HOME > イザベラ・バードの道
         (関東・東北編) 「目  次」
    6 いろは坂

  イザベラ・バードの道  イザベラ・バード いろは坂 中の茶屋  遍照の響き
                                 旅行日  2015. 8.19
                                 掲載日  2015.12. 2

          イザベラ・バードの道(関東・東北)地図

  

ライン

            いろは坂

 駒返

 今日、私は実験的に馬上旅行をしてみた。
 続けて乗って8時間で15マイルであった。
 私は初めて日本の駄馬を見た。

 もし馬がつまづいたらば、平坦の地面では荷鞍でがまんできる。
 しかし、坂を上る時には、背骨にひどくこたえる。清滝小学校付近、イザベラ・バードの道

 坂を下る時には、とても我慢できぬほどで、私が馬のアゴから滑り落ちて泥のの中に飛び込んだ時、実はほっとしたほどである。

 たとえ手綱があっても、馬は手綱を知らないから役に立たない。
 馬は6フィート前をとぼとぼ歩く馬子の綱に盲目的に付いて行くだけである。 
    高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より

 道路の最初の部分は、いくつかの階段が有り、滝、寺、散在する農家、貧しい村落の間の谷を通ってた。
  高畑美代子「イザベラ・バード 日本の未踏路」完全補遣より

 
注:「高橋美代子「日本の未踏路」完全補遣」には、高梨健吉「日本奥地紀行」で省略されている箇所が記載されており、以下その箇所には「「日本の未踏路」完全補遣より」と記載します。「清滝」付近、イザベラ・バードの道

 現在では日光から中禅寺湖へ行くのに、清滝町を通らずバイパス道路を行くようです。

 清滝町の中を通ってみると、思ったより大きい町ですが寂れています。

 ほとんど車が走ってなく、バスが追い掛けて来るだけで、他の車はバイパス道路を通るからでしょう。

 イザベラちゃんが通った時は、きっと町も賑わっていたでしょう。

 
私達が「馬返」の小村に着いたとき、伊藤と女の馬子はタバコを吸うために美しい庭のある道端の茶屋に立ち寄りました。
               高畑美代子「日本の未踏路」完全補遣よりイザベラ・バードの道

 ゆるやかな坂を「チョイノリ」で20kほど(これがアクセル全開しての精一杯の最高速度)で走ってると、そのうち「駒返」まで来ました。

 これからが問題の「いろは坂」で、正直言ってこの坂を「チョイノリ」で上りきれるか・・・と心配したのです。

 はい、イザベラちゃんが、駄馬で挑戦してみた時と同じ気持ちですねぇ。

 地図で見ても勾配が、もんのすごくある長距離の坂で、なんちゅうても、これから先は馬も上れないので、馬は引き返したという云われのある「駒返」ですからのぅ。

 坂勾配によって「チョイノリ」の最高速度は変化するので、平地では30kほど出ますが、上がり専用の「第二いろは坂」は、15kほどしか出ませせん。イザベラ・バード 駒返

 追い越して行く車は、「トロトロ走るんじゃねぇ」と思いながら走って行ったと思います。

 すんませんねぇ・・本人も、もっと速度を出したいのですが、なんせσ(*_*)と同じコンジョナシのもんだから・・

 きっとイザベラちゃんも、腹を立てながら駄馬に乗った事でしょう。

 これが秋の紅葉の渋滞時でなくて、良かったなぁ。
 

明智平

 何とかかんとか、「チョイノリ」は腹を立てて壊れもせずに「いろは坂」を上りきり、「明智平」まで来たので一休みしました。「明智平」、イザベラバードの道

 土産物店に「海老の湯葉巻き」なる物を売っており、冥土の土産に食べてみました。

 少し塩味が利いており、美味しかったけれが量が少ない・・観光地だからなぁ。

 ベンチに座って食べてると、トンボが一杯飛んでおり、子供達が一生懸命に捕まえております。

 カワイソーに・・・晩飯のオカズにするわけじゃあるまいしぃ、放してやれよ。

   明智平、海老の湯葉巻き      明智平、トンボ
 

第一いろは坂

 日光と中禅寺間の7マイルに740段の階段が有るといわれており、そのほとんどは終わり2マイルの所にあります。

 馬車道は山際の急な曲がりくねった道を登って行き、登りやすくするために、長い丸太の階段があるのですが、それが好きでない馬たちは、それぞれの脇に、互いの間に波形の引きずり跡のある1フィートより深い泥の穴の道路を造ってます。

 高畑美代子「イザベラ・バード 日本の未踏路」完全補遣より

 「明智平」より、無事に中禅寺湖の畔まで着きました。

 ちなみに日光〜中禅寺湖へ行く旧道は「第一いろは坂」だったらしいですが、その旧道は、今はわからなくなっており、当時の面影として残ってるのは「中の茶屋」跡しかありません。(写真は「第一いろは坂」からの撮影です)中禅寺湖

 イザベラちゃんの越えた「いろは坂」も、やはり九十九折りの道だったようです。

 話は違いますが他の山を上った時、山道を歩きやすくするために木の階段を設置してある所がありました。

 しかし、この階段を上がるのには、歩幅や高さとかが合わないと、かえって足が痛くなるので、σ(*_*)は階段の横を歩く方が多いです。

 イザベラちゃんの乗った駄馬も、きっとσ(*_*)と同じ思いをしているので、階段の横を泥が有っても歩いたのでしょう。

  華厳の滝、イザベラ・バードの道  第一いろは坂、イザベラ・バードの道  第一いろは坂「中の茶屋跡」、イザベラ・バードの道

 「第一いろは坂」を下りる途中に、赤い小屋が有り「中の茶屋」跡があります。

 その付近に旧道らしいモンは無いかと探したのですが見当たらず、旧道をブチ壊して、車道を作ったのかもしれまへん。第一いろは坂よりの展望、イザベラ・バードの道

 またさらに下ると、3・4台しか停めれないような小さな駐車場が有り、そこから「般若の滝」が望めます。

 最初は、山中に水が落ちているのが見え、おぉぉ・・あれが滝かと思ったら、近くの説明絵図を見ると「方等上流防砂堰」で「方等の滝は木陰で見えませんでした。
 どおりで人工的な滝だなぁ・・と思ったんだ。

 右方向に小さく「般若の滝」がみえましたが、イザベラちゃんも滝を見たのでしょうか。

 その近くの岩の上に天狗さんが「交通安全」と書いた物を持ってますが、岩の上だしぃ・・天狗さんも小さいしぃ・・カーブで危ないしぃ・・果たして何人、天狗さんに気付くじゃろうか?
方等の滝、イザベラ・バードの道 イザベラ・バード 般若の滝  第一いろは坂の天狗、イザベラ・バードの道

ライン

  前  目次   次       イザベラ・バード関連書籍
          イザベラ・バードの道

       ホーム     車中泊用品    


そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記   御蔵入霊場記 会津霊場記  越後霊場記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 



無