HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 27 田 島

      イザベラ・バードの道 田島  遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.20
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図     掲載日  2016. 1.15

ライン
  

             田島で野宿

 横川パーキング

 国道121号線を「横川パーキング」に向かって歩いて戻りましたが、本音を言うと途中でだれか車に乗せてくれんかなぁ・・と思い、2度ほど手を上げました。国道121号線・山王峠

 でも、車は止まらず無視され、やっぱり小汚ねぇジジイじゃ、だれも止まって乗せてくれんわなぁ・・・やっぱし、キレイなネーチャンでないと・・・


 「横川パーキング」まで戻り、そこの土産物店のオバハンに、山王峠を歩いて戻って来たと言うと、「味噌汁を飲むか」と言うのでもらいました。

 こおいうもんは、たいてい味噌汁の具は少ないモンだが、「ヒラタケ」の大きいのが入っており、聞いてみると「味噌の販売のために味噌汁を飲ませており、机の上にある漬物も試食して良い」と言い、フトッパラでんなぁ。

 土産物を見ていると「可愛いお姉さん18才 と言い張る純子56周年」と書いてあり、思わず笑った。横川ハーキング・百姓屋土産店

 「託爺所 金額は要相談」
 「ご不要な旦那様預かります!! 人呼んで託爺所です。金額は札束で要相談」

というのもあり、「だれか相談した人が居るのか?」と聞いてみると、ジョークだと思うが有ったらしい。

 しかし、こおいう遊び心は大好きだなぁ。
 この国道を通ったら、ぜひ「託爺所」へ寄ってみてください。(^O^)
 横川パーキング 横川パーキング
  横川パーキング 横川パーキング     横川パーキング

 糸沢

 入り組んだ谷川の流れは、一つとなって烈しい奔流となっていた。道の駅「たじま」

 その流れに沿って数時間ほど進むと、川は広くなって静かな流れとなり、かなり大きい水田の中をのろのろと流れていた。

 地図を見ると、この地方は空白になっているが、私の考えでは、さきに越えた峠は分水界であって、それから先の川は、太平洋に向かうのではなく、日本海に注ぐのであると思われた。
 この推量は当たっていた。

      高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より「戸石原」付近


 「横川パーキング」を出発して、道の駅「たじま」へ行きました。

 ホントは空模様が怪しいので、食堂か食料が有ればここで野宿するつもりでしたが、土産物のような物しかなく、あきらめて田島まで行く事にしたのです。

 これを書いてる時にわかったのですが、「山王茶屋」というのが、この「道の駅」より山王峠側へ400mほどの所に有ったようで、今は更地になって何も無いらしいですが、イザベラちゃんも休んだ可能性が有ります。国道121号線・イザベラ・バード

 道の駅を出ると、まもなく雨が降って来たがガマンして、そのまま走ったが「羽塩平」付近で雨具を着ました。

 「糸沢」は御蔵入三十三観音巡礼で「龍福寺」へ来た事が有り、懐かしいけれど、雨が降ってるので写真だけ撮って、懐かしがってるヒマが無い。

 でもって、ここへ来た時は「居平」という場所かと思っており、「糸沢」はもっと向こうだと思ってましたが、これを書いてる時に調べると偶然にも、ここが「糸沢」で、昔の宿場街の情緒を残している地域です。

 糸沢 「深沢」付近 「川島」付近 イザベラ・バード

 川島

 糸沢では、借り出した馬がひどく、つまずくので、最後の宿場間を歩いて川島に着いた。

 ここは57戸のみじめな村であった。「桑木原」付近・イザベラ・バード 宿屋はまったくひどかった。

 宿の亭主は、私の部屋の床にひざまづいて、家が汚いことをしきりに弁解していたが、あまりくどく言うので伊藤(同行していた通訳)が追い返した。

 宿の亭主の小さな男の子は、とてもひどい咳で苦しんでいた。

 そこで私がクロロダインを数粒この子に飲ませたら、すべて苦しみが和らいだ。

 治療の話が翌朝早くから近所に広まり、5時ごろまでには、ほとんど村中の人達が、私の部屋の外に集まってきた。「油燈」付近・イザベラ・バード

 川島で私は、50才ぐらいに見える宿の奥さんに、彼女が幾才になるか質問した。
 彼女は22才です、と答えた。

 ぜんぶの子供たちが、かなりの所まで私の後について来た。
 かなりの数の大人達も、同じ方角に行くのだからと言い訳しながら後について来た。

 私達は田島で馬をかえた。
 ここは、昔、大名が住んでいた所で、日本の町としてはたいそう美しい。

      高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より
「鎌倉崎」付近・イザベラ・バード
 イザベラちゃんが出発した時に、「川島」のガキ共や、ヤジウマの大人達がゾロゾロ付いてきた道を「田島」へ向かって国道を走りました。

 野宿

 途中に日光街道が有ったのを、わかっていましたが、そのまま雨に濡れながら、「田島」の御蔵入観音霊場巡り時に野宿した場所へ急ぎました。

 こおいうモンは、一度野宿した場所へ再び行くもんですなぁ。
 ツバメが毎年、家へ戻って来るように・・(^O^)

 「田島」の野宿候補地に着いてみると施設に灯りが点いており、支配人らしい人に野宿の許可をもらいました・・と言っても、「良いと言えないのはわかりますが、黙認してください。」とお願いしたのです。

 支配人も雨でズブ濡れになっているのを見て、カワイソーだと思ったのでしょう。「田島」・イザベラ・バード

 荷物をテーブルに置き、田島駅近くのスーパーで買い出しをし・・これも前回利用しているので、勝手知った町です。

 戻ってから服を着替え、机や椅子に濡れた服や雨具などを広げて乾かし、翌朝6時頃に起きて撤収。


 そのまま次に向かって行けば良いのに、σ(*_*)はマジメな性格なので、昨日は雨のため写真が撮れなかった「川島」まで戻り、そこからの写真を撮りながら田島へ再び戻りました。

 どや、マジメな性格が滲み出ており、エライじゃろ。(^O^)ワハハハハ・・・

    「田島」野宿現場         「田島」野宿現場


          前へ  目次へ   イザベラ・バードの道、次へ
                   イザベラ・バードの道

  車中泊用品     イザベラ・バード関連書籍  homeへ 
そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記  御蔵入霊場  会津霊場  越後霊場 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

ライン


無