HOME > 「津久井三十三観音」目次  > 15 浄禅寺


 「津久井33観音霊場」紀行文    浄禅寺と尺八、「津久井33観音霊場」紀行文    遍照の響き
                   津久井33観音 地図 
        巡礼日 2014.11.25    掲載日 2015. 6.24


ドシャ降りの雨・最後の札所「浄禅寺」

紅葉

 一つだけ残っていた「浄禅寺」は、道を間違って県道33号線を行き時間切れとなりましたが、「伊豆国横道33観音霊場」の帰り道に再挑戦しました。。道の駅「天城峠」の紅葉、「津久井33観音霊場」紀行文

 雨の中を1週間振りに「津久井」へ来ると、まだ紅葉に早いかな・・・と思っていましたが、今は真っ盛りで、1週間で変わるものですねぇ。

 ちなみに写真の紅葉は、「津久井」へ戻る途中に「道の駅 天城峠」で撮ったものです。

浄禅寺

 ドシャ降りの雨が降ってる中を「浄禅寺」へは、これまた行き過ぎて「上岩」集落まで行っちゃいました。
浄禅寺・鐘楼、「津久井33観音霊場」紀行文  浄禅寺、「津久井33観音霊場」紀行文  浄禅寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文
 札所「浄禅寺」を探しながら引き返すと、高台に大きい建物あり、あれでは?・・と思った時に、越後屋が
「鐘楼が見えた。」と言うので、その建物に向かう一直線の急坂を上ると札所でした。

 雨がザンザカ・・と降っており、ゆっくり景色を堪能するヒマが有りまへん。

 車が1台駐車していたので寺にだれか居るかと思い声を掛けましたが返事がなく、雨の中を外で参拝するのもイヤだのおぅ。

 勝手に堂内に入って参拝しても、寺の人に尺八の音を聞こえるので叱られないじゃろおうと思い、堂に上がって参拝しましたが、終わるまでだれも来ませんでした。

 浄禅寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文  浄禅寺・境内、「津久井33観音霊場」紀行文 浄禅寺からの眺め、「津久井33観音霊場」紀行文

 最後の札所でしたが、曲が失敗しちまった。
 堂内には古そうな閻魔さんと、その仲間達が居ます。浄禅寺・閻魔さん、「津久井33観音霊場」紀行文

 帰る時に境内から出ると、下から車が1台上がって来たので、後ろの境内に戻って道を譲ろうとしましたが、なんせ急坂なもんでバックが難しい。

 あれや・これや・・とモタモタと汗をかいてると、「ええいいっっ・・このヘタクソめ・・」と思ったのか、下の車が道を譲ってくれました。

 と、言うわけで「津久井33観音霊場」を無事に満願しましたとさ・・おしまい。
 「津久井33観音霊場」紀行文、前へ  「津久井33観音霊場」紀行文、目次へ  
        遍照の響きホームヘ
   「津久井33観音霊場」紀行文

 「津久井33観音霊場」紀行文は、これにて完了しました。
 引き続いて他霊場巡り等を御笑読ください。


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


無 無