HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 3 男 坂


 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文       宝蔵院・男坂、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文       遍照の響き
             「伊豆国横道三十三観音」  地図
   巡礼日 2014.11.18       掲載日 2015. 3.11


伊豆松崎「なまこ壁」と「宝蔵院」男坂

伊豆松崎の「なまこ壁」

道の駅「花の聖苑伊豆松崎」、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文   伊豆松崎「船田」付近、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文   伊豆松崎「なまこ壁」、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 車中泊した道の駅「花の聖苑伊豆松崎」を、7時頃に「宝蔵院」へ向かって、出発。

 「船田」集落付近を通ると、遠くに「なまこ壁」の蔵や家が見ます。

 この「なまこ壁」の模様は伊豆松崎町付近の特徴らしい。「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

「門野」集落

「船田」集落を過ぎる付近までは自転車を漕いで行けましたが、その後は予想してた通りの坂道で、自転車を降りて押し歩きました。

 まもなく「門野」集落という付近で、向こうから来た軽トラのジサマが車を止めて「どこまで行くのか」と聞いて来ます。「門野」集落、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 こっちは疲れており、あんまり時間が取られたくないのですが、こんな山奥を自転車で来る者居ないので、珍しくて話しかけて来たのでしょう。

 先に行ってた越後屋が「門野」集落内のジサマと話しており、分かれ道になってたので、どの方向へ行けば良いのか尋ねていたらしい。

 おぉぉ・・・そお言えば地図を見ると分かれ道が有り、越後屋に教えるのを忘れてた。ワハハハ・・

 「門野」集落は思った以上に人家があり、失礼ながらよぉ~こんな山奥に住んでるなぁ。
 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  石碑、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 道の途中に四角の石碑が有り、何だろ?と思って読んでみたが、よぉ~わからん。

 監督・設計者の名前が彫ってあったので、林道建設の記念碑なのでしょうか?

 それにしても、監督・設計者名を彫るのは珍しいなぁ。
 普通ならば、もっとエライ人の名前を彫ると思うが・・。

男坂・女坂

  伊豆横道33観音 宝蔵院 男坂・女坂 地図      宝蔵院・「男坂女坂」絵図、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 車道の分岐点付近に看板が有り、掠れたペンキで描いた「宝蔵院の男坂・女坂」案内図があります。
 宝蔵院・「男坂女坂」入口、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文    宝蔵院・「男坂女坂」大師橋、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文    宝蔵院・男坂、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 へえぇぇ・・・こんな坂が有ったのだ。宝蔵院・男坂、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 ネットで下調べした時は、この坂の存在を記載したのを見つけられませんでした。

 はい・・そりゃあぁ~もう・・ここに自転車を置いて「男坂」を歩いてみました。
 たぶん、もう来る事もないだろうから、冥土の土産にと・・・

 まずは「男坂」から行き、帰りは「女坂」を通る事にしました。宝蔵院・男坂、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 木杭の「男坂」階段を上がると、石を並べた幅広の階段が続いており、おぉぉ・・この道は昔の参道だったのだ。

 しかも、山奥にこれだけの道幅の石階段を造ったとなると、「宝蔵院」勢力もかなり有ったのでは・・と思う。

 ちなみに入口の説明看板には「男・女坂」は参道だったと記載してありましたが、そんなの読まずに案内図だけを見て、トットと上がったので石階段を見て感動しちまったのです。

 あんまり・・と言うか、ほとんど歩く人がいないため手入れされてないようで、階段は枯葉・落ち葉で埋まっており、所々に倒木も有ります。(一番上の写真)
 宝蔵院・男坂出口、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  宝蔵院・車道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  宝蔵院・駐車場よりの眺め、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 まぁ・・そおでしょうなぁ・・今時の御時世だから、車ですんなり上の駐車場まで行けるのだから、こんな参道なんて、だれも歩きまへんわなぁ。

 やがて車道に出て、そのまま歩いて「宝蔵院」へ行きました。
 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、目次へ 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、次へ    遍照の響き、ホームヘ
  「伊豆国横道33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無 無 

無