HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 6 相模川


 「津久井33観音霊場」紀行文    日蓮大橋より相模川、「津久井33観音霊場」紀行文    遍照の響き
                津久井33観音 地図
      巡礼日 2014.11.15     掲載日 2015. 6. 3


日蓮橋の子猿橋と青蓮寺

子猿橋

日蓮大橋、「津久井33観音霊場」紀行文  「津久井33観音霊場」紀行文 日蓮橋より子猿橋を望む、「津久井33観音霊場」紀行文
 「日連大橋」を渡った所からも坂道でした。相模湖、「津久井33観音霊場」紀行文

 県道520号線の「日蓮橋」に、
「子猿橋はこのあたり?」と書いてあるので、読んでみると江戸時代にその付近に有った橋だそうな。

 そおだろなぁ・・相模湖が出来たので当時の旧道・村落も大部失われたと思う。

 それにしても、この付近は「日蓮橋」等の名前が付いており、日蓮さんがどおかした土地なんだろおか?

26番「青蓮寺」

      青蓮寺、「津久井33観音霊場」紀行文       青蓮寺入口、「津久井33観音霊場」紀行文
 夕日射す中を「青蓮寺」へ寄り、これをやっておけば相模湖の北西部分は、だいたい終わります。青蓮寺、「津久井33観音霊場」紀行文

 「青蓮寺」境内にチッコイ堂が有り、龍の彫り物が良い。

 その堂には千社札がたくさん貼ってあり、ここが観音堂かと思ったが、中を覗くと護摩のシカケがしてあります。

 ちょうど寺の隣に有る家へ、人が出入りしたので
「観音さんは、どちらに居るのか?」と尋ねると「知らない。」と言い、寺の人ではないらしく、ここは無人寺だと言います。

 本堂には御詠歌の額が飾ってありますが、護摩堂?で参拝しました。
 青蓮寺・護摩堂、「津久井33観音霊場」紀行文  青蓮寺、「津久井33観音霊場」紀行文  青蓮寺境内、「津久井33観音霊場」紀行文

帰途勝瀬橋、「津久井33観音霊場」紀行文

 ここから朝出発した「津久井又野公園」まで帰るのが、長くキツかった。

 国道20号線は歩道が無く、車がすぐ側を通り、交通量も多くオトロシかった。

 24番札所をやらなくてよかったなぁ。

 国道20号線、「津久井33観音霊場」紀行文  相模湖大橋、「津久井33観音霊場」紀行文  「津久井33観音霊場」紀行文
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ 「津久井33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無