HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 12 三 井


 「津久井33観音霊場」紀行文     「三井」付近の景色、「津久井33観音霊場」紀行文   遍照の響き
                  津久井33観音 地図
      巡礼日 2014.11.17         掲載日 2015. 6.21


津久井又野公園とカーナビ

津久井又野公園

 曇り時々雨となっていたが、良い天気です。

 「津久井又野公園」の土・日曜は、テニス場に人が一杯居てテニスをしていたが、平日では、さすがにだれも来ない。津久井又野公園、「津久井33観音霊場」紀行文

 朝の散歩のジサマ・バサマだけは多く、いつもと変わらんかったが・・。

 日程の都合で、津久井に居るのは今日で最後なので、残りの札所巡りは車でやることにしました。

 距離的には短いが、この津久井33観音霊場を3日間で自転車で巡るのは無理だということが、よぉ~わかりました。

名手橋

     名手橋、「津久井33観音霊場」紀行文       津久井湖、「津久井33観音霊場」紀行文
 「名手橋」は吊り橋になっており、ここが津久井湖と相模川の堺になってるらしい。

 よぉ~知らなかったが、上流から相模湖・相模川・津久井湖の順になってるらしいですなぁ。

7番「三井寺」

 「名手」集落、「津久井33観音霊場」紀行文  「津久井33観音霊場」紀行文  「津久井33観音霊場」紀行文
 「名手」集落からは急坂で細い道となり・・・やっぱりアップダウンが激しく、自転車で来なくてホンマに良かった。「三井」付近、「津久井33観音霊場」紀行文

 車幅制限の所も有り、札所「三井寺」の門柱付近では、車の切り替えしが出来ず、先の所でまで行きUターンして引き返すほどの細い道でした。

 札所「三井寺」は、現代的コンクリ造りのガラス戸で囲まれた開放的な建物であり、知らない人が見たら、どこかの保養所ロビーかと思うかもしれない。
 三井寺・入口、「津久井33観音霊場」紀行文    三井寺、「津久井33観音霊場」紀行文    三井寺、「津久井33観音霊場」紀行文
 しかしガラス戸から内をみると、しっかり寺の仏具等があり、やっぱり保養所では有りまへんなぁ。

 戸は閉まっており、開かなかった。

5番「久保澤観音堂」

カーナビ

 城山町の交差点で道を間違え、学校近くで車を止めてカーナビを見直しました。

 実は「カーナビ」なんてハイカラな物は今まで持っておらず、地図帳だけを頼りにしてましたが、子供からカーナビの良さを聞いたので、今回の巡礼で借りたのです。久保澤観音堂、「津久井33観音霊場」紀行文

 使ってみると良いでんなぁ・・なんちゅうても現在地がすぐにわかるのが、もんのすごく良い。

 今までは推測走行をやってたので現在地の把握が難しく、横に乗っているナビゲータ役の越後屋と、よぉ~ケンカしてましたが、今回はケンカが少なかった。

 はい、巡礼が終わった時に、さっそくネット通販で「カーナビ」を買いました。

久保澤観音堂

 話しを戻して・・この付近から「久保澤観音堂」へ行けると思い、細い道に入った先に赤い幟が立ってるのが見え、あんな幟が立つのは寺関係だけなので行ってみると、やっぱり札所「久保澤観音堂」でした。
 久保澤観音堂・階段、「津久井33観音霊場」紀行文  久保澤観音堂、「津久井33観音霊場」紀行文  久保澤観音堂・境内、「津久井33観音霊場」紀行文
 入口扉に観音堂の説明の貼り紙がして有り、読んでみると「百体観音」の石仏がこの札所の「ウリ」のようです。

 もっとも境内を見渡しても、石仏は半ば埋もれてたり欠けたりしているようだが・・

6番「宝泉寺」

  宝泉寺、「津久井33観音霊場」紀行文   宝泉寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文    宝泉寺・烏天狗、「津久井33観音霊場」紀行文
 札所「宝泉寺」は、大きい新しい寺で道路側には墓がズラッと並び、本堂へ行ってみるとカラス天狗が入口の両脇に立っています。宝泉寺・石灯籠、「津久井33観音霊場」紀行文

 どうかな?・・と思いながら堂の戸を動かすと開き、「津久井33観音霊場」では新しく作った寺は、戸が開くようですなぁ。

 堂内に入って尺八を吹いて参拝すると、思った以上に響きが良かったので、「阿字観」「産安」を吹いて、その余韻を楽しみました。

 人に聞かせるためではなく、自分のために吹く「吹禅」とは、このようなもんだろなぁ。宝泉寺・猫、「津久井33観音霊場」紀行文

 堂を出ると階段の柱付近で寝ていた猫が、入った時のまんまの姿で居ます・・平和じゃのう。

 普通ならばたいていσ(*_*)の姿を見ると猫は、逃げるのだが・・

 車の所へ戻る時に、寺の奥さんが外仕事をしており
「(吹いてたのは)尺八ですか?」と聞きかれ、「一人で聞くのがもったいなく、もっと大勢の人が聞ければ良かったのにぃ。」と言ってくれます。

 へっへっへっ・・・、こんな風に誉められると、正直もんのすごく嬉しいでんなぁ。!(^^)!
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ 「津久井33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


ブログ  無

受験