HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 9 塔のへつり


 「御蔵入33観音霊場」紀行文     塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文     遍照の響き
                「御蔵入三十三観音霊場」 地図
          巡礼日  2014.9.14   掲載日  2015.2.18


「塔のへつり」とマムシ

駐車場へ

 廃校巡りをしてから阿賀川沿いの旧道を走り、ついでに有名所になってるらしい「塔のへつり」へ寄ってみました。

     
 「阿久戸」付近で、「ウオーク・イベント」が有るらしく、幟を立てたテントの中でオバハン達が食事の用意をしてます。

 そこのT字路で、どちらへ行けば良いのかわからんので、テントに戻ってオバハンに聞くと
「幟の有る方向へ行けば良い」と教えてくれ「塔のへつり駅」付近の駐車場に出ました。塔のへつり・吊り橋、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 そこの駐車場へ入らにゃアカンのかと思ったら、係のオトッツアンが、「行け・・行け・・」と道路の先へ誘導します。

 そのまま道を行くと売店が建ち並んでる所へ出て、どこへバイクを置けば良いのかわからんので、売店脇のジャマにならん隅っこに置いときました。塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 こおいう場合、車と違ってバイクは停める場所を、それほど気にしなくて良いので便利でんなぁ。

 正直言って「塔のへつり」とは何じゃ?・・と思っていたので、そこに有る案内看板を見て、やっとここはどんな場所なのかと理解した。塔のへつり・吊り橋、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 川沿いに有る崖の事を「へつり」と言うらしく、その崖がここの「ウリ」らしい。

 売店横の道を行くと「吊り橋」が見え、それなりに揺れ、吊り橋を渡った対岸には人が歩ける位の幅で崖が削ってあります。

虚空蔵尊

 塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文 塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文   塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 吊り橋の上部付近の崖にに洞穴が有り、格子が付けられた「虚空蔵尊」があります。塔のへつり・虚空蔵尊、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 その格子に大きな看板が掛かっており、剥げかかった緑のベンキで何か書いてありますが、学の無いσ(*_*)には、読んでも難しすぎて、作者は何を言わんとするのか、よぉ〜わからん。

 最後に何がどうなれば、そおいう結論になるのか、わからんが「握手しよう」と赤ペンキで書いてあり、この虚空蔵尊と、どおいう関係になるのか、最後までわからんかった。
 塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文  塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文  塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文

売店塔のへつり・売店のマムシ、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 駐車場へ戻る時に売店の前を通ると、生きてる「マムシ」がペットボトルに入っており、「マムシ酒」を作るためらしい。

 しかしマムシも、ジロジロ見られて恥ずかしいじゃろなぁ。

 そこを通る観光客に野菜肉をくれたり、味噌汁も飲ませてくれたので飲んでみると美味かった。

 何か買わないと悪いかなぁ・・と思って土産物を見てると「辛い味噌」が200円で売っており、それ位の値段ならばと思ったら500円だった。塔のへつり、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 まぁ・・お金を出したからには、買ったけれど・・・1パック200円となってたが、手に持って買ったのは3パックの大きさの物らしく、それならそうとシッカリと値段を書いておけば良いのにぃ・・。

 紅葉の季節に来ると、ここは見応えする場所だろおなぁ。
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ  「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ      遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無