HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 17 千羽鶴


  「御蔵入33観音霊場」紀行文       「塩ノ原泉光寺」観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文      遍照の響き
                「御蔵入三十三観音霊場」 地図
     巡礼日  2014.9.15       掲載日  2015.2.26


観音堂周りの細かい彫刻

22番「塩ノ原泉光寺」

 「御蔵入33観音霊場」紀行文  「御蔵入33観音霊場」紀行文  「御蔵入33観音霊場」紀行文
 川沿いを行き、白い花が咲いてる広い蕎麦畑を過ぎ・・・澄んだ静かな川を眺め・・・「チョイノリ」は快調に走ります。「御蔵入33観音霊場」紀行文

 でも・・あんまり快調に走り過ぎ、ボオッ〜・・と景色を眺めながら走ったもんだから、「内川」集落の国道401号線とぶつかるT字路の看板を見て、あちゃあぁ〜・・・やっちまった。「塩ノ原泉光寺」観音堂・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 札所の有る「塩ノ原」集落を通り過ぎちまった事に気が付き、泣きながら5kmほど戻りました。

 「塩ノ原」集落での札所「泉光寺」は、すぐにわかり階段を上がった所に有る本堂が札所かな?・・と思い、写真撮影するため横へ移動すると堂が見えます。

 そおするってぇとぉ・・あれが観音堂かな?と確認しに行くと「地蔵堂」でした。
      「塩ノ原泉光寺」入口、「御蔵入33観音霊場」紀行文         「塩ノ原泉光寺」本堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文

観音堂

場所

 「塩ノ原泉光寺」観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  「塩ノ原泉光寺」観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  「塩ノ原泉光寺」観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 そこでふと見ると、本堂の裏に当たる高台にも堂らしい物が木立に隠れてチラッと見えます。「塩ノ原泉光寺」観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 行ってみるとそこが観音堂で、しっかり
「御蔵入三十三観音札所 第二十二番 (ちっこい字で)塩の原 (大きい字で)泉光寺」と看板が掛かってました。

 ふっふっふっ・・観音堂、おぬしもワルよのぅ・・・こんな所に隠れておって・・・「塩ノ原泉光寺」観音堂・境内、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 この場所は、人に聞くか説明看板でも作っておいてくれないと、たぶん初めての人は本堂裏に観音堂が有るなんて思わないから探さないと思う。

 言っちゃあぁ失礼だが、札所巡りをしている人の中でも納経帳作製が目的で、本堂で参拝すれば、それで良しとして、トットと帰る人が多いのではないかなぁ。

 いえ・・別にそれでも構わんのだけどね・・・人それぞれの信心・趣向なのだから・・

 でも、せっかく「札所巡り」をしているのならば、寺境内を一周するのも趣が有り、何か珍しい発見をする事が有りまっせぇ。

奉納飾り

       「塩ノ原泉光寺」観音堂・千羽鶴、「御蔵入33観音霊場」紀行文        「塩ノ原泉光寺」観音堂・花飾り、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 観音堂の正面には千羽鶴が一杯ゴッテリと、これでもか・・と言う位に飾ってあり、それでも場所が足りず堂横まで続いてます。

 それと共に丸い紙に、色とりどりの花模様の折り紙も飾ってあり、これは初めて見たなぁ。

 花模様の折り紙は、ここら付近の隠れた風習なのでしょうか? だれか知ってたら教えてね。

彫刻「塩ノ原泉光寺」観音堂・彫刻、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 丸い花模様紙細工の上を、ふと見ると鴨居の所に、チッコイ人形のような物が置いてあります。

 そりゃあぁ〜・・これだけ千羽鶴やら花紙細工を奉納してあるのだから、ついでに家に有る、いらなくなったマスコット人形でも載せておいたのだろう・・と軽く思いました。「塩ノ原泉光寺」観音堂・彫刻、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 しかし、良く見ると木造品で、しかも色が剥げて、かなり古そう。

 あらためて鴨居の周囲を見ると、正面にも人形がたくさん飾ってあり、堂周囲をグルッと確認すると、囲碁してるらしいのやら、何やらかんやら・・と、全周に有りました。

 へえぇぇ・・・芸が細かいでなぁ。
          「塩ノ原泉光寺」観音堂・彫刻、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 これを書いてる時に観音堂や彫刻は、いつ頃の作か等をネットで調べましたが、探し方が悪いのか、観音堂自体の紹介も見つけれません。

 惜しいなぁ・・堂にこれだけ細かい彫刻してあるのは珍しく、もっと宣伝すれば良いのにぃ。

 この「塩ノ原泉光寺」観音堂の彫刻は、御蔵入三十三観音の中でも歴史を感じさせる見所の一つだと思います。
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無