HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 20 パンク


 「伊豆国横道33観音」紀行文      修福寺、境内、「伊豆国横道33観音」紀行文     遍照の響き
              「伊豆国横道三十三観音」 地図
    巡礼日 2014.11.22     掲載日 2015. 3.31


自転車のパンクと原因

伊豆西南海岸

伊豆西南海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文  伊豆西南海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文  伊豆西南海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文
 岬を走ってると、岩やら何やらが海に点々と有り、ここら付近を「伊豆西南海岸」と言うらしい。

 歩いて来た「南伊豆歩道」で見た風景ほど荒々しさが無く、気のせいか優しい感じがします。

28番「大慈寺」

伊豆国横道33観音 大慈寺 地図 大慈寺へ、「伊豆国横道33観音」紀行文 大慈寺、「伊豆国横道33観音」紀行文
 「下流」集落を入って行くと、これまた狭い道を入って行き、いつもの迷子パターンを想い出したが、見当を付けて行くと、横道に「大慈寺」の山門がチラッと見えました。大慈寺山門、「伊豆国横道33観音」紀行文

 自転車をその付近の道路端に止めましたが、車が来たらジャマだろなぁ・・と思いながら・・。

 山門を潜った所から見ると、その付近に寺の駐車場が有るようだが、自転車を取りに行くのも面倒なので、そのままにしときました、すんまへん。

 山門からは長い参道が有りましたが無人のよおです。
 大慈寺参道、「伊豆国横道33観音」紀行文    大慈寺、「伊豆国横道33観音」紀行文    大慈寺・鐘、「伊豆国横道33観音」紀行文
 戸が開き参拝し、越後屋が「鐘の中に納札が入れてある」と言うので見ると、けっこう入ってます。

 ここの霊場は、鐘の中に納札を入れる習慣なのじゃろか?

      伊豆西南海岸の風景、「伊豆国横道33観音」紀行文            伊豆西南海岸・弓ヶ浜、「伊豆国横道33観音」紀行文
 青野川を隔てた向こう側に「弓ケ浜」見え、昼頃なので途中に食堂でも有れば入るつもりでしたが無い。

 橋を渡って「日野」まで行き、そこのドライブインで食事にしました。

26番「修福寺」

 修福寺・入口、「伊豆国横道33観音」紀行文  修福寺境内、「伊豆国横道33観音」紀行文 修福寺、「伊豆国横道33観音」紀行文 
 戻って札所「修福寺」へ行くと、入口付近で何かを書いてる人が居たので、絵でも書いてるのかと思い、参拝後に聞いてみると、史跡調査で古い物が残っているか調べてるらしい。

 話してみると「入口の六地蔵が新しくなっており、以前は古いのが有ったのだけど、どこへ行ったのだか・・」と言います。

 話しを合わせて「新しいのよりも古い方が良いですね。失礼ながらこの地蔵さんには魂が入っとらん」と言ったら笑っていた。

 これから行く予定の「タライ岬を自転車を引っ張って、持って上がり「田牛」へ行くつもりだが可能でしょうか?」と聞いてみると、自転車を見ながら「まぁ・・なんとかなるかもしれん。」
 修福寺・天女、「伊豆国横道33観音」紀行文   伊豆国横道33観音 修福寺 地図

自転車のパンク

 礼を言って別れ、自転車を動かすと後輪から何か音がします。

 見ると後輪のタイヤに空気が有りません。

 あちゃあぁ・・空気入れは自動車の中に置いて来たが、単なる空気が少ないだけなのか、パンクなのか・・・。

 押し歩いて麓の施設へ行き、空気入れを借りようとしたが無いと言われ、気の毒がられて「この先の民宿で、空気入れがないか聞いてみたら」とアドバイスしてくれました。

 民宿よりも「弓ヶ浜」に有る休暇村「南伊豆」の方が有るかもしれんと思い、そこまで行って聞いてみると有りました。弓ケ浜、「伊豆国横道33観音」紀行文

 空気を入れてみましたがパンクしているよおです。

 あきらめて自転車をここに置き、一度「下田」へ行って車で自転車を取りに来る事にし、幸い「下田」行きのバスが20分ほど待てば来ました。

 良かったなぁ・・これが山の中だとか、バスの便が悪い所だったら泣いてたかもしれんでぇ。

 下田駅の観光案内所で、自転車屋とホームセンターの場所を聞くと「ホームセンターは蓮台寺まで行かないと無い」と言い、地図をくれて自転車屋の位置に印を付けてくれました。

 蓮台寺のホームセンターで、「虫ゴム」と「パンク修理材」を買って「弓ヶ浜」へ戻りました。

 「虫ゴム」を調べると破れてたので、これが原因かと喜んで空気を入れたら直り、ワ~アィ~・・良かったなぁ。!(^^)!

 しかし・・少しすると空気が減って来るので「パンク」と判断し、「下田」まで車に乗せて自転車屋へ持っていくと、二カ所パンクしており修理しているのを眺めてれば、さすがにプロ・・手際が良い。

パンクの原因

「パンク原因は、何か刺さっていたのですか?」

「二箇所に傷が有るのを見ると、たぶん空気圧が少ない所へ、縁石にぶつけてパンクしたのではないかなぁ・・良く有る事だ。」

 そおいえば「日野」付近で、歩道の縁石を何度も勢い良く乗り越えてたからなぁ。

 「今のタイヤは強く出来ているので、空気圧を確かめるのに軽く押した位では、空気が入ってない事が多いので、強く押してキュウギュウに空気が入ってるか確かめるように・・。」

 ふむうぅ・・そうだったのか・・そお言えば朝方、タイヤを確かめた時、そんなにギッチリ入ってなかったような気がする。

 今日はジタバタせずに、タライ岬から先へ行くのをヤンピし、今日の旅行はこれまで・・としました。
 「伊豆国横道33観音」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音」紀行文、目次へ  「伊豆国横道33観音」紀行文、次へ        遍照の響き、ホームヘ
  「伊豆国横道33観音」紀行文


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無  

  無