HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 5 ひかげさん


 「津久井33観音霊場」紀行文    増珠寺、「津久井33観音霊場」紀行文    遍照の響き
             津久井33観音 地図
       巡礼日 2014.11.15     掲載日 2015. 6. 2


福王寺と「ひかげさん」「津久井33観音霊場」紀行文

「日野」へ

 「椚戸」集落で、たぶんこの道で良いと思ったが、高速道路の下を通る感じです。

 ちょうど子供とサッカーをやってたトッツアンが居たので「日野」へ行く近道を尋ねると、子供やら奥さんが何が有るのかと思ってワラワラと寄って来ました。「中原」付近、「津久井33観音霊場」紀行文

 国道20号線に出て「藤野」のラーメン屋近くを上がって行くと教えてくれましたが、それじゃ遠回りになる。

 たぶん、わかりやすい道を教えてくれたのだろうけれど・・礼を言って別れました。「日野」への道、「津久井33観音霊場」紀行文

 途中で、たぶんこの道を行けば「日野」へ行くのでは・・と思った所も有りましたが、教えられた通りに一度国道へ出てみました。

 郵便局が有り、地図を見ると、やはり先程の「日野へ行くのでは・・」と迷った道が正解のよおで、細い道から再びその道へ上がりました。

 ちょうどジサマが散歩しており、道を尋ねると正解でした。

22番「藤野観音堂」・23番「福王寺」

 福王寺の看板電柱、「津久井33観音霊場」紀行文    福王寺入口、「津久井33観音霊場」紀行文    福王寺境内、「津久井33観音霊場」紀行文
 「日野」集落の坂道を、自転車で押し歩きしていると、電柱に「福王寺」の看板があり、そこから横道の細い坂道を上がるようなので、自転車をそこに置きました。福王寺観音堂、「津久井33観音霊場」紀行文

 「福王寺」は、寺というよりも人家のような感じの造りで、その玄関先で尺八を吹くのもなぁ・・

 ふと庭先の奥に小さな堂が見えたので行ってみると御詠歌も書いてあり、そこが観音堂でした。福王寺境内、「津久井33観音霊場」紀行文

 良かったなぁ・・あやうく玄関のような所で参拝する所だったでぇ。

 しかし、ここの観音堂もシッカリと戸が閉まっており、無理矢理にサッシの隙間から賽銭と納札を入れました。

山登り

 自転車の所まで戻ると、ちょうどトッツアンが歩いてきます。
 この「福王寺」付近は、山登りなのかリュックを担いだ人が良く歩いてます。福王寺付近のトッツアン、「津久井33観音霊場」紀行文

 挨拶して追い抜いたが、トンネル手前付近で追い付かれたので少し話をしました。

 
「ひかげさん(と聞こえた)」へ行って来た。
 この沢井トンネルへ来る坂道で、たいていの人はヘタバル。」

 これを書いてる時に「ひかげさん」とは、どこか?と思い調べたが、わからず、どおやら「日影」という地名の所から、城山方面の山を歩いて来たらしい。
 沢井トンネル、「津久井33観音霊場」紀行文  国道20号線、「津久井33観音霊場」紀行文  国道沿いの歩道、「津久井33観音霊場」紀行文
 トンネル内で二人並んで歩くのは危ないので、気を使ってくれて先へ行くように譲ってくれました。

 「藤野駅」前を通り、そこからの国道には一応歩道も有りました。

25番「増珠寺」

    増珠寺、「津久井33観音霊場」紀行文            増珠寺、「津久井33観音霊場」紀行文
 25番札所「増珠寺」は細い道を上がるようなので、ここでも自転車を置いて上がり、ここの寺も戸が開かない。

 「増珠寺」の国道脇に「力士追手風喜太郎」看板が有り、寛政時代の力士で、この付近出身らしい。

 夕暮れも近づいて来たので、あとは帰り道に寄れるだけの札所をやって行く事にしました。
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ 「津久井33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響き、ホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


無 無