HOME  イザベラ・バードの道
         (関東・東北編) 「目  次」
  
> 16 千手ケ浜

  イザベラ・バードの道   中禅寺湖 千手ケ浜    遍照の響き
                                   旅行日  2015.11.12
                                    掲載日  2015.12.23

          イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
          中禅寺湖ハイキングコース(南岸)地図 (pdf)
ライン
  

       中禅寺湖南岸遊歩道

白岩

 「白岩展望台」の標識が有り、その指してる所を見ると、小さい岬の先に岩がゴロンとしており、その先は霧で見えません。
中禅寺湖 白岩展望台
 アカンだろなぁ・・と思いながらも、せっかくなので寄ってみましたが、やっぱり何も見えん。

 地図には
「湖越しに男体山を望める」と書いてあったので、霧が出てなかったら展望が良かったのでしょう。

 展望台から離れた時に、同年代の夫婦連れが来たので挨拶して、どの方面から来たのか?と尋ねると
「「千手ケ浜」方向から来て、立木観音の方へ行く。」と言います。

 
「途中で枯葉が深い場所が有るので、赤い杭を探しながら行ってください。」と言って別れました。

 中禅寺湖、白岩展望台付近 中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖、梵字岩

 しかし、あの夫婦連れは、これから霧の中へ入って行く事になり、迷子にならなければ、いいんだが・・

 まだσ(*_*)達は霧に追い掛けられてる感じなので湖畔も眺められたが、あの夫婦連れはこれから霧の林を歩き、湖畔も見えず面白くないだろなぁ。
 

梵字岩

 大きい岩が重なってる所を通り、やがて「梵字岩」へ来ましたが、山を見てもどれがその岩かわからん。中禅寺湖 梵字岩かな?

 梵字でも彫ってあるんじゃろか?

 これを書いてる時にネットで調べてみると、どうも標識の立っている山の中の岩ではなく、湖畔に豆腐のような形をした「四角い岩」がそれらしい。

 そお言えばこの標識へ来る途中、湖畔でそのような写真を撮ったなぁ・・と思いアップしますが、これが梵字岩なのか、だれか知ってたら教えてね。

 中禅寺湖南岸遊歩道  中禅寺湖南岸遊歩道  中禅寺湖南岸遊歩道
 中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖南岸遊歩道 中禅寺湖南岸遊歩道
中禅寺湖南岸遊歩道
 それからはさらに道が細くなり、崖の腹に道が付いてるような所を落ちないように歩き、どうしても危ない箇所にはロープも張ってあります。

千手ケ浜

 もうすぐ「千手ケ浜」と思う付近から、霧が深まって来ました。

 まだこの先も、オトロシイ道が続くのかなぁ・・と思いましたが、まもなく「千手ケ浜」に到着し、湖面は真っ白の霧で埋まってます。

 先程の夫婦連れも、きっと何も見えない霧の中を歩いてるのだろなぁ・・・カワイソーに・・・

 千手ケ浜付近 千手ケ浜 中禅寺湖 霧の千手ケ浜

 「千手ケ浜」の湖畔には、たくさんの流木が流れついており、悪い表現をするならば「白骨」が散らばっているような感じです。
千手ケ浜
 バス時間を気にしながら、やっと発車15分ほど前にバス停に着きました。

 こんな時間なのに、バスから下りる人も居て、「西ノ湖」へ行くよおです。

 もおチット時間が有ったら、「千手ケ浜」をゆっくり歩いたのにぃ。
千手ケ浜
 男体山は見えませんでしたが、霧の「千手ケ浜」もまた哀愁を感じる良い風景でした。

 「遊歩道を歩くのには6時間かかる」と書いてあったが、ホンマに、それ位の時間がかかりました。

 小さい子供連れだと、もっと時間がかかると思います。

 千手ケ浜、吊り橋 中禅寺湖 霧の千手ケ浜 中禅寺湖 千手ケ浜バス停

ライン

        前ページへ  目次へ  次ページへ
                イザベラ・バードの道

     イザベラ・バード関連書籍  遍照の響き

そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記   御蔵入霊場記 会津霊場記  越後霊場記 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 



無