HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 29 爪木崎


 「伊豆国横道33観音」紀行文      遊歩道より爪木崎灯台、「伊豆国横道33観音」紀行文      遍照の響き
 「伊豆国横道三十三観音」 地図
 「爪木崎遊歩道」  地図
 巡礼日 2014.11.24
 掲載日 2015. 4.18


爪木崎遊歩道と九十浜

須崎漁港より遊歩道

 須崎漁港、「伊豆国横道33観音」紀行文    須崎漁港付近の遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文    爪木崎遊歩道より、「伊豆国横道33観音」紀行文
 須崎漁港の終点まで車で行こうとすると工事中で行けなく、たぶんここに停めても良いだろなぁ・・と思われる所まで戻って車を置きました。

 爪木崎遊歩道の入口階段付近で昼飯にし、天気も良く、気持ちええですなぁ。

 一休みして遊歩道をテクテク・・・
 爪木崎遊歩道  爪木崎遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文  爪木崎遊歩道より須崎恵比寿島方向、「伊豆国横道33観音」紀行文

 歩いてる時には気が付きませんでしたが、この写真を見ると水平線が少し丸く写っており、気のせいじゃろか?
 爪木崎遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文    爪木崎遊歩道より、「伊豆国横道33観音」紀行文    爪木崎遊歩道より灯台が見えた、「伊豆国横道33観音」紀行文
 遊歩道を歩いてると、やがて遠くの岬に「爪木崎灯台」が見え、ここから見る景色がこの遊歩道で最高のように思う。
 爪木崎遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文   爪木崎遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文    爪木崎遊歩道「田ノ浦」、「伊豆国横道33観音」紀行文

九十浜

 静かな「田ノ浦」を通り、高台に有る「爪木崎」バス停に出ました。爪木崎、「伊豆国横道33観音」紀行文

 途中、売店のオババに須崎行きのバス時刻を聞くと
「2時ちょうどに出て、次は4時でそれが最後だ」と教えてくれ、あと30分ほどでバスが来ます。

 「九十浜」へ降りて散策してみたかったが、2時のバスでは時間的に無理っぽい。爪木崎・九十浜、「伊豆国横道33観音」紀行文

 「九十浜」の逆方向に「爪木崎灯台」が有るので、観光客は灯台の方へ行き、あんまり「九十浜」へは行かないので、ぜひとも歩いてみたかったのだがなぁ。

 「爪木崎灯台」は数年前に、来た事有るしぃ・・・
 灯台と「九十浜」を歩くと、4時までの時間が余り過ぎるしぃ・・・

 しかたなく高台から写真を撮り、先程バス時刻を教えてくれた売店へ行き、ソフトクリームを食べました。

売店にて

 売店は2件並びで、どちらもヒマそうにしてます。

 入った売店のオババは喜んでくれたが、それを見てた隣の売店のオバハンは「あらあぁ~・・」という感じな顔しており、気の毒な気がする。

 仕方ないわなぁ・・・観光客がほとんど居なくて、閑古鳥が鳴いてるもん。

 
「今の時期は、天城峠の紅葉に客を取られてヒマだ」とオババは言い、バスの運チャンも、そんな事を言ってたなぁ。

 オババもヒマなもんだから、いろいろ話をしながら土産物を勧めており話しも上手い。爪木崎、「伊豆国横道33観音」紀行文

 海苔の佃煮を小皿に盛って少し食べさせてくれたりして、実際に美味かったので買った。

 正直に「オイシイ」と誉めたら、
「これはウチで特許を取って作った物で、ここでしか売ってなく、他でニセ物を作られて苦情が来た事が有る」と自慢します。

 ちなみに買った物は
「ビラ小沢 自慢の一品「あったか ごはんに のせるだけ」」という物でした。

 あっ・・いえ・・別に、土産物の袋に、コッソリ小判が1枚入ってたとか、オババから、お別れの時にチュゥをしてくれたわけでもなく・・これは土産物としては良い物だったと思ったのです。
 「伊豆国横道33観音」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音」紀行文、目次へ  「伊豆国横道33観音」紀行文、次へ
  「伊豆国横道33観音」紀行文
    遍照の響きホームヘ


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無 無 

無