HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 15 吉田浜

 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文   吉田浜、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  遍照の響き
     「伊豆国横道三十三観音」 地図 
     「南伊豆歩道(妻良~吉田~入間~中木)」地図
  巡礼日 2014.11.21    掲載日 2015. 3.23

 

奥伊豆・最高の景色「吉田浜」よりの岬越え

「吉田」集落

 「吉田」へ向かって、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文   「吉田」へ向かって、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  「吉田」へ向かって、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 倒木を越えた所からは、それほどオオゴトな場所も無く、石がゴロゴロした所も有りましたが普通の山道。
 「吉田」へ向かって、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  「吉田」へ向かって、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  「吉田」集落へ、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
       「吉田」集落、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文         「吉田」集落、南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 獣除けネットが有る所で麓に近づいたのがわかり、やがて屋根瓦が見えて「吉田」集落に到着。

 集落内の大きい車道を行くのかと思ったら、標識が有って人家の前を通るような狭い道を行き、白鳥神社が有りましたが寄りませんでした。吉田浜の海岸、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

吉田浜

 やがて・・パアァァァァ~~・・・・と広がる砂利浜の「吉田浜」。
 だれも居ない静かなサミシイ浜・・という感じがします。

 まだ少し早いが、海岸の水門?の影で昼食にしました。(一番上の写真)吉田浜のトイレ、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 民宿「いすずはま荘」で弁当を作ってもらっており、これで少しは荷物が軽くなるかな・・と思ったが、あんまり変わらない。

 当初は石廊崎まで行く予定でしたが、今の疲れ具合では無理かも・・と思い、手前の「中木」で止める事に計画変更。吉田浜の海岸と岬、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 昨日と違って良い天気で、このままこの「吉田浜」でボオッ~・・と口空けて日向ぼっこしながら、昼寝でもしたら気持ち良いだろなぁ。

 これからの行き先は、左側に連なる岬を行くのだろおけれど、どの辺を通るのじゃろうか?・・と、ノホホンと景色を見てました。

 しかし、実はこれから先のコースが、今まで最高のキツイの箇所でした。

岬へ向かって出発

 吉田浜の海岸・護岸道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  吉田浜の海岸・護岸道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  吉田浜・岬への入口、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 茶色の護岸道を岬に向かって歩き、突き当たりに標識が有る付近から山に向かって入り、いきなり木杭階段になってます。
 吉田浜より岬へ、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  吉田浜より岬へ・急斜面、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  奥伊豆風景、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 それだけならば良いのですが、ロープに掴まりながら登る難コース・・and急斜面の滑り落ちそうな手摺り無しの道・・・しかも急坂のオマケ付き・・・の三段セット。

 どおじゃ・・マイッタか・・・。(^O^)ワッハッハッハッ・・・奥伊豆・南伊豆遊歩道より、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

 「ヒーコラ・・」言いながら、越後屋と手を取り合い?・・励まし合って?登りました。

 しかし「ヒーコラ・・」の途中から見る景色は最高に素晴らしく、おぉぉ!!・・・さすが奥伊豆!!

 車では絶対に見る事ができず、歩いた人だけにしか味わえない最高の奥伊豆の景色が続きました・・来て良かったなぁ。

 振り返ると、遠くに「吉田浜」が小さく見えました。
 南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  南伊豆遊歩道、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文  奥伊豆・南伊豆遊歩道より吉田浜を見る、「伊豆国横道33観音霊場」紀行文
 「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、前へ  「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、目次へ  「伊豆国横道33観音霊場」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ
  「伊豆国横道33観音霊場」紀行文

当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無 無 

無