HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 24 河 津


「伊豆国横道33観音」紀行文      河津川、「伊豆国横道33観音」紀行文     遍照の響き
  「伊豆国横道三十三観音」 地図
 巡礼日 2014.11.23
 掲載日 2015. 4. 6


河津の札所

15番「東大寺」のカッパ

 河津・東大寺入口、「伊豆国横道33観音」紀行文  河津・東大寺、「伊豆国横道33観音」紀行文  河津・東大寺境内、「伊豆国横道33観音」紀行文
 「河津」に入り、この辺に札所「東大寺」が有るはずだが・・と、探しながら自転車を漕いでると、犬を連れたアンチャンが居たので場所を聞くと、すぐそこで屋根が見えていました・・ナハハ・・。伊豆国横道33観音 河津 地図

 本堂の横側に堂が見えたので観音堂と思い行ってみると、正解で「伊豆横道三十三観音」の看板が掛かっています。


 参拝後、境内の切り株に座り、日光浴しながら遅い昼飯にしました。

 一休みしていると、越後屋が
「ここの地蔵さんはカッパだね。」と言います。


 河津・東大寺観音堂、「伊豆国横道33観音」紀行文    河津・東大寺のカッパ、「伊豆国横道33観音」紀行文    河津・東大寺・カッパかな?、「伊豆国横道33観音」紀行文
 なんせ、今まであんまり地蔵さんの姿・形には興味が無かったので気にしなかったのですが、見に行くとホンマにカッパだった。(^O^)
 
 見たところ新しそうなカッパだが、苔が生えた古そうなカッパも横に置いてあり、その隣には得体のわからん口を空けてるのも有る。

 この寺はカッパについて、何かカワイソーな伝説が有るのか・・それとも住職の趣味なのか・・

16番「善光庵」の昼寝

 善光庵・入口、「伊豆国横道33観音」紀行文  善光庵・参道、「伊豆国横道33観音」紀行文  善光庵、「伊豆国横道33観音」紀行文

 札所「善光庵」は、「東大寺」のすぐ近くだとネットに書いてあったので、注意しながら行くと看板がありました。

 この看板を見つけないと、初めての人は入口がわからんじゃろなぁ。

 細い道の入り口に自転車を置いて歩くと、すぐ近くでした。
 善光庵・境内、「伊豆国横道33観音」紀行文  善光庵・居眠り、「伊豆国横道33観音」紀行文  善光庵・石仏、「伊豆国横道33観音」紀行文
 参拝が終わって越後屋を見ると、疲れたのか縁側に座って昼寝しており、σ(*_*)も眠たい。

14番「小峰堂」

 小峰堂、「伊豆国横道33観音」紀行文  小峰堂付近、「伊豆国横道33観音」紀行文  小峰堂、「伊豆国横道33観音」紀行文
 河津の「新町の大ソテツ」と言うのを見ましたが、逆光で写真が良く撮れなかった。

 河津川を渡り、この護岸の桜並木が春になると満開になり、桜狩りとして有名所らしい。(一番上の写真)小峰堂・地蔵、「伊豆国横道33観音」紀行文

 もっとも今は秋なので、枯れた葉しか見れないが・・

 札所「小峰堂」は道端に有り、境内に「十四番札所」と大きな石碑が建ってます。

 小さい境内なので、これと言って見所は無いが、それでも隅っこに奉って有る地蔵さんが「頬かむり」してるので思わず笑った。

 いやあぁ~・・この地蔵さんが「頬かむり」をしたら、あぁたが日本一でっせぇ。(´∀`)
 「伊豆国横道33観音」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音」紀行文、目次へ 「伊豆国横道33観音」紀行文、次へ
 「伊豆国横道33観音」紀行文
         遍照の響きホームヘ


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無  

  無