HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 14 かまきり


 「津久井33観音霊場」紀行文    長昌寺・かまきり、「津久井33観音霊場」紀行文   遍照の響き
                    津久井33観音 地図
     巡礼日 2014.11.17       掲載日 2015. 6.23


晩秋の「カマキリ」

29番「長昌寺」

 「津久井33観音霊場」紀行文  晩秋、「津久井33観音霊場」紀行文  観音沢橋、「津久井33観音霊場」紀行文
 この札所「長昌寺」も「音久和」集落まで行き、札所を過ぎちまったのに気付きました。

 引き返してみると、来る時には気付かなかった「青根」付近で旧道らしい分かれ道が有ったので行くと「長昌寺」寺が有りました。

 地図には記載されてないバイパス道路が出来たので、わからんかったようです。
 長昌寺・駐車場、「津久井33観音霊場」紀行文 長昌寺本堂、「津久井33観音霊場」紀行文  長昌寺境内、「津久井33観音霊場」紀行文
 境内にはチッコイ観音堂が別に有り、当然扉はキッチリと閉まってます。長昌寺・尺八と「かまきり、「津久井33観音霊場」紀行文

 扉にカマキリが一匹止まっており、参拝中もジイッ~として最後まで動きませんでした。(一番上の写真)

 死んでるのじゃろか?・・もう秋も終わる頃なのにぃ・・

 よっぽど生きてるのか触って確かめてようと思いましたが、このカマキリも短い夏の間、それなりに一生懸命に生きて来たのだ。長昌寺からの眺め、「津久井33観音霊場」紀行文

 もし生きてるならば触るとカマキリは、最後の力を振り絞って抵抗すると思い、それもカワイソーなので、このまま静かに晩秋の最後を終わらせてやるのも武士の情け・・と思い触りませんでした。

 境内からは、先程間違って通ったバイパス道路の橋が、よぉ~見えます。

28番「蓮乗院」

 札所「蓮乗院」近くに廃校の木造校舎が有るので探してると、「蓮乗院」の看板が有ったので先に札所へ行きました。蓮乗院・駐車場、「津久井33観音霊場」紀行文

 道端の鐘楼付近に駐車出来るようなので車を置き、寺へ通じる石階段を下りると、途中で獣除けらしいカワイイ犬の鳴き声がします。

 一応σ(*_*)も生き物だからビックリしたが、ちと迫力不足でねぇかなぁ。

 こんなカワイイ犬の鳴き声では、猿や猪もバカにして
「ああ~ん?・・弱いクセして何を吠えとるんじゃ・・ゴルァ・・、勝手に吠えとれ・・」と無視すると思うでぇ。蓮乗院・鐘楼、「津久井33観音霊場」紀行文

 やっぱり、こおいうモンは、牙を剥きだしたドーベルマンの唸り声から始まって飛びかかりそうな吠え声とか・・

 暴れ回るキングコングの雄叫びとか・・
 田嶋のババアの金切り声なんぞが、ふさわしいと思うが・・


 蓮乗院は、大きい寺ですがアッサリしてました。

 えっとおぉぉ・・それから写真は「蓮乗
」となっていますが、「蓮乗」が正しいです。すんまへん。
 蓮乗院、「津久井33観音霊場」紀行文  蓮乗院境内、「津久井33観音霊場」紀行文  蓮乗院、「津久井33観音霊場」紀行文

27番「向瀧寺」

 札所「向瀧寺」は道路脇に有りますが、付近に駐車する場所が無いので、道端ギリギリに寄せて止ときましたが、けっこう交通量が有り、気弱な性格なので気がとがめました・・すんまへん。向瀧寺、「津久井33観音霊場」紀行文
 境内には蛇がトグロを巻いてるのが有り、ここは蛇信仰の有る場所なのじゃろか?

 しかし・・よぉ~見ると口の所にヒゲがあり、ひょっとしたら龍なのかな?

 その気で見ると・・何となく龍のようで、角が有る付近が無くなってるように思う。
 だれか作ってやれよ・・カワイソーに・・。

  向瀧寺、「津久井33観音霊場」紀行文     向瀧寺・龍?、「津久井33観音霊場」紀行文 向瀧寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文

24番「浄禅寺」

 「浄禅寺」へ行くのに道を間違えて県道33号線を行き、途中の分かれ道で間違えたのに気づきました。

 もう夕方の4時半頃、暗くなりかけていたので、あきらめてヤンピすることにしました。

 残るは、この寺だけだったのになぁ。
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ 「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ  「津久井33観音霊場」紀行文、次へ       遍照の響きホームヘ
  「津久井33観音霊場」紀行文

当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無