで書きたかったので、
「入浴後、1時間ほど玄関入口の椅子で休息して良いか」と聞いて了解を得ました。

 湯から上がると、オバハンが玄関では気が散るだろおから・・・と、だれも居ない大広間へ案内してくれ、それだけでなく、お茶とリンゴを皿に入れて持って来てくれます。湯野上温泉駅・待合室、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 
「すんませんねぇ、日帰り入浴だけなのにぃ」と言うと、オバハンが「自分は足が悪く、バイクに乗ってると足が疲れるだろおから、その気持ちがわかるので・・」と言います。

 玄関先に置いた「チョイノリ」を見たのでしょう。 ありがとうございました。
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ  「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響き、ホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無