HOME > 「伊豆国横道三十三観音」目次  > 31 追 憶


 「伊豆国横道33観音」紀行文     下田、「伊豆国横道33観音」紀行文      遍照の響き
  「伊豆国横道三十三観音」 地図
 巡礼日 2014.11.24
 掲載日 2015. 4.22


尺八献笛と下田の追憶下田札所の地図、「伊豆国横道33観音」紀行文

23番「長楽寺」

 札所「長楽寺」へ行くと、オババが居たので挨拶すると「資料館はこちらで見れます。」と言います。

 でも、正直言って資料館には興味が無いので、そのまま本堂に上がりました。

 
「賽銭箱の前に有る足跡は、なんたら・・・かんたら・・」と効能を言ってましたが、σ(*_*)はそんな事は信じてないので無視して参拝準備を始めたが、越後屋は物好きだから足跡の上に乗ってます。

 
「賽銭箱より後ろの方には、入らないでください」とオマケも言われたが、σ(*_*)は信心が足りんので、仏さんの顔をどうしても見たいとは思ってないので、いつも賽銭箱の前で参拝してます。
 長楽寺入口、「伊豆国横道33観音」紀行文  長楽寺、「伊豆国横道33観音」紀行文 長楽寺境内、「伊豆国横道33観音」紀行文

尺八の献笛

 ところが、尺八吹き始めると・・
 すぐに堂内の明かりをつけてくれるわ・・

 はたまた茶を出してくれるわ・・
 寒いだろうと、ストーブを点けてくれるわ・・

 先ほどは賽銭箱の後ろへ行くなと言ったが、前の方へ出ても良いと言ってくれるわ・・
 というように「わ・・」が一杯出てきました。長楽寺と尺八、「伊豆国横道33観音」紀行文

 畏べし、尺八の力・・・尺八を吹いただけで、これだけ待遇が違ってくるのか・・(^O^)

 「伊豆国横道33観音霊場」の最後の札所であり、また真言宗の寺なので、もう一曲最後に「阿字観」も吹きました。

 参拝が終わって出されていた茶を飲むと冷めていたが、たぶん極上の茶なのだろなあ・・今までσ(*_*)が飲んだ事が有る、普通の茶とは違うような気がする。

 礼を言って帰ろうとすると、先程のオババを始め、寺の奥さんまで出てきて畳に「三つ指」を付き丁寧なお礼を言われました。

 あっ・・いや・・そんなに丁寧に礼を言われるほど大した事をしたワケでもないんだが・・・テレますなぁ。

 そおこうしてるうちに庫裡の窓から、住職がシャツのまま顔を出して
「こんなカッコウで、すみませんが・・」と言って、これまたお礼を言われた。長楽寺・天女、「伊豆国横道33観音」紀行文

 今まで各地の霊場巡りをしていましたが、寺に住んでる人達が総出による、丁寧な礼を言われた事が有っただろうか。

 たぶん、こおいう事は、これが最初で最後だと思う。

 それでも越後屋は、いつもはケチ付けるのに
「この寺では、(尺八が)良く聞こえた。」と珍しく誉めてくれました。

追憶

 港へ行く「下田公園」付近の道は、昔と全然変わりません(一番上の写真)。下田港、「伊豆国横道33観音」紀行文

 美青年の青春時代に、この道を何度も行き来して船まで通った事か・・・一番懐かしい風景です。

 保安部の巡視船岸壁は、昔とすっかり変わってキレイになってます。

 船は出船状態で休んでおり、その船影は当時と同じで、あの頃を思い出すなぁ。下田・巡視船「するが」、「伊豆国横道33観音」紀行文

 20才の成人式の時、同期生達と連れだって下田市主催の成人式に出席すると、「下田新聞」に「制服の成人式」と題して、マジメに座ってる姿が写真に載った事が有りました。

 そして一緒に当直に入ってた先輩が、思いがけなく「髭剃り」を成人祝いとしてくれ、うれしかったなぁ。

 その先輩も50才位で体を悪くして亡くなったらしいが、当時から酒飲みだったので、たぶん酒の飲み過ぎだと思う。

 どんなに追憶して懐かしんでも、もう当時には戻れまへんなぁ。

和歌ノ浦遊歩道

 下田、「伊豆国横道33観音」紀行文  下田水族館付近、「伊豆国横道33観音」紀行文 下田・和歌ノ浦遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文 
 下田・和歌ノ浦遊歩道、「伊豆国横道33観音」紀行文  下田・鍋田海岸、「伊豆国横道33観音」紀行文  下田、「伊豆国横道33観音」紀行文
 「下田水族館」から「和歌ノ浦遊歩道」を通って「鍋田海岸」へ行きましたが、昔より砂浜が狭くなってるような気がする。

 一度だけ、鍋田海岸まで歩いて海水浴に来た事があります。
 「伊豆国横道33観音」紀行文、前へ 「伊豆国横道33観音」紀行文、目次へ  

 「伊豆国横道33観音」紀行文は、これにて完了いたします。
 引き続き、当ホームページの他霊場等紀行文を御笑読ください。
   遍照の響きホームヘ


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊



無 無 

無