HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 26 山王峠

 イザベラ・バードの道    山王峠・頂上付近     遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.20
                                  掲載日  2016. 1.13

             イザベラ・バードの道(関東・東北)地図

ライン
  

          山王峠

下野街道

 イザベラちゃんが通った山王峠越えをしようと、ネッ検索して下調べしたが、よぉ~わからん。横側パーキング

 山王峠の旧国道は明治時代に出来たようですが、イザベラちゃんは旧国道が出来る5・6年前に通っているので、昔から使われていた下野街道(会津西街道)を通ったと思われます。

 ちなみに、この旧国道は土砂崩れで通行不能らしく、歩いて通るのも困難らしい。

 ネットには下野街道の山王峠を歩いた記録はいくつか有りますが、詳しい地図や状況がわかる写真があまり載ってません。

 記事内から推測すると、頂上から下りる途中に、旧国道と交差する場所が有るらしい・・のだけがわかりました。

山王峠越え

 国道脇に有る「横川パーキング」に「チョイノリ」を止め、「百姓屋」という土産物を売ってるオバハンに「山王峠の上り口はどこか?」と尋ねたが知らないよおです。横側パーキング沿いの旧国道

 そおでっしゃろなぁ・・山王峠は観光化されてるわけでもなく、そんなに有名でもない峠だもん、歩く人も少なく知らないでしょうなぁ。

 それでも「横側パーキング沿いに旧国道が有るので、そこを歩いてる人が居た。」と教えてくれたので歩いてみました。

 少し歩くと、草藪の中に「入山禁止」の看板が有り、草の向こうに山道らしいのが見えたので、ここが山王峠の入口だろおと草を掻き分けて入ったら正解だった。山王峠・上り口

 「入山禁止」となっているからには、秋にはキノコが出るのかもしれんし、実際出そうな雰囲気でした。

 道筋はしっかりしており、最初の沢を越える付近に「下野街道」の立て札が有り、よっしゃあぁぁ・・この調子ならば楽勝だな。

 山王峠、恐れる事は無し・・!(^^)! ワハハハ・・・

   山王峠・山道    山王峠・山道    山王峠・山道

 が・・しばらく行くと、道が草で覆われており・・ゲッ!!・・・しかし踏み跡が有るので、迷いはしなかったが・・・

 さらに進むと、草藪の中に「下野街道」の立札が折れてるのを見つけ、木株の上に置いておきました。

 今までの広い山道の草藪より、細い山道に入る曲がりの箇所だったので、この立札を見つけられなかったら、この付近で迷っちまい、山王峠越えをここで断念したと思うほど重要な箇所でした。

 ありがとさんです・・・立札を設置してくれた人。

 山王峠・山道、草が茂ってる 山王峠・山道 山王峠・山道・九十九折り入口

 山王峠頂上

 長い山路をのぼると、高さ2500フィート(762m)の峠の頂上に出た。山王峠・九十九折りの道

 そこは30フィート(9m)も幅のない突き出た山の端で、山々や渓谷のすばらしい眺めがあった。

         高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 山道は今までと違って九十九折りとなり、道も細いので林か道なのかを区別しながら歩きましたが、イザベラちゃんの時は、人通りも多かったので、もう少し道が分かり易かったでしょう。

 山王峠の頂上付近に来たなぁ(一番上の写真)・・と思った時、木にピンクのテープが巻き付けて有り、左手に立札と石仏が見え、あぁ・・これが、ネットでよぉ~見た事がある石仏かぁ。山王峠頂上・石仏
 この山頂は周囲の状況を確認せずに、前しか見てなかったら見過ごすような少し高台に有り、ピンクテープと立札が無かったら見過ごしたかもしれん。

 山王峠山頂からの眺めは木々にジャマされて、イザベラちゃんが書いてる「素晴らしい眺め」とは言えず、ほとんど見晴らしが利きません。

 馬頭観音まで見に行ってわかったのですが、ピンクテープ付近は尾根のためか四辻のようにも見えます。

 どっちだろう?・・と思ったが、こおいう旧道の場合は、たいてい真っ直ぐに道が有る場合が多いので、そこを行きました。山王峠

 尾根道

 尾根道を行くと、やがて立札が倒れており「山王権現社跡」と書いてあります。

 側には鳥居の台座が有り、これもネット写真に、よぉ~載ってました。

 そこから右側に、やや広い道がありますが、「下野街道」の立札は道よりも少し先に設置されており、行ってみると急坂で草も少し生えてます。

 えっ・・こんな坂を下るの?・・手前にある右道の方が街道らしいが、立札を信じて坂を下り、途中に「難所 猿馬危険」の立札も転がっています。

 そおじゃろなぁ・・反対側から上って来る人は、この急坂はキツく、そりゃあぁ・・猿はともかくとして馬は転がり落ちるかもしれん。

 山王峠・山道   山王権現社跡   山王峠・山道、危険猿馬場危険

 しばらく尾根道を行くと旧国道が見え、ガードレールの向こう側を見ると山道が続いており、振り返って今来た道を見ると、入口の木に赤テープが巻いてあり目印になってます。

 こおやってみると、けっこうな坂道ですねぇ・・σ(*_*)は下りて来る立場だったから、それほど苦労はしなかったが・・・

 よっしゃあぁ~・・と、ガードレールを、短い足でまたいで越え、再び尾根道を歩きました。

 山王峠・山道   山王峠・旧国道より   山王峠・旧国道ガードレールを越える
 山王峠・山道 山王峠・山道 山王峠・山道

 沢を渡ると広い道に出て、道に沿って川が流れています。

 イザベラちゃんが、ここまで来る途中の川は太平洋側へ流れていたが、ここからは日本海側に流れる川だと見破った「分水界」の川ですが、文面を見ると、もう少し下流の方で確信したようです。山王峠・川沿いの道

 やがて旧国道に出て、出口には「荒海宿」と書いた長い杭が立ってます。

 旧国道をテクテク歩き、現在の国道121号線に無事到着。!(^^)!

 この山王峠越えをした感想としては、そんなに難しい山越えでは無いが、上記に書いた九十九折りの上がり箇所と、山頂付近の四辻?と思う箇所さえ迷わなければ、道はしっかりしており大丈夫と思う。

 もっとも九十九折りの箇所でも、道が細いので間違って林の中へ入るかも・・という所が有りましたが、たぶん何とかなると思う。

 しかしエラソーに言うならば、これはσ(*_*)が何度も道無き道を歩いて、峠越えした経験が有るから出来たと思い、そおいう経験の少ない人は、山王峠越えの経験者と同行した方が良いように思います。

山王峠・旧国道への出口  山王峠・旧国道  山王峠・現国道への出口


           前へ  目次へ  次へ
                  イザベラ・バードの道

   車中泊用品    イザベラ・バード関連書籍   homeへ
そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記  御蔵入霊場  会津霊場  越後霊場 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

ライン


無