遍照の響き
イザベラ・バードの道
旅行日  2015. 8.19
掲載日  2015.11.25
イザベラ・バードの道
(関東・東北)地図

 HOME > イザベラ・バードの道
         (関東・東北編) 「目  次」
    4 日 光

イザベラバードの道 日光
ライン
 

          日光

 杉並木

 私達は今朝早く、小雨降る中を出発した。
 そして8マイル続く杉の並木の下の坂道を、まっすぐ登って行った。
 草木は良く繁殖していた。

           高梨健吉「イザベラバード 日本奥地紀行」より


 日光杉並木、イザベラ・バードの道  砲弾打込杉、イザベラ・バードの道  イザベラバードの道 杉並木

 「道の駅」を出て国道を少し走り、「杉並木公園」横から杉並木道へ入りました。

 地面は舗装されておらず、車の通りも無いもんだから、最初は車両通行禁止?かと思ったが、そのような表示は有りません。

 それでも遠慮しながらチョロチョロ走り、怒られたら、すぐに逃げようと思ってましたが、この道は車両も入って良いよおで、昨日通った杉並木よりも昔的な雰囲気です。イザベラバードの道 竜蔵寺跡薬師堂

 「砲弾打込杉」が有り、杉の幹に戊辰戦争時の傷跡が付いており、きっとイザベラちゃんも、この杉を見て「やぁねぇ〜・・日本人は野蛮ねぇ」と思った事でしょう。

 しばらく杉並木を行くと、やがて道路が石畳になり、雨の日は滑るじゃろなぁ。

 そこにチッコイ堂が有り「竜蔵寺跡薬師堂」らしく、境内にキレイな百合が咲いてました。

 釣鐘が置いてあるなぁ・・と思ったら、石で出来ており、果たしてこの石の釣鐘は、どのような音がするんじゃろ?

 イザベラ・バードの道  石の釣鐘、日光杉並木、イザベラ・バードの道  日光杉並木、石畳、イザベラ・バードの道

 石畳が終わる所で再び国道と合流し、日光駅付近で「道の駅」でCD交換した「わらしべ長者」大学生が追い抜きながら挨拶して行きました。

 ワシの方が先に「道の駅」を出たのですが、杉並木をゆったり眺めながら走ってたので追い付いたのでしょう。

 同じく中禅寺湖へ行くと聞いてたが、同じ原付バイクなのに、あっちの方が馬力あるからなぁ。

      東武日光駅、イザベラ・バードの道       日光市内、イザベラ・バードの道

金谷ホテル

日光金谷ホテル入口、イザベラ・バードの道 私が鉢石で外国人を接待できるような美しい宿屋に滞在することは、もともと、計画の中にはなかった。

 そこで私は伊藤に日本語の手紙を持たせて、半マイル先の(金谷家)の主人に使いに出した。

 まもなく金谷さんという私の宿の主人が迎えてくれた。

                           高梨健吉「イザベラバード 日本奥地紀行」より


 「神橋」で「金谷ホテル」の看板を見つけ、あっ・・イザベラちゃんが泊まったホテルだと思って、あわててバイクを止め、ホテルの急坂を上りました。
日光金谷ホテル、イザベラ・バードの道
 その坂が半端モンじゃなく、「チョイノリ」で上るのがカワイソーに思うほどの勾配があったので、途中でバイクを置きました。

 さすが高級ホテル・・ホントは入ったらアカンのでしょうが、チビッと門から敷地の一部へ勝手に入らせてもらい写真を撮りました・・・すんまへん。

 で・・・これがイザベラちゃんの泊まったホテルで、時代も変わったので建物も当時の物とは違うのだと、堅く信じていたんです・・・この時までは。
イザベラバードの道 日光金谷ホテル
 が・・・これを書いてる時に調べ直すと、イザベラちゃんは泊まっておらず、当時まだこのホテルは出来てませんでした(15年後の1893年開業)。(T_T)ワアァ〜ン・・・

 そいじゃ、どこに泊まったのじゃと調べたら、もう少し中禅寺湖方面へ行った所に有る「金谷ホテル ベーカリー侍屋敷店」に泊まったらしく、建物も当時のまま残ってるらしい。

 あちゃあぁ〜・・・失敗したなぁ・・あの辺は数回ウロついてたのにぃ、気付かなかった。

 神橋

 急流がその激しい勢いを二つの石の壁で止められた所に橋がかけられている。日光「神橋」、イザベラ・バードの道

 にぶい赤色の漆が塗られて、両側の二つの橋脚に支えられ、二本の石の横梁らよって結ばれている。

 辺り一面が濃い緑色とやわらかい灰色に囲まれている中に、橋の明るい色はうれしい。

 人力車の道はここで終わる。
 もしこれから先に行きたいと思うならば、歩いてゆくか、馬に乗るか、あるいは籠で行かねばならない。

                      高梨健吉「イザベラバード 日本奥地紀行」よりイザベラバードの道 日光 神橋


 この「神橋」のT字路は、いつも信号で混んでますねぇ。

 橋付近から、ゆっくり写真を撮るヒマもなく、対岸で適当な所の道端にバイクを止めて写真を撮りました。

 こおいうのはバイクだから出来る事であり、車だったら「ゴルァ〜、こんな所に停めるんじゃねぇ。」とドヤシつけられるでしょう。

ライン

  前  目次  次       イザベラ・バード関連書籍
         イザベラ・バードの道

         ホーム      社中聞く用品   

そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記   御蔵入霊場記 会津霊場記  越後霊場記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 



無