HOME > イザベラ・バードの道
         (関東・東北編) 「目  次」
  
> 12 中禅寺湖

  イザベラ・バードの道   中禅寺湖 イザベラ・バードの道  遍照の響き
                                 
旅行日  2015.11.11
                                 掲載日  2015.12.15

          イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
          中禅寺湖ハイキングコース(南岸)地図 (pdf)
ライン
 

         中禅寺湖北岸遊歩道

 「中禅寺湖ハイキングコース」の地図には、なぜか北岸遊歩道が掲載されていなく、歩いてみるとほとんどが車道沿いですが、車道はあまり見えません。

 「菖蒲が浜」より最初の遊歩道は、車道に沿う細い道ですが、車に脅かされる事なく歩け、やがて幅広の道になります。

 これが昔の旧道で、イザベラちゃんも通った道のような気がします。

 中禅寺湖北川遊歩道、イザベラ・バードの道 中禅寺湖畔、イザベラ・バードの道 中禅寺湖畔、イザベラ・バードの道
 中禅寺湖北側遊歩道 中禅寺湖、イザベラ・バードの道 中禅寺湖、東屋、イザベラ・バードの道

 だれも歩いていなく、あまりネットでも紹介されていない「中禅寺湖北岸遊歩道」なのでσ(*_*)達だけかと思ってましたが、そのうち散歩している人が追い抜いて行きました。

 そのうち若いアベックが仲良く手を繋ぎ、寄り添って向こうから歩いてきました。
中禅寺湖北側遊歩道
 ええですなあ、うらやましいのぅ。

 σ(*_*)もマネして越後屋に寄り添おうとすると
「何するんじゃ、あっち行け、シッシッ・・」と言われちまった。

 ふん・・どうせ、さっき歩いてた若いアベックも、そおなるんじゃ・・。(^O^)フッフッフッ・・・

 やがて公園のような所へ来て、看板を見ると「西六番園地」となっており、大正の頃、ここに外国人の社交倶楽部が有ったそうで、暖炉跡が残っていました。。

 中禅寺湖畔、イザベラ・バードの道 中禅寺湖北側ハイキング歩道、イザベラ・バードの道 西六番園地
 

 二荒山神社中宮祠        

 男体山は御神体として崇められており、湖から3500フィートの尖った頂上には小さな神社があり・・・・
       高畑美代子「イザベラ・バード 日本の未踏路」完全補遣より


 二荒山神社中宮祠、イザベラ・バードの道 二荒山神社中宮祠 中禅寺湖、二荒山神社中宮祠、イザベラ・バードの道

 少し先に行くと「二荒山神社中宮祠」があり、きっとイザベラちゃんも、この神社の前を通ったのでしょう。

 最初は神社に寄るつもりは無かったのですが、時間が有ったので寄ってみました。

 それなりに参拝客が来ており、中国か韓国の観光客らしいアベックも居ます。

 なんせ反日国歌の人達なので、ちゃんとお賽銭あげて拝むかなぁ・・と、心配して見ていると、お賽銭あげて拝んでました。二荒山神社中宮杜 幸運の杜

 境内の所から男体山への登山口が有るらしいのですが、季節が終わったので、もう登れないと書いてあります。
 

 幸運の杜

 境内にある林の入口に「幸運の杜」と書いた看板があり、なんか胡散臭い感じがして行きませんでしたが、アベックが・・あっ、これは日本人です・・入って行ったので、後ろから付いて行きました。

 中は神域らしく、木々に注連縄が張ってあり、付近を一回りできるようです。二荒山神社中宮祠鳥居、イザベラ・バードの道

 ふと見ると木札がぶら下がっており
「美しい人生を見たいなら 心の窓をきれいに磨くことだ」
「時に静かに自分自身を見つめ 心を明るくすること」
と書いてあります。

 この神社は「心」を大切にしているようです。

ライン

      前  目次  次
             イザベラ・バードの道

  車中泊用品    イザベラ・バード関連書籍  ホーム

そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記   御蔵入霊場記 会津霊場記  越後霊場記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 




無