HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 24 五十里

 イザベラ・バードの道     五十里    遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.20
                                  掲載日  2016. 1. 9

             イザベラ・バードの道(関東・東北)地図

ライン
  

             五十里

 五十里ダム

 私達はそこを出発した。五十里ダム 五十里まで歩いて5マイルである。

 どしゃ降りの雨にうたれながら、新しくできた路を進んだ。

         高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 σ(*_*)が来た時も雨が降っていました・・どしゃ降りではなかったが・・

 五十里ダムからは、イザベラちゃんが歩いた川沿いの道が見え、「新しくできた路」というのは、たぶんダムから見て川の左の道だと思います。

 五十里ダムに資料館が有ったので、入ってみました。五十里ダムより

 どうせ大した事は無いと思ってたのですが、旧「五十里」集落の資料が多く展示されており、不確かだった村がどこにあったのか特定でき、また村の様子が良くわかります。

 旧道はダム水底に沈んでると思ってたのですが、ダムの両側に有る道のどちら側を行こうかと思ってました。

 しかし、資料の地図を見ると、どおやらダム湖の右側が旧道だったらしく、来て良かったなぁ。

 海尻橋 五十里湖 高木六衛門の墓

高木六衛門の墓

五十里湖
 「海尻橋」を渡り、「高木六衛門の墓」がある所へ行ってみると公園化されており、ホントの墓は近くの山の高台に有るらしい。

 で・・「高木六衛門」という人物は、どんな人か知らなかったのですが、看板説明によると・・

 江戸時代の日光大地震で川が塞き止められて、ここに大きな湖ができたらしく、会津藩主から藩士の高木さんに「お前、行って治してこい。」と言われたそうな。

 高木さんは湖水の切り落としを計ったのですが失敗しちゃい、その責任を取って切腹した人物だそうです。

 馬頭観音群  長念寺  長念寺

旧「五十里」集落

 あたりは人家もなく、人の姿も見えなかった。現在の五十里集落
 広い谷間に下ってゆくと、静かな渓流は物さわがしく流れる鬼怒川と合流する。

         高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 ダム湖水の右側道をトロトロと走ってると、道端に石碑が有り「馬頭観音」の石碑群でした。

 石碑が有るという事は、やっぱりここは旧道だったのでしょう。

 さらに行くと、山側に長い階段が有って看板も立っており「長念寺」でした。旧五十里の地図

 「寺」と名付くからには、それなりに大きい堂かと思って行ってみましたが、石仏を納めただけのチッコイ堂でした。

 さらに1マイル進めば、この山あいの美しい部落に出る。
 個数は25軒で、男鹿川という谷川のそばにある。

 五十里の部落は山の傾斜地に集まっており、その街路は短く原始的に見えるが、雨が晴れて明るく輝くときには、その温かい茶色と灰色の風景は、実に魅力的である。

 私の泊まった場所はこの宿駅の本陣で、丘の上にある。
 板葺き屋根に代わって茅葺き屋根になっているので、村の姿もだいぶ良くなった。

 急な屋根、深い軒端と縁側がある。
 ごたごた混雑している農家風景も、奇妙で面白い。

     高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


      旧五十里集落の絵図
五十里集落跡 五十里集落跡 大塩沢橋

 五十里ダム資料館で見た絵図によると、現在の国道付近から対岸へ数本の橋が架かっており、橋を渡った所に旧「五十里」集落が有ったようで、この絵図は当時の様子が良くわかります。

 なお関連地図や古い写真等は、五十里ダム資料館に展示してあったものを、安物のデジカメで撮ったものです。

 ここにアップしましたが、著作権に引っ掛からなければ良いのだが・・・できれば、カワイソーだからと思って、お慈悲を頂き黙認してください。m(_ _)m オネガイシマスダ・・

   旧五十里集落      旧五十里集落


         前へ   目次へ   イザベラ・バードの道、次へ
                 イザベラ・バードの道  

  車中泊用品   イザベラ・バード関連書籍   homeへ
そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記  御蔵入霊場  会津霊場  越後霊場 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

ライン


無