HOME > イザベラ・バードの道
         (関東・東北編) 「目  次」
  
> 13 霧

  イザベラ・バードの道   中禅寺湖 イタリア大使館別荘   遍照の響き
                                   旅行日  2015.11.12
                                   掲載日  2015.12.18

          イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
          中禅寺湖ハイキングコース(南岸)地図 (pdf)
ライン
 

          中禅寺湖南岸遊歩道

 立木観音「輪王寺」

 7月には静かな村は巡礼者で賑わい、長い灰色の掘っ立て小屋に殺到します。
 日本の通常の巡礼には、厳粛さとか信心深さというものは何もありません。中禅寺湖 板東三十三観音 輪王寺 立木観音

 特別な状況下を除けば、ただ単に休日の「お出かけ」、華やかな社交的浮かれ騒ぎなのです。

   高畑美代子「イザベラ・バード 日本の未踏路」完全補遣より


 中禅寺湖南岸遊歩道を歩くため、「立木観音」前の駐車場で車中泊しました。

 側に大きな寺が有り「板東三十三観音第十八番札所 輪王寺」の看板が掛かっています。

 それまではイザベラちゃんが記載している「巡礼者」と言うのは、男体山に登る人とか、「二荒山神社中宮祠」へ行く参拝者の事かと思ってましたが、この輪王寺へ来る「板東三十三観音霊場」の巡礼者の事を指してるのが初めてわかりました。立木観音 輪王寺

 へえぇぇ・・・板東三十三観音巡りの人は、ここまで来るのかぁ・・タイヘンでんなぁ。

 それにしても、イザベラちゃんは、巡礼者の様子を鋭く観察してます。

 「厳粛さとか信心深さというものは何もありません。
 特別な状況下を除けば、ただ単に休日の「お出かけ」、華やかな社交的浮かれ騒ぎなのです。」

         高畑美代子「イザベラ・バード 日本の未踏路」完全補遣より霧の中禅寺湖


 これは、現在の遍路・巡礼者にも、よおぉ〜く当てはまり、信仰心で巡ってる人なんて、ほとんど居なく、名目はそおでしょうが、旅行気分で巡ってる人がほとんどだと思う。

 何て言ったって、霊場記を書いてるワシがそうだもん。(^O^)ケケケ・・・

 輪王寺の門前はかっては賑わっていたのでしょうが、今はシーズン・オフのためも有るかもしれませんが、閑散として閑古鳥が鳴いてます。
 

イタリア大使館別荘

 朝起きると中禅寺湖の湖面には霧が立ちこめていました。

 日が昇れば霧が晴れるかと思ってましたが、「湯元」方面は晴れて来ましたが、「華厳の滝」方面は霧が深く出ています。

 これはこれで、なかなか絵になる風景です。

 中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖南岸遊歩道 イタリア大使館別荘、中禅寺湖南岸遊歩道

 たぶんイザベラちゃんは歩かなかったでしょうが、「中禅寺湖南岸遊歩道」を歩く事にしました。

 車道沿いに「イタリア大使館別荘記念公園」に向かって歩くと、工事中で入れません。
イタリア大使館別荘本邸
 グルッ〜と回って落ち葉が積もった広場に建物が有ったので、見にいくとそれが「イタリア大使館別荘の本邸」で、先程の工事中に見えた建物はトイレか何かだったよおです。

 「イタリア大使館別荘本邸」は戸が全て閉まっており、内の様子がわからず、あんまりオモロないなぁ・・。

 建物側の説明板に外人女性が写ってる写真があり、外人女性が立っていたと思われる場所と比較すると、当時とあまり変わっていません。

 イタリア大使館別荘  イタリア大使館別荘、外国人女性  イタリア大使館別荘

 静かな湖面を見ながら湖に沿って歩くと、朽ち果てた桟橋が壊れたまま残ってます。

 こおいうのも、哀愁を帯びたもの悲しさが有り、ええですねぇ。

 中禅寺湖南岸遊歩道、湖の畔 中禅寺湖 中禅寺湖南岸遊歩道
 中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖南岸遊歩道より 中禅寺湖南岸遊歩道より

ライン

       前   目次   次
               イザベラ・バードの道

  車中泊用品   イザベラ・バード関連書籍   ホーム


そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記   御蔵入霊場記 会津霊場記  越後霊場記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 




無