HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 13 高 野


 「御蔵入33観音霊場」紀行文     高野観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文     遍照の響き
              「御蔵入三十三観音霊場」 地図
    巡礼日  2014.9.15     掲載日  2015.2.22


会津高田の高野観音堂と薬師寺

野宿会津高田の夜明け、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 野宿場所は予想通り静かで、たまに若いのが来たようだが、こちらには気づかなかったようです。

 実は昨夜、食事の買い出しに行った後で野宿場所に戻ってみると、夜間になるとトイレは閉まるよおです。会津高田・農産物直売所、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 今さら野宿地を探すのもメンドウなので、どうしてもトイレをしたい時には、近くに警察署が有ったので、そこで借りるつもりでした。

 朝、5時半頃に目を覚まし、荷物を片づけて会津田島駅へ行きトイレをして食事にしました。会津高田駅、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 駅前のベンチには、σ(*_*)のような小汚いジサマが二人座って話しており、何となくホームレスのような感じがするが、このような寒い所にも居るのだろうか?。

 σ(*_*)も隣に座ったら、仲間だと思われるじゃろなぁ・・たぶん・・。

17番「高野観音堂」

ジサマに札所を聞く

 17番札所「高野観音堂」は正確な場所がわからず、掲載している地図位置よりも、もっと川近くの付近だと思ってました。高野観音堂・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 この辺だがなぁ・・と思いながら旧道を走ってると神社が有り、行き過ぎたと思って引き返し、来る時に除草剤を捲いていたジサマが、まだ作業していたので聞いてみました。

 
「この辺で観音堂はないでしょうか? 薬師寺と言うのかもしれません。」

 
「薬師寺は、あそこを曲がって信号機を二つばかり行き・・どうの・こうの・・」と詳しく説明し始めたが、どうも昨日行った会津田島町内に有る「薬師寺」の事を言ってるようです。「丹藤」付近、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 
「あのぉ・・町中に有る「薬師寺」ではなく、「高野観音堂」と言うのかもしれません。」

 そしたらジサマが怒りだして
 
「あんたが薬師寺と言うから、そこを教えたので、いかにもワシがウソを教えたような感じになるじゃねぇかぁ。

 ここら辺で薬師寺と言えば、市内の寺の事を言うのだ。
 高野の観音堂は、そこを行くと神社が有り、その真向かいに有る。」


と、そこまで説明してくれれば、もう良いのだが、同じ事を鼻水垂らしながら、方言混じりで繰り返し何度も言うのには、まいった。

 その都度
「すんまへん」と謝り続け、適当な区切りが付きそうな所で素早く礼を言って逃げました。

 実はσ(*_*)が持って来たネットの資料には「高野観音堂(薬師寺)」となっていたので、この付近に薬師寺という寺が有り、その境内に高野観音堂が有るのかな・・と思っていましたが、どうも薬師寺は納経等をする「関係寺」らしい。

高野観音堂

 ジサマが言う先程の神社まで行ったが、真向かいには・・何も無く、タンボだけでっせぇ。
 高野観音堂付近の神社、「御蔵入33観音霊場」紀行文  神社より高野観音堂を見る、「御蔵入33観音霊場」紀行文  高野観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 付近に住宅も有るので外に出てる人が居たら尋ねようと思ったら、神社横を少し離れた所の高台に堂が有り、白い納札らしいのが貼ってあるのが見えたので行ってみると、それが札所「高野観音堂」でした。
高野観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  高野観音堂・灯篭、「御蔵入33観音霊場」紀行文  高野観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 石灯籠の火袋に四角や丸等の開口部が有りますが、その全てに新しい白い紙が貼ってあり、こおいうのは初めて見た。

 普通は紙なんか貼らずにそのままか、貼っても数カ所だけなのだが・・この辺の風習なんじゃろか?
 高野観音堂・奉納額、「御蔵入33観音霊場」紀行文     高野観音堂・馬のワラジ、「御蔵入33観音霊場」紀行文      高野観音堂・幕、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 御本尊さんは馬頭観音らしく、馬の奉納額と、丸い馬のワラジ(たぶん)が軒先に掛かっています。高野観音堂と尺八、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 堂の中を覗くと、これまた馬の絵を描いた布で本尊さんを隠してました。

 その奉納年月を見ると「昭和32年」となっており、そお言えばその頃はまだ馬は現役で荷馬車を引いてましたなぁ。
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無