HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 19 南伊豆


  「伊豆国横道33観音」紀行文     南伊豆海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文   遍照の響き
        「伊豆国横道三十三観音」 地図
     巡礼日 2014.11.22     掲載日 2015. 3.30


義理葬儀の茶番劇

早雲峡道路(ライン)

      早雲峡ライン、「伊豆国横道33観音」紀行文          早雲峡ライン、「伊豆国横道33観音」紀行文
 「加納」集落より「平家ケ岳」付近の山越えをして「石廊崎」へ行く「早雲峡道路(ラインだったかな?)」と言う、あんまり有名でないはないが名前が付いてる道が有るらしい。

 最初は、その道を行こうかと思ったが、「加納」からの勾配がキツそうなので、コンジョ無しだから、あんまりキツそうでない「下賀茂」集落より「早雲峡道路」へ入りました。

聖地

 道路をかなり行った所で、三叉路にバス停なのか無人販売所なのか、よぉ~わからん小屋が有ったので、そこで一休み。

 近くに「危険地帯」と書いた大きな看板が立ってます。

 何が危険なの?・・と思って読んでみると、
風力発電による低周波爆風音のため、通行・歩行するには健康被害が有るので十分注意せよ・・という主旨らしい。早雲峡ラインの小屋、「伊豆国横道33観音」紀行文

 「聖地なのに、ウソと詭弁で電源開発建設を強行されて閉鎖中」というような事も書いてあります。
 へえぇぇ・・ここに聖地が有ったの?・・・知らなかった。

 これを書いてる時に調べてみると、散骨葬等を行う所だったらしい。

 そのホームページ
 「知ってて欲しいのは、葬儀から納骨までの一連が〝演出された白々しい茶番劇″では情けないねと言いたい。

 独り言ですが「儂が一人で供養して葬ってやるから、義理で立ち会っているような奴らは帰れ」と怒鳴りたくなることもあります。」

と書いてありました。

 これについては、過去σ(*_*)も喪主もどきの事を何度もやらされて、そのアホらしい義理葬式に立ち会ってたので全く同意見です。

 既成の葬式仏教を完全否定しており、坊さんがこれを主張するのは、もんのすごく勇気が要る事だと思う。早雲峡ラインの風力発電、「伊豆国横道33観音」紀行文

 今までこれに類した事を言った坊さんは、四国遍路で出会った「庵の坊さん」一人だけでした。

 わかっちゃいるけれど、σ(*_*)は気弱なモンだから周囲の人達に流されちまい、やりたくもない義理の葬儀ばっかしやって来たが・・何回忌という法事だけは、なんとか我を押し通して廃止方向へ持って行った事が有ります。

 出発して少し行った峠付近には、健康被害が出て危険だと言う、問題の風力発電の羽が見え、そこからは下り坂で、アッという間に海へ出ました。
 早雲峡ライン、「伊豆国横道33観音」紀行文 南伊豆海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文 南伊豆海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文

29番「正眼寺」

 正眼寺・入口、「伊豆国横道33観音」紀行文  正眼寺・参道、「伊豆国横道33観音」紀行文  正眼寺、「伊豆国横道33観音」紀行文
 「石廊崎」のトンネルを過ぎた所から墓が見えたので、その付近が札所「正眼寺」だろお・・と思いましたが寺の建物が見えまへん。伊豆国横道33観音 正眼寺 地図

 墓へ上がるような坂道が有ったのですが、県道を少し行っても寺の建物が見えないので引き返して、その墓へ上がるような道を上がりましたが、それが「正眼寺」への入口でした。

 入口に寺の名前を書いた石柱か看板でも有れば、分かり易いのだが・・と思いながら、その急坂方向より県道を隔てた下を見ると、続いてる道と石柱が有り「石廊崎」集落から上がってくる道が有ったのですねぇ。


 正眼寺・天井絵、「伊豆国横道33観音」紀行文      正眼寺・天女、「伊豆国横道33観音」紀行文
 本堂の中に入ると天井がエライ黒いので、囲炉裏の煤でも付いて黒くなったのか・・と思ったら、龍の絵が描いてあるらしく、その周囲には天女さんが描いてありました。正眼寺・境内地蔵、「伊豆国横道33観音」紀行文

 「龍」の絵は、かなり年代物だと思うが、鮮明に見えないのが惜しい。

 参拝していると、寺の奥さんが明かりを付けてくれたので、絵は少しわかりやすくなりました。

 参拝後は、下田方向へ南伊豆海岸沿いに自転車を漕ぎました。
 南伊豆海岸風景、「伊豆国横道33観音」紀行文  南伊豆海岸・大瀬、「伊豆国横道33観音」紀行文  南伊豆海岸風景、「伊豆国横道33観音」紀行文
     南伊豆海岸風景、「伊豆国横道33観音」紀行文        南伊豆海岸風景、「伊豆国横道33観音」紀行文
 「伊豆国横道33観音」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音」紀行文、目次へ  「伊豆国横道33観音」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ
  「伊豆国横道33観音」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無 無 

無