HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 1 顕鏡寺


 「津久井33観音霊場」紀行文    顕鏡寺と尺八、「津久井33観音霊場」紀行文   遍照の響き
              津久井33観音 地図
    巡礼日 2014.11.14       掲載日 2015. 4.27


相模湖町の「顕鏡寺」と「道志岩窟」顕鏡寺へ、「津久井33観音霊場」紀行文

駐車場

 「津久井33観音霊場」初日、「相模湖町」へ来てみると山の中だとは思っていたが、想像以上に道がアップ・ダウンしており、こりゃあぁ~・・明日からの自転車巡礼はキツイなぁ。

 14番札所「顕鏡寺」駐車場へは車で来ましたが、そこへ来るまでも急坂で、ここへ自転車で来なくて良かった。顕鏡寺駐車場、「津久井33観音霊場」紀行文

 ネットに書いてあったように病院の側に駐車場が有り、出発準備をしていると登山客が下りて来ました。

 挨拶して顕鏡寺までの時間を聞くと、約30分位と言い往復1時間かぁ。

 ついでに登山口を聞くと、駐車場と病院の間に有る道でした。

参道

 行ってみると「顕鏡寺」への看板が有り登山口もわかりやすい。
 顕鏡寺・参道、「津久井33観音霊場」紀行文     顕鏡寺・参道、「津久井33観音霊場」紀行文      顕鏡寺・参道・屏風岩、「津久井33観音霊場」紀行文
 橋が壊れたらしく直しているのを挨拶しながら通り、石畳の道を上がり、それが続いてるのかと思ったら、やがて山道になりました。顕鏡寺・参道、「津久井33観音霊場」紀行文

 上るのは「キツイ」と聞いてたが、σ(*_*)らにしてみれば汗はかいたけれど、それほどでも無く普通の山道でした。

 途中に岩の説明が所々あります。

 「滝不動」という看板が有り、水は流れてなく、たぶん滝だったろうと思われる所に岩の隙間が有り、こおいう所には何かオモロイモンが有るかもしれん・・と思って覗いてみたら石仏が一つポツンと置いてあります。

 「駒立岩」という大きい岩が有り、岩上には馬の蹄跡が有ると看板に書いてあったが、ホンマか?と思い確かめたかったが、時間が無いので上がらなかった。
        顕鏡寺・参道、「津久井33観音霊場」紀行文        顕鏡寺・参道、「津久井33観音霊場」紀行文

14番「顕鏡寺」

 階段を上がると寺への車道が有り、麓の駐車場から15分ほどで「顕鏡寺」境内に着きました。
    顕鏡寺入口、「津久井33観音霊場」紀行文        顕鏡寺・蛇木杉、「津久井33観音霊場」紀行文
 「蛇木杉」の看板が有り、蛇の形しているのかと探したが、よぉ~わからん。

 山門へ行く途中に、蛇のように杉の根がウネウネと横たわっており、これかな? なるほどねぇ。
    顕鏡寺、「津久井33観音霊場」紀行文        顕鏡寺より相模湖町の展望、「津久井33観音霊場」紀行文
 境内からは、明日より巡る相模湖町がバア~ァンと見渡せます。

 本堂の戸が開くかな・・と思ったが、ぴっちり閉まってた。

道志岩窟

 参拝を終え、「顕鏡寺」境内の山側にプロックで囲んだ小屋のような物があります。顕鏡寺・道志岩窟、「津久井33観音霊場」紀行文
 浅い洞窟の「道志岩窟」ですが、ブロックで保護しているのが、ちと情緒に欠ける。

 ここで参拝した方が良かったかもしれんが、もう一度、尺八を出すのが面倒なので吹かなかった。

 中に入ってみると「霊水?」らしいのが有り、内部を撮影したときにフラッシュの光でわかったから良いが、知らないでウロついてたら、その水溜まりに落ちてたかもしれん。顕鏡寺・道志岩窟・入口、「津久井33観音霊場」紀行文

 この「道志岩窟」の云われを調べて見ると、平安時代にエライ人と姫さんが駆け落ちして、ここで住んだという、カワイソーな伝説が有りました。

 少し離れた所には、今は見捨てられたような古い堂が有り、そちらの方に千社札が一杯貼ってあり、こっちの方が札所だったのだろか?

 合格しますように・・という古い絵馬もたくさん掛かってました。

 顕鏡寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文  顕鏡寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文  顕鏡寺・蓮華岩、「津久井33観音霊場」紀行文
 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ   「津久井33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響き、ホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無