HOMEへ > 「御蔵入三十三観音霊場」目次 > 22 雨上がり


 「御蔵入33観音霊場」紀行文     下山観音堂よりの風景、「御蔵入33観音霊場」紀行文    遍照の響き
          「御蔵入三十三観音霊場」 地図
    巡礼日  2014.9.16    掲載日  2015.3. 4


雨上がりの札所探しと地図富山観音堂・下山観音堂の地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

32番「下山観音堂」

 雨上がりの濡れた舗装道路を走り「下山」集落に入りましたが、この「下山観音堂」も場所が不確かでした。

 御蔵入33観音霊場は、ネットで地図を調べても札所位置が、他霊場よりもハッキリしない所が多く、これが「御蔵入33観音霊場」の特徴だと言えば、そおかもしれません。

 そのように感じたので、当HPで可能な限り国土地理院地図に札所位置の印(
青丸)をつけましたので、後に続く巡礼者の方々は参考にしてください。
 下山観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  下山観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  下山観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 トロトロと走って探してると、橋近くの道端に大きな木が生えており、こおいう場所にはたいてい堂等が有るもんです。

 それでも白杭の標識が無かったら見落としてたかもしれない。
      下山観音堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文        下山観音堂と尺八、「御蔵入33観音霊場」紀行文

33番「泉光堂」泉光堂・地図、「御蔵入33観音霊場」紀行文

 この33番「泉光堂」の場所も、よぉ〜わかりまへんでした。

 地図には郵便局近くに寺の印が有るので、そこが札所かもしれないと思って走ってる途中、郵便局近くの畑にバサマが居たので聞いてみました。

 
「ここから、もう少し行くと店がある(店の名前は忘れた)。泉光堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 そこら付近から真っ直ぐな道が山に向かっており観音堂がある。」

と方言混じりで教えてくれます。

 そのまま県道を行ってみると・・うん・・とにかく何かの店が有った・・が・・山へ行く道が無い。
 泉光堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  泉光堂、「御蔵入33観音霊場」紀行文  泉光堂・境内、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 もう少し県道を行くと山方向への道が有り、これかなと思って行ってみると、遠くに墓場と一緒に堂が見え「泉光堂」でした。

 「御蔵入33観音霊場」最後の33番札所にしては、思ったより大きい堂ではなく、今までより少し気持ちだけ大きくした堂で、特に何かの特徴が有るわけではない。
 泉光堂・参道より、「御蔵入33観音霊場」紀行文   泉光堂・奉納額、「御蔵入33観音霊場」紀行文    泉光堂と尺八、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 堂の正面へ行くと、先程の県道から真っ直ぐな参道が通じており、バサマが言ってたのは、この道の事だったのかぁ。
 泉光堂・参道、「御蔵入33観音霊場」紀行文  泉光堂・参道入口、「御蔵入33観音霊場」紀行文  泉光堂・県道より参道、「御蔵入33観音霊場」紀行文
 帰りに県道を通ってみると、入口はやっぱりわかりにくい。

 この札所は地図に寺印の記載がなく、すぐ近くに神社の屋根が見えたので、初めての人は神社を目当てに来た方が良いかもしれません。
 「御蔵入33観音霊場」紀行文、前へ 「御蔵入33観音霊場」紀行文、目次へ  「御蔵入33観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
  「御蔵入33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無