HOME  イザベラ・バードの道
         (関東・東北編) 「目  次」
  
> 14 晩秋

  イザベラ・バードの道    中禅寺湖の晩秋    遍照の響き
                                   
旅行日  2015.11.12
                                   掲載日  2015.12.20

          イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
          中禅寺湖ハイキングコース(南岸)地図 (pdf)
ライン
 

        中禅寺湖南岸遊歩道

「狸窪」より「八丁出島」

中禅寺湖、狸窪 最後の別荘?付近までは道幅が広かったのですが、それを過ぎると道が細くなります。

 「半月峠」の分岐点の標識が有り、この辺を「狸窪(むじなくぼ)」と言うらしい。

 この付近は、まだ道がしっかりしていて分かり易かった。

 細く突き出た「八丁出島」を越えると、砂浜が見えます。中禅寺湖、八丁島越え

 中禅寺湖へ来てまず思ったのは、湖の岸に砂浜が有るとは思わず、なんせ山奥なので、もっとゴツゴツした岩の有る風景だと思ってました。

 その先にもいくつかの砂浜があり、男体山が望めましたが、昨日と違い雲がかかってます。

 昨日のように晴天だったらなぁ・・・

 中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖より男体山を望む 中禅寺湖湖畔

 阿世潟中禅寺湖、阿世潟

 やがて「阿世潟」の分岐点に来て、ここは間違わないように親切にも二つの標識が有りました。

 地図には
「林が広がり道がわかりにくいが、赤い杭を目印に進む」と書いてあります。

 ホンマに林一面に枯葉が溜まっており、良く似た色の「赤い杭」は探しずらかったが、それでも何とか道らしい雰囲気の所に設置されてます。中禅寺湖南岸遊歩道の枯葉

 しかしこの「赤い杭」を見つけれなかったら、迷子になるじゃろなぁ。

 もっとも遊歩道は湖岸に沿って行るので、それほど間違わないと思うが・・・
中禅寺湖畔
 人の気配が全く無い林の中を、深く積もった枯葉を踏みしめながら歩くと「サクッ・サクッ・サクッ・・・」という歩く足音だけが聞こえます。

 だれか枯葉を掃除してくれ・・と言っても、これだけの量は無理だろなぁ。

 中禅寺湖の晩秋 晩秋の中禅寺湖 中禅寺湖の晩秋
中禅寺湖南岸遊歩道、赤い杭
 今は晩秋で、木の葉がほとんど落ちてますが、春や夏の時は、どんな状態なのだろうか?

 やっぱり落ち葉が溜まったままの状態なのでしょうか。

 でも、新緑や紅葉の時に来ると、キレイでしょうねぇ。

 先程から遠くに見えていた岬付近の小さい島影が、だいぶ近づくと、地図の注意書きに
「崖沿いの道注意」と書いてあります。

 確かに細い道で枯葉が積もっており、崖の箇所は滑りやすかった。

 上野島

  小島が近くに見える頃、初めて針葉樹の緑色が目に入り、今まで赤茶けた景色だけだったのに、この緑色は、もんのすごく新鮮な色に見えました。晩秋の中禅寺湖南岸遊歩道を歩く

 小島は「上野島(こおずけじま)」と言うらしく、壊れかけたベンチが有り一休み。

 看板の説明を読むと、水位が低い時には渡れるらしく、単なる島かと思ってましたが、何とか上人の骨が埋まってる墓所で霊場らしい。

 見ていると小島に小舟が近づき測量でもやってるのか、何かしており、話し声も聞こえましたが、そのうちに、どこかへ行ってしまいました。

中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖、上野島 中禅寺湖の岬

ライン

    前   目次   次
             イザベラ・バードの道

 車中泊用品    イザベラ・バード関連書籍   ホーム


そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記   御蔵入霊場記 会津霊場記  越後霊場記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 



無