HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 10 ご褒美


 「津久井33観音霊場」紀行文   やや紅葉の相模湖、「津久井33観音霊場」紀行文     遍照の響き
               津久井33観音 地図
     巡礼日 2014.11.16     掲載日 2015. 6.17


紅葉のご褒美

32番「光明禅寺」

 光明禅寺、「津久井33観音霊場」紀行文  光明禅寺、「津久井33観音霊場」紀行文  光明禅寺・渡り廊下、「津久井33観音霊場」紀行文
 札所「光明禅寺」は、道路からその構えを見ると大きい寺だと思ったが、上がってみると、それほど大きい寺でもなかった。

 戸は開かず、参拝後に本堂脇に腰掛けて一服し、太鼓橋のような渡り廊下の向こうに庭が見えたので、庭を拝見したかったが止めといた。

31番「安養寺」

      「津久井33観音霊場」紀行文         「津久井33観音霊場」紀行文
 次ぎの札所「安養寺」へは、「光明禅寺」近くに有る「自治会館」脇の旧道らしい道を通って、国道412号線に出ました。

 「青山」のT字路交差点の所に札所の看板があり、ボオッ~・・としてたので、あやうく見逃すところだった。
 安養寺・「青山」信号機、「津久井33観音霊場」紀行文  安養寺参道、「津久井33観音霊場」紀行文  安養寺・参道階段、「津久井33観音霊場」紀行文
 自転車を国道沿いの「安養寺」門柱脇に止めたが、側の駐車場にはロープが張ってあります。

 この交差点の交通量が多い所なので車の人は、どこに止めれば良いのじゃろ?・・と心配する。
      安養寺、「津久井33観音霊場」紀行文          安養寺と尺八、「津久井33観音霊場」紀行文
 階段を上がると交差点の騒がしさも無く、境内は凛とした雰囲気が漂っており大きい堂が建ってました。

 「安養寺」周囲は、ガラス戸になっており、なんとか開かないかと思ったが、アカンかった。

11番「長成寺」

  長成寺、「津久井33観音霊場」紀行文   長成寺、「津久井33観音霊場」紀行文   長成寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文
 「長成寺」は建物が新しいので、戸は開かないだろなぁ・・と思ったがスゥッ~と開きました。

 久々に堂内で参拝しましたが、やっぱり堂内は響きが良いでんなぁ。

 前庭は石組がしてあり、これが白砂だったら良いのだが、普通の砂利石です。

 惜しいなぁ・・金がかかるかもしれんが、一部だけでも囲って白砂にすれば良いのに。

35番「実相寺」

        「津久井33観音霊場」紀行文          実相院、「津久井33観音霊場」紀行文
 次ぎの札所「圓蔵寺」へ行く途中に、「35番 実相院」が有ります。

 雰囲気的には、こおいう堂は好きなので参拝したかったが、もうすぐ夕暮れで時間が無く、ヤンピして写真だけ撮りました。

10番「圓蔵寺」

 圓蔵寺・入口、「津久井33観音霊場」紀行文  圓蔵寺、「津久井33観音霊場」紀行文  圓蔵寺・ベンチ、「津久井33観音霊場」紀行文
 ところが、この近くに有るはずの札所「圓蔵寺」へ入る道がわからず、途中でトッツアンに聞きました。

 「圓蔵寺」は無人寺のようで、シッカリ戸締まりしてあります。圓蔵寺・紅葉の相模湖、「津久井33観音霊場」紀行文

 寺の後ろへ回ってみると、そこからはやや紅葉が始まった相模湖と橋がキレイに見えました(一番上の写真)。

 あんまり寺の裏まで行く人は居ないと思うが、人が行かない所へ行くと、こおいう見つけ物に巡り会う事が有ります。

 ここで見た紅葉景色は、今日のご褒美かな。
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ  「津久井33観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


無 無