HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 12 子 浦


 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文       弁財天・子浦日和山遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文      遍照の響き
   「伊豆国横道三十三観音」地図     「子浦日和山遊歩道」地図
     巡礼日 2014.11.20  掲載日 2015. 3.20


ホントの自然歩道「子浦日和山遊歩道」

霧雨

     「伊豆国横道33観音霊場」紀行文         波勝崎を望む、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 霧雨模様の雨が降ってきたので越後屋は雨具を着てますが、σ(*_*)は暑苦しくなるので、ガマンして着てません。

 長い車道をテクテク・・疲れたぁ。

 疲れると地図を見て、どの地点まで来たかを確認する回数が増えて来ますが、それほど距離が進んでません。国道との合流点、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 振り返ると遠くに波勝崎が見え、あの一番凹んだ所から歩いて来たんだなぁ・・シミジミ・・。

 やっと国道との合流点で、人家の軒先を借りて雨宿りと一休み。

 再び出発して国道をテクテク・・高通山の疲れが出て来ており、頂上へ行くまで展望が良くないとわかっていたら、高通山を省略したのにぃ・・と、ブツブツ思っても、もう遅い。

子浦日和山遊歩道

 国道を歩く、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  峠の茶屋・子浦日和山遊歩道入口、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  峠の茶屋・子浦日和山遊歩道入口、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 歩いてると、やがて「峠の茶屋」が見え「子浦日和山遊歩道」の入口がありました。子浦日和山遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 「茶屋」と言っても、ツブレちゃった廃屋のようですが、これもネットで下調べしてなかったら通り過ぎて、わからんかったと思う。

 「子浦日和山遊歩道」の最初は椿林の中を通り、何となく四国の足摺岬を思い出します。子浦日和山遊歩道からの景色、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 そのうち草地が広がってる所から展望が開け、おぉぉぉ~!!・・・この子浦日和山遊歩道が、今日の一番良い風景だったかもしれない。

 途中、分かれ道の標識が有り、距離が100mの差が有るので、雨の中で山場の100m差はキツイと思い、コンジョナシなので短い距離の方を選びました。子浦日和山遊歩道よりの景色、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 ところが、この道は地図では「椿林」と書いてある展望の利かない道だとわかり、今さら引き返すのも疲れるので、そのまま歩きましたが、せめて「展望所有り」と一言書き加えてあれば良かったのだが・・。

自然歩道

 この「子浦日和山遊歩道」の良い所は、遊歩道に一切、人工的な手を加えてない点です。

 普通の遊歩道ならば、手摺りを設置したり木杭階段とかコンクリ舗装の整備する等、余計な事をされちゃいます。子浦日和山遊歩道よりの眺め、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 しかし、この遊歩道は自然のままの道で、そお言う事は必要最小限に留めてありました。

 危険箇所には手摺り・階段等の安全策や、最低限の道の保守は必要ですが、それ意外は、いらん手を加える必要は無く、こおいうのがホンマの「自然遊歩道」だと思う。

 全国の観光関係者の方、これを見ていたら参考にしてください。子浦日和山遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 歩きやすく?するため、どうたら・こうたらするのだけが、遊歩道整備ではありまへんでぇ。

「三十三観音」より「子浦」集落へ

 やがて神社があり「弁財天」が奉ってあるらしく(一番上の写真)、すぐ後ろに階段が有り「三十三観音」石仏が有りました。

 麓の漁港へ出る付近では竹が茂っており、あんまり海への展望が利かなくなります。

 矛盾するかもしれまへんが、この竹を切ってくれれば、ええ展望が開けると思うのだが・・三十三観音、子浦日和山遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 急階段を下りて人家の前を通り漁港へ出ましたが、道が違ってたかもしれない。

 なんせ、その頃は雨が強くなり始めたので、アワテており、とにかく下へ降りちゃえ・・だったもんでして・・

 おまけに、その付近の家で飼ってる犬まで吠えちゃうしぃ・・。

 漁港に下りた付近にトイレが有ったので、そこで初めて雨具を着ました。

32番「潮音寺」伊豆国横道33観音 潮音寺 地図

 地図を見ると、札所「潮音寺」は小学校付近だと思ってました。

 漁港沿いの道を歩いてると、犬を抱いたオバハンがσ(*_*)らの雨具姿を見て
「たいへんだねぇ」と通りすがりに声を掛けてくれます。

 小学校付近へ行くと神社しかなく、その向こう方向に寺の屋根が見えます。

 よっしゃあぁ~・・と、その方向へ人家が建ち並ぶ狭い道をゴチャゴチャ歩きました。潮音寺、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 こおいう入り組んだ道は、敵が攻めて来た時に家影から迎撃すれば、やっつけ易いじゃろなぁ・・と、つまらん事を思いながら歩いてると、ホンマに現在地がわからんようになっちまった。

 基本に戻って先程の海沿いの道に出て、だれかに尋ねようと思い、話し声がする建物の方へ行くと、先ほどの犬を抱いたオバハンが居たので、事情を話すと
「途中まで同じ方向だから・・」と一緒に同行してくれました。

 歩きながら、ついでに今晩泊まる民宿「いすずはま荘」の場所を聞くと、これも知り合いらしく
「うちで魚を卸してるおり良い民宿だよ。海沿いに行くと川が有るから、橋を渡った付近に有る。」と教えてくれました。
潮音寺、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  潮音寺・奉納額、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  潮音寺より「子浦」、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 狭い道をウロチョロ行って札所「潮音寺」に着きましたが、この場所は地元の人に聞かないと絶対にわからんと思うのはσ(*_*)だけかな・・。

 そうですか・・σ(*_*)だけですか、すみません・・・シクシク・・・・
 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、目次へ 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
  「伊豆国横道33観音霊場」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無  

  無