HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 11 正覚寺


 「津久井33観音霊場」紀行文    正覚寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文    遍照の響き
                津久井33観音 地図
        巡礼日 2014.11.16    掲載日 2015. 6.19


夕暮れの札所・正覚寺

13番「宝珠庵」・15番「正覚寺」「又野」付近、「津久井33観音霊場」紀行文

 「津久井又野公園」に戻り、時間が中途半端なので13番札所「宝珠庵」と一緒になっている・15番「正覚寺」を車でやることにしました。

 もう夕暮れで暗くなり始めており、車線反対方向に札所寺が有るので、行き過ぎてUターンした。

 「正覚寺」境内には参拝客がおらず、寺の人がポツンと一人で境内を掃除しており、
「高台に有るのが札所の観音堂か?」と聞くと、「あれは釣り鐘堂で、観音さんは本堂に降ろしてある。」と言います。
  正覚寺入口、「津久井33観音霊場」紀行文     正覚寺・五色つばき、「津久井33観音霊場」紀行文     正覚寺・散りつばき、「津久井33観音霊場」紀行文
 けっこう広い境内で、
「五色つばき」「散りつばき」の看板が立っていたが、季節では無いので花が咲いて無く、葉っぱだけ見ると・・どう見ても普通の椿だわなぁ。

 尺八を吹いて参拝していると、アホなバイクが国道を走り回っておりウルサかった。
 どこにでも居るんですなぁ・・アホは・・。
 正覚寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文  正覚寺・宝珠庵、「津久井33観音霊場」紀行文  正覚寺・俳句短冊入れ、「津久井33観音霊場」紀行文
 本堂の「濡れ縁」の所に白い箱が置いてあり、何か?と思って見ると「奉納 俳句短冊」と書いてあり、ここは俳句をする寺らしく、横の衝立板に二首の短冊が貼り付けてありました。

 で・・賽銭箱が置いて無かったので、この中に賽銭と納札を入れときましたが、アカンかったかな?。

蛙と木洞地蔵尊正覚寺・蛙、「津久井33観音霊場」紀行文

 正覚寺の裏へ回ってみると、「楓の木に呑み込まれた石造「蝦かえる」」の看板が有ります。

 確かに木の中に石造りの蛙がいたが、呑み込まれた・・というよりも・・単に置いてある・・の方が正しいような気がする。

 さらに行くと
「木洞地蔵尊」の看板が有り、地蔵さんが有ったと思われる木の受口には何も無い。正覚寺・木洞地蔵尊、「津久井33観音霊場」紀行文

 どこかへ出張されたのか、それともあのユスリ・タカリの隣国のドロボーが盗んで行ったのか・・と思って、ふと上を見ると木の切り口に石仏が置いてありました。

 なあぁ~んだぁ~・・・こんな所に隠れて居たのか・・・しかし、何が悲しくてそんな場所で、イジケてるんじゃろぅ。

 やっぱり、隣国のドロボーにカッパラワレないように、自ら避難されたのだろなぁ。

 裏庭の方に
「十八羅漢」の説明が有ったが、もう夕暮れも終わり暗くなり始めていたので行きませんでした。

    正覚寺・十八羅漢、「津久井33観音霊場」紀行文         正覚寺・裏庭、「津久井33観音霊場」紀行文
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ  「津久井33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無