HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 18 石灯籠


 「御蔵入33観音霊場」紀行文     善導寺・萩、「御蔵入33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             「御蔵入三十三観音霊場」 地図
     巡礼日  2014.9.15      掲載日  2015.2.27


「うえんでの桜」と石灯篭「御蔵入33観音霊場」紀行文

23番「小塩観音堂」

 「小塩」集落の外れまで来ましたが、「小塩観音堂」らしい建物は見当たりまへん。小塩観音堂・栄耀堂・照国寺・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 道端で話しているトッツアンに聞くと、通り過ぎたようで、教えられた農道を行くと堂らしい物が高台に有り、付近で畑をやってるオバハンにも聞いて確認しました。

 この札所は、旧道を走ってるだけでは観音堂の建物が見えまへん。

 帰る時にわかったのですが、「うえんでの桜」という標識杭が有る道を行けば、すんなり来ます。
    「うえんでの桜」入口、「御蔵入33観音霊場」紀行文         「うえんでの桜」薬師堂と観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文

薬師堂と観音堂

 「うえんでの桜」薬師堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  薬師堂より観音堂を見る、「御蔵入33観音霊場」紀行文  「うえんでの桜」観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 高台には堂が二つ有り、上がった正面の堂に納札が貼ってあるので観音堂だと思いましたが、念のためにもう一つの堂へも行ってみました。「うえんでの桜」観音堂・スタンプ、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 戸が簡単に開き、賽銭箱の横に御蔵入33観音のハンコが置いてあり、ここが札所「小塩観音堂」だと思いましたが、今までの札所にもハンコが有ったのかな?。

 それでも疑い深い性質なモンで、ホンマに観音堂かな?・・と思って、本尊さんの前に布キレが一杯掛かっているのを、「失礼します」と言いながら、布をまくって確認すると金色の座り座像でした。「うえんでの桜」観音堂内部、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 それにしても、ここの「御蔵入33観音霊場」は、余りにも本尊さんが霊験あらたかでモッタイナいので、直接見えないように布で隠すのが流儀なんじゃろか?

 このように布で隠している霊場は、各地をウロついたが、あんまり見た事が無いように思う。

 グルッと堂内を見渡し、壁に「観音堂天井修理」と寄付者名が書いてあったので、よおしぃぃ・・ここは観音堂に間違いない。

うえんでの桜

 参拝が終わって尺八の手入れをしながら「うえんでの桜」を眺めると、ボッキリと枝が折れてます。「うえんでの桜」、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 高台の麓に設置されていた説明看板には、見事な桜だと書いてあったが、これだけ折れてるともう回復は難しいかもしれない。

石灯篭

 ふと石灯籠が有るのに気付き、そおいえばトッツアンに場所を聞いた時に「石灯籠が有る方が観音堂だ」と言ってたのを思い出しました。

 その時は石灯籠なんて、どこにでも有るんじゃないの?・・と思って、深く気にも留めてなかったが、まさかここに二つの堂が有ると思わなかったからなぁ。

 始めての人は良く似た二つの堂があるので、どちらが札所の堂かと迷うと思いますが、石灯篭が有る所の堂が観音堂です。

24番「栄耀堂」善導寺

 善導寺・入口、「御蔵入33観音霊場」紀行文  善導寺・六地蔵、「御蔵入33観音霊場」紀行文  善導寺本堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 24番「善導寺」はすぐにわかり、入口の六地蔵に赤い頬被りがしてあるのが微笑ましい。善導寺・栄耀堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 ここも、ひょっとしたら観音堂をどこかに隠してあるのでは・・と思って、本堂の横へ行ってみると車道の中間付近より階段が有り、高台の所にチラッと堂らしい屋根が見えました。善導寺・栄耀堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文

  おおぉぉ・・やっぱしなぁ・・今までの寺の札所は大丈夫だったんだろか?・・心配になる。

 観音堂を示す簡単な立札・標識を設置してくれれば良いのだが・・。
 善導寺・栄耀堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文    善導寺・栄耀堂と尺八、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無